ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

『e-Mobility World 2022』レポート(前編)―「エコが普通」の湘南での電動車試乗会。話題のeKクロス EVも顔見せ展示!

2022年6月23日更新

e-Mobility World 2022_1-1

湘南地域に住む人々のエコ意識は結構高い。

昔からサーフィンなどのビーチ文化が盛んで、海をはじめとする自然を日常的に大切にしている。

藤沢市のパナソニック工場跡地には広大なスマートタウン『Fujisawa SST』があり、そこでは、すべての住民が太陽光発電で暮らすサステナブルな生活を実践している。

e-Mobility World 2022_1-2

そうした下地があるからだろうか、5月28~29日、藤沢市にある湘南T-SITEの屋外スペースで開催されたイベント『e-Mobility World 2022~湘南発e-Mobilityのある暮らし』(『湘南博』のイベントのひとつ)には、ことさら特別感は漂っていなかった。

イベントの目玉の一つである電動車の試乗会も、ごく普通の試乗会のムード。カップルや家族連れなどが「電動車って、もう当たり前の乗り物だよね」といった感じで会場を訪れていた。

e-Mobility World 2022_1-3

e-Mobility World 2022_1-4

会場にズラリと並んだ
電動の四輪と二輪

イベント会場には、展示車・試乗車としてEV、PHEVのほか、電動バイク、電動アシスト自転車なども数多く並べられていた。

なぜ、こういうラインナップなのか。主催者であるe-Mobility協会の担当者は以下のように語っている。

「クルマの電動化というと四輪のEVばかりにスポットが当たりがち。でも、本当のe-Mobilityがある暮らしはそういうものじゃない。そこには電気で動くバイクや自転車も必ず加わってくる。今回は来場の皆さんにリアルな電動化ライフを体感いただきたいと思い、展示車・試乗車に電動の四輪と二輪のすべてを揃えました」

e-Mobility World 2022_1-5

e-Mobility World 2022_1-6

e-Mobility World 2022_1-7

e-Mobility World 2022_1-8

e-Mobility World 2022_1-9

夏のような日差しの下、多くの来場者がそれぞれ関心ある電動車を眺めて、触れて、積極的に試乗を申し込んでいた。

ほんの数年前まで見られなかった光景。湘南ならではの気質が味方したとはいえ、一般の人たちに電動車が普通のものとして受け入れられつつあることがはっきりと見て取れた。

e-Mobility World 2022_1-10

e-Mobility World 2022_1-11

会場内の片隅には、1週間前に発表されたばかりの三菱自動車の新しい軽EVであるeKクロス EVも展示されていた。

発売前であるためナンバーが取れておらず、試乗はできないが、その外観、内装にじっと見入る人たちが引きも切らずいた。

やはり、100万円代で購入できるEVということで注目度は相当高いようだ。

e-Mobility World 2022_1-12

トークショーで語られた
eKクロス EVへの期待

午後1時からは、会場の建物内で、カーライフジャーナリストのまるも亜希子氏とピーター・ライオン氏(e-Mobility協会副理事長)、河西啓介氏(モータージャーナリスト)の3名がゲストとともに電動車について語り合うトークショーが開催された。

その中のひとつに三菱自動車広報部の丸山剛氏を招いたプログラムがあり、そこでは、やはりeKクロス EVへの期待が多く語られることになった。

e-Mobility World 2022_1-13

「まだ本格的な試乗はできていないけど、駐車場内で少しだけ運転してみた」というまるも亜希子氏は、以下のような言葉でeKクロス EVを評価していた。

「軽自動車だってこと、一瞬で忘れちゃった。加速に余裕があるし、安定感がすごい」

「それから、ガソリン車のeKクロスと室内の広さがほとんど変わらないのにも驚いた。普通、EVはバッテリーをたくさん積むのでスペースが狭くなるものだけど、そういうのがまったくない。とても使い勝手がいいEVだと思った」

e-Mobility World 2022_1-14

ピーター・ライオン氏も、eKクロス EVの本格試乗は未体験だったが、軽のターボエンジン車の約2倍はあるというこの軽EVのトルクにかなりの関心を寄せていた。

「ガソリン車のドッカンターボよりもいい加速をし、走りがスムーズ。これは、eKクロス EVを選ぶ際の大きなポイントになると思う」

e-Mobility World 2022_1-15

なお、ピーター氏は、トークショー全般を通してEVの個性について言及しており、なかなか興味深い内容だった。以下は、その概略である。

「(EVには個性がないといわれるが、そんなことはない)例えば、ヨーロッパや韓国のEVと日本のEVの走りは明らかに違う。ヨーロッパや韓国のEVはアクセルを踏んだ途端にすごい勢いで走り出す。そして、ワンペダルを緩めると完全に停止するようにもなっている。一方、日本のEVは行政側のレギュレーションもあってか、そういうつくりにはなっていない。多くが、わりと穏やかに仕上がっている。とはいえ、そんな中でもメーカーや車種によって個性は異なるわけで……。購入を検討する人は、いろんな国のいろんなEVに試乗してみて、それぞれの違いを実感しながら自分に合った1台を見つけるのがいいと思う」

今、さまざまなEVが市場を賑わすようになったことで、「EVに乗るか否か」ではなく、「どんな個性のEVを選ぶべきか」が話題になってきている。これは、湘南はもちろん、一般的にも見られる傾向だ。やはり、時代は急激に変わりつつあるのである。

『e-Mobility World 2022』レポート

(前編)「エコが普通」の湘南での電動車試乗会。話題のeKクロス EVも顔見せ展示!

(後編)「普通の軽EV」を標榜するeKクロス EV。走りと価格は超スペシャル!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 第27回 日本EVフェスティバル レポート③ ―「百万台EVプロジェクト」で、楽しく地球温暖化対策に乗り出そう!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第27回 日本EVフェスティバル レポー…

    日本EVクラブの舘内端代表は、今回の日本EVフェスティバルのパンフレットに「地球温暖化は私です」という一文を寄せていた。そこには、こんな記述がある。「世界の…

    2021.12.09更新

  • 【EVレースNewS】ポルシェタイカン ターボSが国内初レース!予選はレコードタイムでPP獲得、決勝は5位でフィニッシュ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【EVレースNewS】ポルシェタイカン …

    『2021全日本EVグランプリシリーズ』(JEVRA主催)の第1戦が、4月10日(土)、快晴の富士スピードウェイで開催された。今大会の話題の中心は、なんといっ…

    2021.04.28更新

  • 【ルポ】東京理科大で開発が進む、超コンビニエンスな燃料電池車〈前編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】東京理科大で開発が進む、超コンビ…

    コンビニエンスストアで水素の素が買えるようになる!?次世代エコカーの代表といえば電気自動車と燃料電池車だが、普及の可能性においては、いまのところ電気自動車の…

    2016.09.16更新

  • 軽EV『FOMM ONE』の可能性(第13回オートモーティブワールドより)- ①すでにタイでは400台を販売、日本でも  法人向け販売開始!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    軽EV『FOMM ONE』の可能性(第1…

    新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出ているさなかの1月20~22日、東京ビッグサイトで『第13回オートモーティブワールド』が開催された。厳重な感染…

    2021.02.12更新

  • 『ブリヂストンイノベーションギャラリー』見学記 – ②大人だけでなく小中学生も楽しくタイヤのことが学べる展示の数々!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『ブリヂストンイノベーションギャラリー』…

    先に紹介した〈エントランスホール〉に続いて、『ブリヂストンイノベーションギャラリー』残り4つの常設展示エリアについて紹介していこう。〈WHOWEARE挑…

    2021.04.13更新

  • 『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年記念ストーリー(後編)- 世界で実用性と市場受容性を証明しEV時代の礎を築いた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年…

    世界初の量産型EVとして登場した『i-MiEV(アイ・ミーブ)』は国内外で高い評価を獲得し、後に始まるEV化時代のベースを築くに至った。後編では、その高い評価の…

    2019.09.10更新

< 前のページへ戻る