ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(24) 『安全運転寿命を延ばすレッスン』 – 高齢ドライバーに免許返納ではなくて「ステイ・マイカー」を勧める画期的な一冊!

2021年2月25日更新



三足の草鞋を履く66歳による
わかりやすく実践的な安全本

著者・松田秀士氏は、三足の草鞋を履いているヒトだ。

一足目は僧侶の草履。1977年に得度し、以降、浄土真宗の僧侶として法要や講演などの活動をたびたび行っている。

二足目はレーサーの草履。28歳という遅い年齢で1983年にレースデビューしたにも関わらずインディ500やスーパーGTシリーズなどの大舞台で活躍し、66歳の現在も現役を続けている。

三足目は自動車評論家の草履。1983年のレース活動開始と同時に評論活動にも取り組み、2000年からは日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務めている。

今回取り上げる本は、こうした確かな三足の草鞋それぞれの視座から、高齢ドライバーに対して「安全運転寿命を延ばす」ことを提案する一冊。運転に際しての心構えの改善、眼力の強化、姿勢の矯正などの必要性とそれに役立つレッスン方法ならびに商品を示しながら、最愛カーライフをなるべく長く続けようと朗らかに呼びかけている。

高齢ドライバーにとっての
未来に向けた希望の書

それにしても、高齢ドライバーに免許返納ではなくて「安全運転寿命を延ばす」ことを勧めるとはなんとも画期的だ。著者は、なぜ、このようなアピールをするに至ったのだろうか?

コロナ禍の拡大が引き金となったようだ。

思い返せば、つい最近までは「運転に不安がある高齢者は免許返納を前向きに検討すべし」がフツーの考え方だった。ところが、コロナ禍がひどくなりだしてから風向きが変わり、人々の意識がビミョーに変化しだした。それが本書の画期的な提案を後押ししたのである。

ここでいう人々の意識の変化とは、例えば以下のようなことだ。

免許を返納した高齢者がどこか遠くへ行くには電車やバスといった公共交通機関を利用するわけだが、それだと不特定多数の他人と密になって新型コロナウイルスに感染する恐れが大きくなってしまう。であれば、すでに免許と愛車を持っていて運転に必要な能力がさほど衰えていない高齢者は、免許返納を急がずに他人と空間をともにしない愛車で移動するスタイルを保った方がいいのではないか……。

安心の愛車移動を続けるためには他車ならびに他者との事故を起こさないようにすることも肝要だが、それについては認知能力や運動能力を今以上に磨き高める努力をしたうえで安全機能が充実した次世代カーに乗り換えるなどすれば、なんとかクリアできるのではないか……。

そう、著者はこうした新たな発想に沿ってこの本を書いたのである。本文中にある「STAY MY CAR(ステイ・マイカー)」の呼びかけは、それを象徴する表現ということになる。

コロナ禍がきっかけとはいえ、この本はある意味、高齢ドライバーにとっての未来に向けた希望の書といえる。まだしっかりと運転できる可能性があるにも関わらず、「そろそろ免許返納かなあ」などと弱気になっているそこの高齢のあなた。もしかすると返納は、この本に書かれていることをトライした後でも遅くはないのかも知れない。ぜひ一読を!(文:みらいのくるま取材班)



『安全運転寿命を延ばすレッスン』
・2020年12月14日発行
・著者:松田秀士
・発行:小学館
・価格:1,400円+税

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 『第11回オートモーティブワールド』ルポ(後編)「日中それぞれのやり方で次世代自動車をつくりましょう」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『第11回オートモーティブワールド』ルポ…

    カッコいい車両を展示していた日本の二企業に取材!前編と中編では、『オートモーティブワールド』に出展している中国企業のブースの人たちから聞いた「中国のEVの数…

    2019.02.12更新

  • 2016後半の注目ニュース① 歩行者にはうれしい。HVなどの車両接近通報装置搭載の義務化〈前編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2016後半の注目ニュース① 歩行者には…

    この秋、「みらいのくるま」関連の注目のニュースが立てつづけに飛び込んできた。なかでも大きなインパクトがあったのは、「2018年3月から音が消せない車両接近通報装…

    2016.11.14更新

  • 次世代エコカー勉強会〈7時限目〉「自動運転のただいまのところ」②自動ブレーキの進化は日進月歩【前編】

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈7時限目〉「自動運…

    自動運転の技術のなかでも、もっとも身近なものになりつつある自動ブレーキ。自動で止まるなんてまるでマジックだが、そのシステムの概要を知れば、案外わかりやすいものだ…

    2016.06.28更新

  • 軽EV『FOMM ONE』の可能性(第13回オートモーティブワールドより)- ①すでにタイでは400台を販売、日本でも  法人向け販売開始!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    軽EV『FOMM ONE』の可能性(第1…

    新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出ているさなかの1月20~22日、東京ビッグサイトで『第13回オートモーティブワールド』が開催された。厳重な感染…

    2021.02.12更新

  • 【i-MiEVの10年 / 元メーカー担当者の目線 後編】「大ヒットはしなかったけれど、世界にEV化の波を起こした功績は絶大でしょう」(堤健一さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 元メーカー担…

    かつて三菱自動車に在籍していた堤健一さん(株式会社LTE代表)は、マーケティングやインフラ整備支援などを通してi-MiEV(アイ・ミーブ)の販売をサポートした。…

    2019.11.21更新

  • 東京都主催『自動運転シンポジウム』レポート(後編) – 自動運転車が走る都市には人間中心の交通社会ができる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    東京都主催『自動運転シンポジウム』レポー…

    シンポジウムの後半には、田尻貴裕氏(東京都政策企画局戦略事業担当部長)がモデレーターとなり、前半に登壇したゲスト講演者4名に、2016年リオデジャネイロパラリン…

    2019.03.01更新

< 前のページへ戻る