ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

軽EV『FOMM ONE』の可能性(第13回オートモーティブワールドより)- ①すでにタイでは400台を販売、日本でも 法人向け販売開始!

2021年2月12日更新



新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出ているさなかの1月20~22日、東京ビッグサイトで『第13回オートモーティブワールド』が開催された。



厳重な感染予防対策が行われる中での開催ではあったものの、さすがに出展する企業の数は少なかった。来場者数も例年を大きく下回っていた。



だが、久々のリアルな大規模展示会である。

数は少ないとはいえ、展示されている次世代車やそれに関する技術には見る者のココロをがっちり掴む説得力があった。われわれ取材班も「やっぱり実物はいいな」との思いを改めて強くしながら、展示物のあれこれを見たり触ったりして会場内を巡り歩いた。







画期的な機能を誇る街乗りEV

そんな中、われわれは神奈川県川崎市の研究開発型企業インキュベーション施設『KBIC(かわさき新産業創造センター)』が出している小さなブースで多くの時間を過ごした。

そこには、KBICに拠点を置いて活動するベンチャー企業・株式会社FOMM(フォム:First One Mile Mobility)がつくったFOMM ONE(フォム・ワン)という軽ナンバーを付けたEVが展示されていた。



実は、このFOMM ONE、2018年の発表時に「水に浮く電気自動車=水害時に安全な電気自動車」としてメディアが盛んに取り上げた。ただ、そのときは水に浮くことばかりが強調され過ぎたせいか、EVとしての魅力がちゃんと伝わらなかった。そのため、世間の注目と関心はそれほど大きくは膨らまなかった。

しかし、一部の目ざとい業界人やクルマ好きたちは当時からこのクルマの本質的な魅力に気付いていた。彼らは関心を途切らせることなく、今に至るまで好意的に評価し続けている。

「航続距離が166㎞あるなど基本的な性能がしっかりしているし、インホイールモーターや交換式バッテリーなどの画期的な機能も備わっているので、小型の街乗りEVとしての実力・魅力は十二分。市場に受け入れられるポテンシャルは相当にあるように思われる」と。

こうした評価は、最近、実際の販売が割と好調に立ち上がったことでさらに勢いを増している感がある。今回、われわれがFOMM ONEに注目したのも、そうした声に好奇心を刺激されたからだった。



FOMM ONE諸元(FOMM社へのヒアリングによる)
全長×全幅×全高:2,585×1,295×1,550(mm)/ホイールベース:1,760mm/最低地上高:150mm/トレッド:Front 1,110mm・Rear 1,110mm/乗車定員:4名/駆動:前輪駆動(FFインホイール)/最大出力:10.6kW/200-600rpm/最大トルク:560Nm/0-170rpm/最高速度:80km/h/航続距離:166km(NEDC)/車両重量:620kg(バッテリー/オプション含む)/バッテリー:2.96kWh×4(Li-Ion)/充電時間:7.5時間

そう、知る人ぞ知る事実なのだが、FOMM ONEはすでに市場で販売がスタートしているEVなのである。

2019年3月からタイにおいて量産を開始し、法人ならびに一般向けのコンパクトEVとして販売を行い、現時点で約400台の納入を済ませている。

また、2020年12月から日本においても軽EVとして法人向け販売をスタート。一例を挙げるならば、2021年1月には大手企業に10台を納入している。しかも、来年2022年になれば年間数千台規模を目標とした一般向け販売も始まるらしい……。

はたしてFOMM ONEという市販軽EVの真の実力・魅力やいかに。われわれは見ているだけではもの足りなくなり、ブースにいた広報担当者にいろいろと話を聞いてみることにした。

軽EV『FOMM ONE』の可能性(第13回オートモーティブワールドより)

①すでにタイでは400台を販売、日本でも 法人向け販売開始!

②エアバッグはないがドライバーを守る工夫がいっぱい!

③インホイールモーターや交換式バッテリ ーなどを搭載!

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 契約台数100万台突破!ドライブエージェント パーソナルの実力と魅力(前編)―通信できるドラレコと2人のオペレーターで「1分、1秒を削る緊急対応」が可能に!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    契約台数100万台突破!ドライブエージェ…

    交通事故でケガをして気を失ったとしても、通信機能のあるドライブレコーダーを通して事故受付センターがその状況を察知し、代わりに救急車を呼んでくれる――。東京海上…

    2023.08.17更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第6戦レポート(3)―時代の進化とともに魅力を増すEVレース。来季は第1戦から目が離せない!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    余郷選手へのペナルティが報告された後、ALLJAPANEV-GPSERIES2023の最後の表彰式が晴れやかに実施された。このときには雨も上がっていた…

    2023.10.26更新

  • 諸星陽一氏が語る〈クルマのブラックボックスって何?〉③「『弁護士費用特約』はCDR活用を後押しする重要要素です」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    諸星陽一氏が語る〈クルマのブラックボック…

    アメリカと比べると、日本でのEDR、CDR、CDRアナリスト、さらにはテクニシャンの認知は比べものにならないくらい低い。しかし、諸星陽一氏と同様にCDRアナリス…

    2021.03.11更新

  • BookReview⑩『EVと自動運転』‐ EVの普及は、テレビのブラウン管が液晶に変わったときのように進む!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑩『EVと自動運転』…

    「100年に一度の変換期」の真の意味いまの自動車産業界は「100年に一度の転換期」にあり、そのキーワードは「電動化」「自動化」「コネクテッド化」「サービス化」…

    2018.08.07更新

  • EVキーマンに聞く/EVレース王者 地頭所光選手 ②「10分間の初カート体験。これが人生のターニングポイントになった」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/EVレース王者 地頭…

    ラジコンカーの趣味をきっかけに、リアルなレースも観戦するようになった地頭所少年。観戦だけでは飽き足らず、遂にサーキットを走ることに。果たして、当時から才能の…

    2022.03.10更新

  • 【i-MiEVの10年 / 元メーカー担当者の目線 前編】「世界初の量産型EVの普及を支える仕事に使命感を持って取り組んだ」(堤健一さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 元メーカー担…

    i-MiEV(アイ・ミーブ)というクルマが歩んだ10年を振り返っておきたいと思う。それは、この先10年、20年に展開するであろう電気自動車(EV)の普及に、何が…

    2019.11.21更新

< 前のページへ戻る