ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ②EVスーパーカーGLM G4開発コンセプト~「あえてタブーに挑戦しています!」

2018年1月17日更新

トップ②web

GLMは現在、日本初のEVスーパーカーであるGLM G4(以下、G4)を2019年にローンチすべく、鋭意開発に取り組んでいる。社長の小間裕康氏は、詳細はまだ明かせないといいつつも、その開発コンセプトについて熱く語ってくれた――。

トミーカイラと違うとんがり方

EVスーパーカーであるG4のコンセプトカーは、2016年のパリモーターショーで初披露され、2017年には東京でも披露の場がもたれた。その姿を見ると、車種こそちがえ、トミーカイラZZのいいとんがり方が踏襲されている印象が強くあった。だが、小間氏によると、往年の名車を踏襲しての開発だったトミーカイラZZと、まったくオリジナルのEVスーパーカー開発であるG4は、かなり違うという。

社長顔③web

「当社は、大手自動車メーカーをはじめ旧来のメーカーにはできないクルマづくりをしていて、それは常に乗る人にワクワクする体験と時間を提供できるものでなければならないと考えています。だから、EVのスポーツカー、そしてスーパーカーというとんがったクルマの開発・販売を進めているわけで、そういう意味では同じ方向を向いているということができます」

「ただ、今回は、すべてがオリジナルの開発ということもあり、とんがり方の方向性が大きくちがってきているのも事実です。じつはわれわれは、スーパーカーのタブーに挑戦するというテーマでG4開発に取り組んでいるのです」

社長②web

4人乗りの静かなロードヨット

スーパーカーのタブーへの挑戦とはいったいなにか? 小間氏はニヤリと笑ってこう答えた。

「開発コンセプトからして、従来のスーパーカーとは異質です。われわれはG4開発にあたって『ロードヨット』というコンセプトを打ちだしていて、大海原をクルージングするようなラグジュアリーな走りと時間が満喫できるEVスーパーカーの実現をめざしているのです」

G4フロントweb

「具体的な内容を少し紹介すると……従来のスーパーカーというのは大排気量のエンジン音をけたたましく発しながら高速で走り、それで周囲から注目される存在となっています。しかし、EVはほとんど音を発しません。そうであれば、逆に上質な静寂のなかで感動的な走りと時間が味わえる、まったく新しい価値を生むスーパーカーをつくるべきであり、その方向を特化させて開発を進めているのです」

「空間づくりについてもタブーに挑戦しています。従来2シーターの狭い空間がスーパーカーのセオリーであるところ、G4は4人がゆったり乗れる空間にすることをめざしています。4枚の跳ね上げ式ドア『アビームセイルドア』は、それを象徴するものとなっています」

G4ドアオープンweb

G4は先端技術のショーケース

トミーカイラZZが美味しい素うどんなら、G4は、ある意味、すべての具を乗せたゴージャスなうどんということになるだろうか。 そこには、いったいどんな機能が盛り込まれることになるのか。

「盛り込む具体的な機能に関しては、まだ詳しくはお話できません。しかし、トミーカイラZZが必要最小限のこだわり技術を載せたクルマだとしたら、G4は先端技術のショーケースといわれてもおかしくない、新機能満載のクルマになります。発表段階では、たぶんみなさんにビックリしていただけるものと信じています」

「自動運転技術に関しては、自動運転レベルによって内容が大きくちがうので、それについても現段階では詳しくはお話はできません。ただ、ざっくりしたことをいうなら、ラグジュアリーな運転を支えるための運転制御システムなど、最新の安全技術を取り込んでいくことはまちがいありません。期待していてください」



はたしてG4は、どんなEVスーパーカーとして登場することになるのか、2019年のローンチを首を長くして待つばかりだ。
なお、現在、GLMは、トミーカイラZZおよびG4を開発・販売するという完成車ビジネスを進めるいっぽうで、EVによるプラットフォームビジネスを本格始動させつつある。つづく③で、小間氏にその概要を聞いている。(③につづく)

(文:みらいのくるま取材班)

EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ①トミーカイラZZ誕生エピソード~「とんがったEVがだしたかったんです!」

EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ③プラットフォームビジネスの展開~「さまざまなオリジナルEVが可能です!」

プロフィールweb

小間裕康(こま・ひろやす)
GLM株式会社 代表取締役社長
1977年8月3日生 。 大学時代に音楽家派遣サービスをはじめ、2000年に株式会社コマエンタープライズを設立。国内外の電機メーカーへのビジネスプロセスアウトソーシング事業に展開。 2010年にGLM株式会社を設立。独自開発のEV Platformをもとに、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」を開発。 2015年に日本のベンチャーとして唯一、EVの量産を開始。 2016年にパリモーターショーにて次世代EV「GLM G4」を発表。

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 自動運転ってなに?〈レベル1編〉③ ほぼ自動で車間距離を保つACC。高速道路での運転がラクになる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    自動運転ってなに?〈レベル1編〉③ ほぼ…

    高速道路で気をつかうことの一つとして、前をいくクルマとの車間距離を保ちながら走ることがある。自動運転技術の一角を担うACCは、それをほぼ自動でできるようにしてく…

    2016.10.27更新

  • Book Review⑥『2018年版 間違いだらけのクルマ選び』(前編)~ EVを販売台数で語るのではく、夢の実現度で語ろう!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review⑥『2018年版 …

    出版3日前にトヨタが電動化施策を発表 2018年版の『間違いだらけのクルマ選び』が発売される3日前、2017年12月18日、トヨタ自動車株式会社が「電動車普及に…

    2018.01.17更新

  • 2017年の注目ニュース① 「自動走行システムによる事故」に対応する自動車保険の無料特約がスタート!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2017年の注目ニュース① 「自動走行シ…

    ロータスクラブの提携企業である東京海上日動火災保険株式会社。その東京海上日動火災が、日本ではじめてとなる「自動走行システムによる事故」に対応する自動車保険の無料…

    2017.01.16更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』④・・・「EVで旅すると電気エネルギーのありがたさが身に染みる」(寄本好則)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    EVはエコではあるが ゼロエミッションではない 走るときも給電するときも、EVから排気ガスはでない。 しかし、完全なるゼロエミッションを達成しているのかというと…

    2018.06.26更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』①・・・「全国にEV給電ネットワークをつくるのが僕の夢」(舘内端)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    一般社団法人日本EVクラブ(以下、日本EVクラブ)は、2018年5月17日から31日まで『電気自動車 EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅 ~元気と電気を届け…

    2018.06.26更新

  • Book Review②クルマ愛に溢れた未来予測『2017年版 間違いだらけのクルマ選び』(前編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review②クルマ愛に溢れた…

    ご存じ『間違いだらけのクルマ選び』は、直近に発売されたクルマへの論評・採点で人気の本なわけだが、この2017年版には、みらいのクルマに関する情報もいっぱい詰まっ…

    2017.01.30更新

< 前のページへ戻る