ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

東京オートサロン2022[三菱自動車]レポート①―4月以降に出る三菱の新しい軽EVが、日本のEV本格普及のきっかけをつくる!

2022年1月27日更新

K-EV concept X Style_1

ウワサの軽EVがついに姿を現した――。

三菱自動車は1月14日、幕張メッセで開催された東京オートサロンで、今年4月以降に販売する軽EVのコンセプトカー「K-EV concept X Style(ケーイーブイ コンセプト クロススタイル)」を展示した。

本来であれば昨秋に東京モーターショーで展示を行うはずだったが、中止となったため、今回が初のお披露目となった。

東京オートサロン2022三菱自動車ブース

EVはもう特別なクルマじゃない

三菱自動車のブースに展示されていた「K-EV concept X Style」は、現行のeKクロスと同じスタイリングをしていた。

新しい軽EVということで、これまでにないスタイリングが期待されたが、そうではなかった。

K-EV concept X Style_2

なぜ、こうなったのか?

当日、来場して記者に囲まれた三菱自動車の加藤隆雄社長は、その理由を印象的な言葉で語っている。

「eKクロスの形にしたのは、意図をもってやったこと。EVは、もう特別なクルマじゃないんだというメッセージを込めた」

K-EV concept X Style_3

スタイリングだけではない。価格面でも特別感は薄まりそうだ。

加藤社長は、国のEVへの補助金が2022年度に最大50万円に増額されることに触れ、そこに自治体の補助金が加われば、地域によっては価格が200万円を切り、100万円台後半で購入できるようになる可能性があることを示唆した。

現在のハイグレードな軽自動車が200万円以上することを考えれば、確かに「普通」といえる値ごろかもしれない。

K-EV concept X Style_4

性能面はどうか。

コンセプトカーということで詳細は明らかにされなかったが、加藤社長は、相当スペシャルな1台になると明言した。

「EVということで静かなのはもちろん、運動性能も安全性能も非常にいい」

「かつて我々は軽EVのi-MiEV(アイ・ミーヴ)を生産していた。自社工場にもサプライヤーにもノウハウが溜まっている。そういう今まで勉強したことを、すべてこのクルマに注ぎ込んだので、かなりいいものができた」

「ユーザーの皆さんにEVを認知いただける第一歩になり、日本でEVが普及していくきっかけをつくる1台になると思う」

三菱自動車加藤社長

自動車メーカーが
自信を持ってつくった1台

加藤社長の発言のあと、補足や追加情報を求めて、ブースにいた担当者に話を聞いた。

興味の赴くままぶつけた質問は、基本的なものに加え、以下のように多岐にわたった。

「新しい軽EVのネーミングは『K-EV X(クロス)』になる?」「eKクロスのスタイリングだけでなく、eKワゴンのスタイリングのものも出る?」「展示車はスモークドガラスで内部が見られないが、内装はEVならではのものになる?」「実質上の航続距離は?」「給電機能は付いている?」「先進の予防安全技術e-Assistや運転支援システムMI-PILOTはすべてのグレードに付く?」「後輪駆動? それとも前輪駆動?」「四駆のバリエーションは出る?」etc.

だが、残念ながら、やはりコンセプトカーということで、明らかな回答はほとんどなされなかった。具体的に教えてもらえたのは、展示されているコンセプトカーが走行できる実車であることと、バッテリーが20kWhで航続距離が約170㎞に及ぶということぐらいだった。

ちなみに、発売当初のアイ・ミーヴがJC08モードで約160kmだったので、170㎞というとあまり変わらないように思えるのだが、さにあらず。新しい軽EVの航続距離は、JC08モードでなく、より実走行値に近いWLTCモードで測定しているため、データ上だけでなく実走行でもはるかに長い実航続距離が実現する。バッテリー、モーターなどが、当時と比べると格段に進化しているのだ。

口が堅い担当者も、この点については自信ありげに「日ごろの移動用としては十二分の距離。ガソリンスタンドが減っている地方などでは非常に使いやすい1台になると思う」と滑らかに語ってくれた。

K-EV concept X Style_5

仕様や性能面の詳細は不明だが、よく走る高品質な軽EVになる気配は濃厚。ということで、最後に角度を変えた質問を投げかけた。

——今、中国製の廉価な小型EVが出てきている。また、日本でもベンチャー企業が優れた軽EVを出している。新しい軽EVは、それらと十分に競い合える1台になるのでしょうか?

MMC担当者 我々は自動車メーカーとして長年クルマをつくり続け、EVも2009年のアイ・ミーヴでいち早く量産化を実現しました。中国メーカーの製品もよくはなってきているでしょうが、やはりクルマとしての安心感という点では、我々の軽EVに一日の長があると思っています。

——三菱の堅牢なボディで、安全装置が充実し、歴史と実績があるEV技術が積み込まれていて、完成度には自信がある、ということですか?

MMC担当者 かなり自信があります。日産さんとのアライアンスも十分に活かし、自信を持って提供できるクルマになっています。購入いただくユーザーの皆さんには、安心して乗っていただき、きっと満足いただけると思います。ぜひ、登場を期待してください。

発売は2022年4月以降の早い時期。期待に胸を膨らませながらその日が来るのを待とう。

東京オートサロン2022[三菱自動車]レポート

① 4月以降に出る三菱の新しい軽EVが、日本のEV本格普及のきっかけをつくる!

② 秋にミニキャブ・ミーブが復活。2022年は三菱にとって再び軽EV元年になる!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • BookReview(29)『2035年「ガソリン車」消滅』―EV派vs.反EV派の論争は2050年の脱炭素実現を見据えて行うべし!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(29)『2035年…

    衝撃的なタイトルは事実を端的に表しただけ『2035年「ガソリン車」消滅』というタイトルは、一見すると危機感を煽っているように思える。だが、これは煽りでも何…

    2021.09.08更新

  • BookReview⑬『2019年版 間違いだらけのクルマ選び』(前編)‐「愛」をもって未来のクルマを語ろう!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑬『2019年版 間…

    クールな経済分析だけではクルマの本質はわからない電気自動車(EV)や自動運転車といった未来のクルマの存在感が大きくなるにつれて、多くのメディアが今後のクルマ…

    2019.01.29更新

  • 東京オートサロン2022[三菱自動車]レポート②―秋にミニキャブ・ミーブが復活。2022年は三菱にと  って再び軽EV元年になる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    東京オートサロン2022[三菱自動車]レ…

    時代の風に乗った朗報東京オートサロンの三菱自動車ブースには、軽EVのコンセプトカー「K-EVconceptXStyle」だけでなく、新型アウトランダーP…

    2022.01.27更新

  • EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ①トミーカイラZZ誕生エピソード~「とんがったEVがだしたかったんです!」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 …

    2015年に往年の名車トミーカイラZZをEVスポーツカーとして復活させ、2019年には日本初のEVスーパーカーであるGLMG4を量産するというGLM。社長の小…

    2018.01.17更新

  • 世界的レーサー塙郁夫さんが語る「EVの魅力」(2) 電気自動車はスマートな走りで勝負する!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    世界的レーサー塙郁夫さんが語る「EVの魅…

    スムースな走行が好タイムのコツ▶2010年と2011年のレースでは、2年連続でEVの歴代最速記録(2010年:13分17秒57/2011年:12分20秒084…

    2017.07.25更新

  • BookReview⑱『トヨトミの逆襲』 – 次世代車の時代、最後に克つのはやっぱり「○○」である!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑱『トヨトミの逆襲』…

    経済記者が書いた超リアル小説「99%実話」の噂で書店から消えた超問題作、待望の新刊!!これは、小説『トヨトミの逆襲』の帯に書き付けられている惹句だ。99%…

    2020.04.07更新

< 前のページへ戻る