ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」レポート①―交通事故の解析に一役!CDRテクニシャン育成が本格化

2021年12月9日更新

ボッシュCDRテクニシャントレーニング 1-1

2021年11月18日(木)と19日(金)の2日間、東京都渋谷区にあるボッシュ株式会社(以下、ボッシュ)で第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」が実施された。これは、ボッシュが12月から新たに「CDRテクニシャン」制度を設けるにあたって、その1期生を送り出すとともに、CDRテクニシャンの存在と内容を明らかにする告知イベント的な役割も担った講座であった。

レポート①では、今回始まった「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」の背景を説明し、この制度の重要性を確認していく。

実際にどのようなトレーニングであるかについては、レポート②で、今回の2日間のトレーニングにチャレンジしたフリーライターの橋本愛喜さんに体験談を寄稿してもらった(中身に興味のある方はレポート②をどうぞ!)。

来年7月以降の新型車からEDRの搭載が義務に

交通事故の原因究明に当たって、事故の当該車両の中にあるEDR(Event Data Recorder=イベント・データ・レコーダー)のデータが有力な証拠の一つであることが、最近にわかに知られるようになっている。

すでに、アメリカなどの国ではEDRを使った交通事故の原因究明が定着しており、国際的にクルマにEDRの搭載を義務付ける法令や制度が推進されている。そして、日本でも2022年7月以降に発売を開始する新型車からEDRの搭載が義務付けられることになった。

これまで状況証拠や実況見分からの推察に負うところがあった交通事故の原因究明に、客観的データによる事故解析が取り入れられることで、より透明性の高い証拠が示され、裁判や保険などにも好ましい影響がでるだろうと期待されている。

増加するデータ読み出しに対応

そこで、大事なことはEDRのデータを読み出して分析する専門家を養成することだ。EDRのデータは、ドライブレコーダーのデータなどと違って誰もが簡単に見ることができるわけではない。EDRの読み出し機器であるCDR(Crash Data Retrieval=クラッシュ・データ・リトリーバル)の第一人者であるボッシュは、それを取り扱う専門家の養成にも力を入れている。すでにアメリカなどでは、ボッシュと協力関係にある外部組織によってトレーニングが実施・運営され、CDRを使いEDRのデータを読み出して分析する専門家が続々と輩出されているのだ。

日本においても、2018年からEDRのデータの分析を行う専門家「CDRアナリスト」育成のトレーニングと資格認定を開始し、現在では警察機関・損害保険各社・調査研究機関・自動車販売会社などに在籍する約270人がCDRアナリストとなっている。

だが、この約270人という規模では、来年7月からEDR搭載義務化が始まり、事故時のEDRデータ活用が大幅に増加すると対応することができないという。そこで、ボッシュはアメリカでもすでに実働しているEDRデータの読み出しに特化した専門家である「CDRテクニシャン」をこの12月1日から新設することにしたというわけなのである。

ボッシュは、CDRテクニシャンについて、「数年で1000人規模への拡大を目指す」としており、さらにその先では日本全国に4000~5000人までに拡大していくことを目論んでいる。

いよいよ日本の交通事故の原因究明の分野も、さらに一歩進んだデータ主義のステップへと進んでいくことになる。華々しい未来的なテクノロジーとはイメージが違うが、この変革はじわっとクルマの世界を変えていくに違いない。(文:みらいのくるま取材班)

第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」レポート
① 交通事故の解析に一役!CDRテクニシャン育成が本格化!
② 2日間のトレーニングで「交通事故」への向き合い方が変わった!(寄稿 橋本愛喜)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフェスティバル』ルポ③ 新しいレース観をつくりだすEV特有の走り!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフ…

    日本EVフェスティバルの後半の模様と、閉会式についてルポする。コンバートEVレースに加え、自動運転車によるエキシビションレースまで行われ、会場は次世代自動車感…

    2018.11.22更新

  • 第26回 日本EVフェスティバル レポート① – Honda eも「みんなでCO₂削減!!」へ向けたさまざまなる意匠の一つ。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第26回 日本EVフェスティバル レポー…

    2020年10月26日、日本の政府が「2050年までにCO₂などの温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする」との表明を行った。そして12月3日、大手新聞社が「政府…

    2021.01.14更新

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(4) スズキは現実路線のなかでEV開発を進める!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(4)…

    第45回東京モーターショー2017のルポ第四弾では、ロータスクラブの提携企業であるスズキのEVコンセプトカーについて見ていきたい。いきなりEVのコンパクトS…

    2017.11.09更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』④・・・「EVで旅すると電気エネルギーのありがたさが身に染みる」(寄本好則)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    EVはエコではあるがゼロエミッションではない走るときも給電するときも、EVから排気ガスはでない。しかし、完全なるゼロエミッションを達成しているのかというと…

    2018.06.26更新

  • 『ブリヂストンイノベーションギャラリー』見学記 – ③電動化時代にはENLITEN技術でつくられた究極のエコタイヤが主流となる!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『ブリヂストンイノベーションギャラリー』…

    見学記の締めとして、『ブリヂストンイノベーションギャラリー』に展示されている、極めてイノベイティブなタイヤについて取り上げておきたい。やがてEVが交通社会の主役…

    2021.04.13更新

  • さいたま市で小型EV体験(後編)- EVのシェアリングサービス開始で、街のスマートシティ化はどんどん加速してゆく!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    さいたま市で小型EV体験(後編)- EV…

    ここからは、軽自動車規格のEV『FOMMONE(フォム・ワン)』を導入して行われている埼玉県さいたま市の『シェア型マルチモビリティ等の実証実験』について、試乗…

    2021.04.28更新

< 前のページへ戻る