ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

次世代エコカー勉強会〈12時限目〉EVの電池の大容量化に対応するCHAdeMOの急速充電器(前編)

2017年10月6日更新

12時限目webひさびさの「次世代エコカー勉強会」である。今回は、EVとPHEVに急速充電を行うCHAdeMOの急速充電器に関するもろもろについて学んでみよう。

これまで50KWの出力が150KWにアップ

EV(電気自動車)は、電気を貯める電池の容量が大きければ大きいほど航続距離が長くなるというのが常識だ。ということで現在、各自動車メーカーは、こぞってその方向で新しいEVの開発を進めている。

これは、EVの航続距離の短さを嘆いていたユーザーにしてみれば、嬉しい限りの流れといえる。かなりの長距離ドライブであっても、そう頻繁に充電することなく走りきることができるようになるからだ。「大容量の電池を積んだEV、ウエルカム!」と叫びたくなる。

ただ、問題がないわけではない。電池の容量が大きなると、こんどは1回の充電に要する時間が長くなることが懸念材料としてでてきてしまう。もともとEVは充電時間が長いことも弱点のひとつとされてきたのだが、それがさらにクローズアップされる可能性がある。

これへの対処法は、いったいどうなっているのだろうか?
この問題の解決法のひとつは、急速充電器の出力を大きくするということである。すなわち、クルマ側ではなく、インフラ側の急速充電器の改良によって、充電時間の短縮を実現するというわけだ。

現在、日本を中心として国際的に展開されている急速充電器にCHAdeMO(チャデモ)という規格のものがある。従来、この出力は50KWが上限とされていたのだが、規格が改定されて、2017年から150KWという大出力のものが登場することとなった。これは、現行のEVで比較すると、充電時間が3分の1に短縮される効果がでるという。今後、電池容量の大きなEVがでてきたところで、こうした急速充電器の普及が同時に進んでいけば、それほど充電時間の長さを気にすることはないというわけだ。

《大出力化が可能となったチャデモの急速充電器》

これまでのチャデモの直流型急速充電規格は最大電圧500V、最大電流125Aだったが、2017年3月にその規格を改訂し、最大電圧500V、最大電流400Aの出力を可能とした。これにより、従来50kW であった実効充電出力を150kWまで向上させることができるようになり、充電時間も従来の約3分の1に短縮されることとなる。 ※CHAdeMO協議会の2017年3月30日のプレスリリースより

これまでのチャデモの直流型急速充電規格は最大電圧500V、最大電流125Aだったが、2017年3月にその規格を改訂し、最大電圧500V、最大電流400Aの出力を可能とした。これにより、従来50kW であった実効充電出力を150kWまで向上させることができるようになり、充電時間も従来の約3分の1に短縮されることとなる。(CHAdeMO協議会の2017年3月30日のプレスリリースより)

現時点で設置ポイント数も利用台数も世界一

ここで、CHAdeMO(チャデモ)のことを概説しておきたい。

CHAdeMOとは、CHAdeMO規格(方式)の急速充電器のことを指す。一部の人は急速充電器=CHAdeMOと捉えているようだが、急速充電器そのものの名称ではない。ちなみにCHAdeMOとは、「CHArge de MOve = 動く、進むためのチャージ」の意味であり、同時に「充電中にお茶でも」の意味も込められたネーミングだという。

CHAdeMO方式の急速充電器の電流は、普通充電器とちがい直流であるため、充電は電池と直結して行う。そのため、急速充電器には、EV側に搭載されている電池状況を監視するECU(Electronic Control Unit)から入るリアルタイムの指令値に従って電流値を調整しながら充電する機能が備わっている。すなわち、電池性能と使用環境に応じた最適・最速の充電が行える急速充電器ということができる。

《ECUと連動して充電を行うCHAdeMO方式の急速充電器》

ECUと連動して充電を行うCHAdeMO方式の急速充電器

※CHAdeMO協議会の2014年3月発行の『電気自動車用急速充電器の設置・運用に関する手引き書』より



CHAdeMOの主な歴史は以下のとおりである。

・2005年にCHAdeMO方式の急速充電器の開発がスタート。
・2010年に日本国内の自動車メーカーや充電機器メーカー、電力会社、行政などが参画してCHAdeMO協議会を設立。
・2014年にCHAdeMO方式が国際標準規格に認定。

現在、このCHAdeMO方式の充電ポイントは、1万3,918ポイント(日本7,133、ヨーロッパ4,052、アメリカ2,146、その他587)に上り、世界一の設置数となっている。そして、CHAdeMO方式の急速充電器で充電できるEVおよびPHEVも19車種に及んでおり、日産リーフが累積で販売台数がもっとも多いEVであることを考えれば、利用台数においても世界一の多さということができる。

《CHAdeMO方式準拠の車種》

CHAdeMO方式準拠の車種

※CHAdeMO協議会の2017年3月の資料より



さて、このままCHAdeMO方式の急速充電器はどんどん増えていって、世界を席巻していくことになるのだろうか?

日本発の規格ということを考えれば、そうなってほしいという思いは少なからずある。だが、いまのところそうはなりそうにない。というか、それとはまったくちがう方向で事が進みはじめている。

どういうことか? 後編では、そのあたりについて少し触れてみたい。(文:みらいのくるま取材班)

画像提供:CHAdeMO協議会

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • BookReview ⑧『まるわかりEV』~いいEVを世にだすには時間と労力がかかる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview ⑧『まるわかりEV…

    トヨタのEVシフトは満を持しての決断だった!?この本には、「EVはどういう仕組みで動くのか」といったような話はあまりでてこない。おもに、どのメーカーがきたる…

    2018.05.15更新

  • 日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフェスティバル』ルポ② 小っちゃくて静かなのに迫力満点のレース!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフ…

    ここからは、フェスティバルで行われた各レースの模様をルポする。午前中に実施された電気カート(ElectricRacingKart=ERK)のレースや市販E…

    2018.11.22更新

  • EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ②EVスーパーカーGLM G4開発コンセプト~「あえてタブーに挑戦しています!」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 …

    GLMは現在、日本初のEVスーパーカーであるGLMG4(以下、G4)を2019年にローンチすべく、鋭意開発に取り組んでいる。社長の小間裕康氏は、詳細はまだ明か…

    2018.01.17更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』④・・・「EVで旅すると電気エネルギーのありがたさが身に染みる」(寄本好則)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    EVはエコではあるがゼロエミッションではない走るときも給電するときも、EVから排気ガスはでない。しかし、完全なるゼロエミッションを達成しているのかというと…

    2018.06.26更新

  • EVキーマンに聞く/日本EVクラブ代表 舘内端 ④「街の整備工場はEVサービスの発信基地になるべきです」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/日本EVクラブ代表 …

    次世代車取扱いを目に見えるように―EV時代の到来する中で、ロータスクラブも、2016年から「次世代車取扱認定店制度」を進めています。これは全国で1600社を…

    2018.12.20更新

  • みらいのくるまルポ~『東京ロボット』:EV時代の刺激的アプローチ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    みらいのくるまルポ~『東京ロボット』:E…

    IT企業がEV開発に挑戦いま、世界中で自動車メーカー以外の企業がEV(電気自動車)の開発・販売に積極的に乗りだしている。それは日本においても同様。9月29日…

    2017.11.02更新

< 前のページへ戻る