ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.21 車検切れのクルマで事故したらどうなる?(前編)

2019年7月26日更新

【今回のやっちゃったストーリー】

地方在住のRくん(23歳・会社員)は、3年近く前にローンを組んでピカピカの新車を買った。
当初、月々の返済は無理なく払えると踏んでいたのだが、そうはならなかった。ガソリン代などの維持費が予想以上にかかったうえに、毎週末の釣りや競馬といった趣味に投じる金額がバカにならず、ローン返済はいつもギリギリの状態のなかで行わざるを得なかった。
だから、Rくんにとっては3年目に迎える車検は大きな悩みの種だった。受けなきゃいけないことはよくわかっていたが、そのための金銭的余裕がまったくなかった。
いろいろ悩み考えた末に、いったん車検期限をやりすごし、節約してお金が貯まってから車検を受けることに決めた。車検期限が過ぎてしまうと、しばらくはクルマには乗れないことになるが、せいぜい3ヵ月くらいの話。なんとかなるだろうと思った。
たしかに、最初のうちはなんとかなった。だが、2ヵ月目を迎えたころから、クルマのない生活の不便さと地味さに辟易としだした。とくに、深夜、小腹がすいて約2㎞先にあるコンビニに買い物にいくのに徒歩というのはさすがに辛かった。
ということで、Rくん、「交通量の少ない深夜だし、往復でたった4㎞だし、車検切れのクルマでいっても大丈夫だろう」というよからぬ考えをもつに至り、遂に週に2度ほど、こっそりクルマで買い物にでかけるようになった。
しかし、そうした自制心と良心の足りない愚かな行為は、まるで天罰のような悲劇を招くこととなった。
ある夜、買い物を終えて、コンビニの駐車場からクルマをバックでだそうとしていたとき、近くに停めてあったバイクに接触し、転倒させてしまったのだ。ガシャーン! 大きな損傷はなかったとはいえ、バイクのタンクは凹み、ミラーとウインカーがひとつずつ割れていた。店から慌ててでてきた持ち主は、それを見てカンカンに怒った。
「どうしてくれるんだ!」
当然、警官が駆けつける事態となった。Rくんは警官から問い詰められる前に「すみません、僕、車検切れのクルマに乗ってました」と素直に自己申告し謝罪したのだったが、それで許されるわけもなく、その後、金銭的にも社会的にもかなりの窮地に追い込まれることとなったのであった。

車検切れのクルマ≒保険切れのクルマ

Rくん、絶対にやっちゃいけないことをやってしまいました。車検切れのクルマで公道を走るのは完全なる違法行為です。発覚すれば、以下の違反が問われ、罰則が科せられることになります。

〈道路運送車両法違反〉
罰則:6ヵ月以内の懲役または30万円以下の罰金/違反点数6点

そして、車検が切れているクルマは、車検満期日から1ヵ月以上経っているとすると、自賠責保険が切れている可能性が高いので、その場合は、さらに以下の違反も問われ、罰則が科せられることになります。

〈自動車損害賠償保障法違反〉
罰則:1年以下の懲役または50万円以下の罰金/違反点数6点

状況を読み解くと、おそらくRくんも、これら二つの違反を犯していたはず。かなりの額の罰金に加え、違反点数が合計12点ということで90日間の免停処分を喰らっていることは、ほぼまちがいないところでしょう。しかも、車検が切れているということは、かなりの確率で任意保険も切れていると想定されるので、バイクを損傷させた被害者への補償も自腹ということになるでしょう。

お金がないからといって車検の有効期間満了日を見送ったのに、Rくん、いったいどうやって、それらのお金を払っていくつもりなのでしょうか? 自業自得とはいえ、その地獄さ加減に、軽くめまいを覚えてしまいます。

車検切れのクルマ=保険切れのクルマの運転、絶対にやめましょう。

Vol.21 車検切れのクルマで事故したらどうなる?(前編)
Vol.21 車検切れのクルマで事故したらどうなる?(後編)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • Vol.6 息子が自転車で人身事故を起こした。莫大な賠償金、どうしよう……〈後編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.6 息子が自転車で人身事故を起こ…

    前編では、Fさんのケースを見ながら、自転車保険の必要性について学びました。つづく後編では、ロータスがオススメする自転車保険についてご紹介します。基本、自転車保…

    2016.07.15更新

  • Vol.35 地震・噴火・津波による被害は補償されないの?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.35 地震・噴火・津波による被害…

    【今回のやっちゃったストーリー】ある日、海辺の街に住むFさん(24歳・看護師・独身)は、買ったばかりの愛車を駆って勤務先の病院へと向かっていた。「やっぱり新…

    2018.10.23更新

  • Vol.13 高速道路上でガス欠。オーマイゴッド!〈前編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.13 高速道路上でガス欠。オーマ…

    【今回のやっちゃったストーリー】運転歴20年のKさん(40歳男性・機械メーカー勤務)。クルマ関係のことは人よりもよく知っているほうだと自負している。ある寒い…

    2016.12.27更新

  • Vol.41 ハイブリッド車にジャンピングスタートの協力を頼むのはNG!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.41 ハイブリッド車にジャンピン…

    【今回のやっちゃったストーリー】Lさん(44歳)は、やり手の個人投資家。投資の稼ぎだけでけっこういい暮らしができている。ある月曜日の早朝、自宅から数㎞離れた…

    2019.05.15更新

  • Vol.14 愛車が盗まれた。保険でなんとかなる?〈中編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.14 愛車が盗まれた。保険でなん…

    車両保険に入っていれば盗難の被害は補償されるクルマが盗難されたとき、当たり前ですが、多くの人は大いに焦ります。そして、その焦りのなかのひとつに、「あれっ、…

    2017.01.30更新

  • Vol.24 玉突き事故の過失割合、どうなる?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.24 玉突き事故の過失割合、どう…

    わずかな金額で大きな安心を買うさて、Uさんの保険的悲劇に話をもどしましょう。Uさんは、補償上限額が1000万円の対物賠償責任保険を契約していました。わずかで…

    2017.11.21更新

< 前のページへ戻る