ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

東京オートサロン2022[三菱自動車]レポート②―秋にミニキャブ・ミーブが復活。2022年は三菱にと って再び軽EV元年になる!

2022年1月27日更新

ミニキャブ・ミーブ B-Leisure Style_1

時代の風に乗った朗報

東京オートサロンの三菱自動車ブースには、軽EVのコンセプトカー「K-EV concept X Style」だけでなく、新型アウトランダーPHEVをベースにした「Vision Ralliart Concept(ビジョン ラリーアートコンセプト)」など、かつてから培ってきた三菱のラリー活動を彷彿とさせるスポーティにドレスア
ップしたクルマも数台展示されていた。

アウトランダーPHEV Vision Ralliart Concept

そんな中、ブースの隅には「ミニキャブ・ミーブ B-Leisure Style(B レジャー スタイル)」という1台が置かれ、電動車で週末キャンプを楽しもうという趣旨の展示を行っていた。

ミニキャブ・ミーブ B-Leisure Style_2

なかなか楽しそうな提案。一方で、かすかな疑問も覚えた。

「確かミニキャブ・ミーブの生産は中止され、販売も在庫限りのはず。それなのに、どうして……」

実は、これには深い理由があった。囲み取材の中で加藤隆雄社長がそれを明かしてくれている。

「ミニキャブ・ミーブは、この秋から再度販売を開始する」

晴天の霹靂?

いや、時代の風に乗って届いた朗報であった。

ラストワンマイルの配送に活躍

三菱自動車ブースの担当者に、軽商用EVであるミニキャブ・ミーブの復活について話を聞いた。

——ミニキャブ・ミーブを復活させる背景はなんですか?

MMC担当者 最近、多くの企業や団体が脱炭素に向けて動き出しており、街中でのラストワンマイルの配送などは小型EVトラックやバンで行う方向で動いています。ミニキャブ・ミーブはすでに郵便局の配達車などに採用されており、実績は十分です。そこで、世の中のニーズに応えるべく、復活させるということになったのです。

——社長の発言によれば、2022年の秋に本格販売が再スタートするとのこと。どんな形で再登場になるのでしょうか?

MMC担当者 今の段階では、はっきりしたことは言えませんが……。昨年から、さまざまな業種の企業に試験的に導入いただいております。そこから得られたデータや意見をベースに、今、どういう方向で再登場させるべきかを検討しています。私たちも軽商用EVへの期待を感じていますので、準備万端整えて送り出したいと思います。

三菱自動車コンセプトボード

2022年の前半には三菱自動車から新しい軽EVの発売があり、後半には軽商用EVであるミニキャブ・ミーブが再発売となる。

この二つの“打ち手”を踏まえて、加藤社長は、次のような主旨の発言を行っている。

「アイ・ミーブを2009年に出した。それは我々にとっての軽EV元年となった。この2022年、再び軽のEVとミニキャブ・ミーブを出す。今年は、我々にとって、改めての軽EV元年になる」

改めての軽EV元年。決して絵に描いた餅ではなく、現実として、それがはじまっている。

東京オートサロン2022[三菱自動車]レポート

① 4月以降に出る三菱の新しい軽EVが、日本のEV本格普及のきっかけをつくる!

② 秋にミニキャブ・ミーブが復活。2022年は三菱にとって再び軽EV元年になる!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 第26回 日本EVフェスティバル レポート① – Honda eも「みんなでCO₂削減!!」へ向けたさまざまなる意匠の一つ。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第26回 日本EVフェスティバル レポー…

    2020年10月26日、日本の政府が「2050年までにCO₂などの温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする」との表明を行った。そして12月3日、大手新聞社が「政府…

    2021.01.14更新

  • EVキーマンに聞く/EVレース王者 地頭所光選手 ③「“カートからレーサー”は無理と感じ、東大受験に専念」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/EVレース王者 地頭…

    高校生になってカートを手に入れた。週末はレースとバイトに明け暮れた。だが、高校2年の秋、そんな生活も終わりを告げることに。夢と現実の狭間で悩んだ末の決断。…

    2022.03.24更新

  • Book Review②クルマ愛に溢れた未来予測『2017年版 間違いだらけのクルマ選び』(前編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review②クルマ愛に溢れた…

    ご存じ『間違いだらけのクルマ選び』は、直近に発売されたクルマへの論評・採点で人気の本なわけだが、この2017年版には、みらいのクルマに関する情報もいっぱい詰まっ…

    2017.01.30更新

  • 2017年の注目ニュース③ じつは自動運転車は完全に安全ではない!?〈前編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2017年の注目ニュース③ じつは自動運…

    ヒトは、自動運転車と聞くと「なんにもしなくても完全に安全に走るクルマ」とイメージする。たしかにそういうところはある。だが、じつはそれだけでは危うい。今回紹介する…

    2017.04.12更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』④・・・「EVで旅すると電気エネルギーのありがたさが身に染みる」(寄本好則)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    EVはエコではあるがゼロエミッションではない走るときも給電するときも、EVから排気ガスはでない。しかし、完全なるゼロエミッションを達成しているのかというと…

    2018.06.26更新

  • 第1回 SDGs ERK on ICEレポート(前編)ホンダがF1撤退を予告した翌日、日本EVクラブが初の『氷上の電気レーシングカートの祭典』を開催!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第1回 SDGs ERK on ICEレ…

    一般社団法人日本EVクラブは、2020年10月3日に第1回SDGsERKonICE『氷上の電気レーシングカートの祭典』(SDGs氷上電気カート競技会)を新…

    2020.10.29更新

< 前のページへ戻る