ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview⑪『図解EV革命』‐ EVの基礎知識がわかり、コンバートEVへの興味も湧く!

2020年1月17日更新

図解EV革命_トップweb

一見開きワンテーマの図鑑的EV本

この本は、2017年12月に出版され、わずか半年後の2018年7月に第2刷がでている。ベストセラーとまではいかなくても、EVに関心がある人や、EVについて学ぶ必要に迫られている人たちを中心に地道に売れているわけである。

人気の理由は、構成の妙と表現のわかりやすさだろう。

「電気自動車とはどんなもの?」といった超初歩的なものから、「全固体電池で2020年代の主役を目指すトヨタ」といった専門性の高いものまで、EVにまつわる65ものテーマを扱っているのだが、すべて短く平易な文章とシンプルでわかりやすい図を組み合わせながら見開き完結の形で解説している。

それゆえ、ストレスなく読み進められ、EVへの理解がサクサクと進む。通して読まずとも、知りたいテーマが書かれているところを眺めさえすれば、それだけで必要な知識が得られる図鑑的な使い方だってできる。

中面web

そう、なるべくカンタンにEVの基本情報、最新事情を知りたい人たちにとっては、望むべく形の一冊となっているのだ。このあたりが、人気の所以であろう。

なお、著者の村沢義久氏は、東京大学工学部を卒業し、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得。ビジネス界ではゴールド マンサックス証券バイスプレジデント(M&A担当)などを務めた超エリートだ。70歳を超える現在も、次世代の理想的なモータリゼーションの実現に寄与すべく、太陽光発電とEVの推進に尽力している。

難しくなりがちなEVの話を平易にかみ砕いて書けるのは、こうした厚いバックボーンあってのこと。世に出回るあまたの難しいEV本を読む前に、まず、このしっかりとした知識と筆力をもった著者の一冊でベースをつくっておきたいところだ。

コンバートEV産業が期待大!?

ところで、こうしたEVに関する基礎知識を固めるに相応しい一冊にも、実は、ほかの本とはまったく違ったユニークな記述があったりする。

それは、これからのEV時代においては、コンバートEVビジネスにも注目すべきと書いているところだ。ほかのEV本では、コンバートEVは既に終わったコンテンツ=「オワコン」として取り扱われがちだが、著者の村沢氏は、将来有望なビジネスになり得ると明言しているのである。

筆者がコンバートEVを推進する理由の一つは、CO₂削減のスピードアップを図ること。日本には約7800万台のエンジン車が走っている。対する新車の販売台数は500万台(※編集部注:年間500万台)だから、その全てがEVになっても入れ替わるのに15年以上かかる計算になる。そのため、既存のエンジン車をEVに変えてしまおう、という考えだ。

EV時代に仕事が減少するガソリンスタンド、修理工場、部品メーカーなどがあり、実際、それらの業界でコンバートEVを手がける例が出始めている。

1年に100台コンバートする。そのような拠点が1万カ所できれば、年間100万台のコンバートEV産業を興すことができる。

現在は、モーターやバッテリーが高価すぎて難しいが、企業間連携による大量仕入れなどによりコスト削減ができれば、不可能な話ではない。(『図解EV革命』より)

はたして、これが現実のものとなるかどうかはわからない。だが、もし本当にそうなるとすれば、かなり楽しい気分になれる。自分の好きなスタイルのクルマを、EVとしていつまでも走らせることができるようになるからだ(著者自身、フォルクスワーゲンのビートルのコンバートEVを発注したらしい)。

さて、どうなるか。EV時代の到来はまちがいないにせよ、できれば、より楽しい感じで到来してほしいものである。(文:みらいのくるま取材班)

図解EV革命

『図解 EV革命 100年に1度のビジネスチャンスが一目瞭然!』
・2017年12月25日発行
・著者:村沢義久
・発行:毎日新聞出版
・価格:1400円+税

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • BookReview⑲『2030 中国自動車強国への戦略』 – 習近平はEVと自動運転車で貧困をなくす夢を見る!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑲『2030 中国自…

    最悪のタイミングで出た一冊2019年の秋、「中国のEV販売が急減速」という主旨のニュースがいくつも流れた。以下がその概略だ。中国は2030年までにEVをは…

    2020.05.12更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』②・・・「世界初の外部給電器を生む契機となった中学校に感謝」(堤健一)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    給電には外部給電器が必須EVには、給電ができるという便利な機能がある。しかし、たとえばキャンプなどでV2Lとして給電を行う場合、充電口からそのまま家電に使え…

    2018.06.26更新

  • EVキーマンに聞く/カーライフ・ジャーナリスト まるも亜希子 ⑤「ロータス店さんがEV世代の子どもたちに大人気のお店になりますように」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/カーライフ・ジャーナ…

    まるも亜希子さんに聞くインタビュー5回シリーズの最終回は、「EV時代における自動車整備工場の在り方」について。まるもさんは「女性、そして子どもたちがファンになる…

    2019.08.20更新

  • 2017年の注目ニュース② 自動運転の最高位が「レベル5」になるらしい。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2017年の注目ニュース② 自動運転の最…

    このコーナーで昨年(2016年)の6月、「自動運転車は技術の度合いに応じて区分がレベル1からレベル4まである」と書いた。ところが、その半年後となる12月、その区…

    2017.03.13更新

  • Book Review④ 楽しくエコカーの基礎が学べる『エコカー技術の最前線』(前編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review④ 楽しくエコカー…

    表紙のイメージからは想像できないわかりやすさと面白さ。最近出会ったエコカー本のなかでは出色の一冊!中学生でもスイスイと読めるかも『エコカー技術の最前線』とい…

    2017.05.29更新

  • 「東京モーターショー2019」レポート(4) 三菱は進化形のPHEVシステムや電動4WDでSUVを過激に変えていく!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2019」レポート(…

    ロータスクラブと提携している三菱自動車のブースにEVの姿はなかった。だが、PHEVの現行車やコンセプトカー展示に加え、V2H機器で家と電動車を繋ぎ、太陽光で発…

    2019.11.07更新

< 前のページへ戻る