ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

Book Review③ ZEV規制前にお勉強『トコトンやさしい電気自動車の本』(前編)

2017年2月13日更新

TOP写真_電気自動車の本_web

いま、電気自動車が次世代エコカーの主流になりそうな気配が濃厚だ。ということで、「電気自動車の基礎から勉強しなおさなければ」と思い、『トコトンやさしい電気自動車の本』を手に取った。だが、これ、トコトンむずかしい本だった。なので、書評のメインは後編とし、この前編では、なぜ電気自動車が次世代エコカーの主流になりつつあるのかについて筆を費やしたい。

トヨタが電気自動車に手をだす!

最近、電気自動車の存在感が急激に増してきている。
ほんの少し前までは、「みらいのエコカーの主流は電気自動車になるかもしれないが、燃料電池車の可能性も捨てきれない」といったあいまいな見解が多かったのに、このごろは、はっきりと「いずれ、電気自動車が市場を席巻するのはまちがいない」という意見を述べるヒトたちが増えているのだ。

なぜか? ひとつには、2016年の秋に、これまでハイブリッド車そして燃料電池車にチカラを入れてきたトヨタが、2020年を目途に電気自動車の量産をめざすというニュースが流れたことが大きいといえそうだ。この報に接した多くのクルマ関係者が、「並外れた販売力を誇るトヨタが電気自動車を本格的に売りだせば、世の中はすぐに電気自動車でいっぱいになるにちがいない。だから、電気自動車はこれからの主流になる」という論を展開しているのである。なるほど、一般ドライバーにとっても非常にわかりやすい論といえる。思わず深く頷きたくなる。

だが、急いてはいけない。この論、ある程度当たっているにしても、それだけだと、どうも底が浅い理解になるようなのだ。
いろいろ調べてみると、この「電気自動車が主流になるかもしれない」となったのは、じつはアメリカのカリフォルニア州で2018年から実施されるZEV(Zero Emission Vehicle)規制と、2020年以降の温暖化対策として世界192ヵ国とEUが締結したパリ協定の存在が影響しているらしい。なかでも近々に実施されるZEV規制の影響は大きく、世界中の自動車メーカーは、その規制内容にあわせるべくPHEVもしくは電気自動車の開発・販売を急いでいるのだとか。トヨタの方針転換も、そのひとつということだ。つまり、けっしてトヨタあっての電気自動車の潮流ということではないのである。

2018年のZEV規制では
ハイブリッド車は除外

では、そのZEV(Zero Emission Vehicle)規制とは、いったいなんだという話だが、これについては、Auto Proveというサイトの1月18日付の記事「2018年は目の前!どうするZEV規制 PHEVが続々と誕生する理由」に詳しく紹介されている。その一部を、少し省略と入れ替えを施したうえで引用するので参照されたい。

〈アメリカのカリフォルニア州の大気資源局(CARB:California Air Resources Board)は1990年代からZEV(Zero Emission Vehicle:排ガスを出さないクルマ)の構想を進めてきている。
▼カリフォルニア州は公共交通が乏しく究極のクルマ社会であり、クルマが多いことと地形的な特徴から大気が全米で最悪といわれている。大気汚染は深刻な大問題と考え、アメリカ政府よりはるかに厳しい排気ガス規制を模索する背景となっているのだ。
▼そうした状況の中、1990年9月にカリフォルニア州法により低公害車導入プログラムLEV(Low Emission Vehicle Regulations)を制定し、従来の規制値を強化するだけでなく、低公害車の販売を義務付けた。▼その後は排ガス・ゼロを目標に自動車メーカーへの義務付けを段階的に強化している。
▼2050年頃には、文字通りすべてのクルマが排ガス・ゼロの電気自動車か、あるいは燃料電池車にすることが目標とされている。
▼2018年以前のZEV規制では、ハイブリッド車、天然ガス車、低燃費ガソリン車もZEV対応車と認められていたが、2018年以降はこれらを認めず、EV、FCV、PHEVに限定されることになった。
▼実は、カリフォルニア州が決めたZEV規制は、アリゾナ、コネチカット、メイン、メリーランド、マサチューセッツ、ニュージャージー、ニューメキシコ、オレゴン、ニューヨーク、ロードアイランド、バーモントの各州にも適用され、この問題をクリアしない限りアメリカにおける自動車販売は危機的な状況を迎えることになる。
▼したがって、ZEV規制の対象となる自動車メーカー(GM、フォード、クライスラー、ホンダ、ニッサン、トヨタ、BMW、メルセデス・ベンツ、現代・起亜、マツダ、フォルクスワーゲン、スバル、ランドローバー、ボルボなど)はEV、FCV、PHEVのいずれかを開発しなければならない〉

そう、2018年からカリフォルニアでは、トヨタが得意としていたエコカーであるハイブリッド車が環境にいいクルマとして認められなくなる。もうひとつのトヨタが得意とするFCV=燃料電池車はいいとされているものの、インフラ整備状況などの問題を考えれば、まだまだ現実的な戦力とはならない。そうであれば、必然的にPHEVもしくは電気自動車の開発・販売を急ぐべしとなるのである。で、PHEVすなわちプラグインハイブリッドカーのプリウスは開発・販売済みで、かつ2050年までには必ず規制されるものとなってしまうだろうから、残る電気自動車に注力しようとなるわけである。

われわれ一般ドライバーとしても、こうした事実を受けとめて、次世代エコカーの主流候補の筆頭に躍りでた電気自動車に改めて注目し、そのなんたるかをよく知っておくことは、今後の充実のカーライフのためにも必要だろう。ちょっと勉強しようではないか。

ちなみに、いま、アメリカのジャイアンことトランプ大統領が、「地球温暖化なんて嘘っぱち。環境規制なんて必要ないね」みたいなことをいいはじめているので、今後、このZEV規制がどうなるかといったことが懸念としてあるわけだが、まあ、ここまで歴史があり、世界の自動車メーカーを巻き込んでいる以上、そう簡単には反故にはならないはずだ。たぶん。おそらく。きっと。だから、それを信じて電気自動車の勉強に乗りだそう。

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 【i-MiEVの10年 / 販売店社長の目線 前編】「10年間に累計300台以上のEVやPHEVを販売してきた」(新城浩司さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 販売店社長の…

    i-MiEV(アイ・ミーブ)というクルマが歩んだ10年を振り返るこのシリーズ。二人目に登場いただくのは、10年にわたって、沖縄県宮古島市でi-MiEV販売に積極…

    2019.12.05更新

  • 第2回 SDGs ERK on ICEレポート(後編)―「みんなで楽しくレースしたらエコだった」がSDGsの秘訣!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第2回 SDGs ERK on ICEレ…

    『第2回SDGsERKonICE(氷上電気カート競技会)』の会場には、出場者と観戦者合わせて150名の人たちが集った。競技会が初心者から上級者までクラ…

    2021.10.12更新

  • BookReview⑯『E MAGAZINE』‐「もうエンジン車にはもどれない」と語るEVオーナーたちが続々登場!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑯『E MAGAZI…

    日本にはEVライフ情報が足りない「EVに乗り替えたら、どんなカーライフになるんだろう?」エンジン車からEVへのシフトを前向きに考えている人にとっては、これは…

    2019.08.20更新

  • BookReview⑩『EVと自動運転』‐ EVの普及は、テレビのブラウン管が液晶に変わったときのように進む!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑩『EVと自動運転』…

    「100年に一度の変換期」の真の意味いまの自動車産業界は「100年に一度の転換期」にあり、そのキーワードは「電動化」「自動化」「コネクテッド化」「サービス化」…

    2018.08.07更新

  • 次世代エコカー勉強会〈18時限目〉ライフ・サイクル・アセスメントとウェル・トゥ・ホイール(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈18時限目〉ライフ…

    このテーマの最後となる今回は、ライフ・サイクル・アセスメント(LCA)とウェル・トゥ・ホイール(WtW)をめぐる自動車メーカーの対応について見ていくことにしよう…

    2022.04.21更新

  • 『ブリヂストンイノベーションギャラリー』見学記 – ①モータリゼーションを足もとから支えるタイヤのすごさがわかる博物館!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『ブリヂストンイノベーションギャラリー』…

    この先、クルマがどんなに進化しても、丸いタイヤはずっと必要不可欠な存在であり続ける。クルマが地面に接して走る機械である以上、これは動かしがたい真実だ。だが、…

    2021.04.13更新

< 前のページへ戻る