ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.10 ペダル踏みまちがえでコンビニを破壊。その莫大な賠償金、払えるのかな?〈後編〉

2019年3月26日更新

ロータスタウン_もしも_9-2

前編では、ブレーキとアクセルを踏みまちがえてコンビニを破壊してしまったJ子さんのケースを見つつ、ペダル踏みまちがい事故が若者に多いという事実を知りました。後編では、そのことを踏まえながら、クルマの対物賠償保険の契約をいかにしておくべきかについてお話します。

物損事故の賠償金は
フツーに億を超えるゾ

クルマによる物損事故はいろいろありますが、どんなものであれその賠償金は想像以上に高く、J子さんならずとも事故を起こしたほとんどの人がその額に腰を抜かします。
下の表を見てください。億を超えるのはざら。それぞれのデータが古いものばかりなので、同じような事故なら現在の金額にするともっといくことになると思うのですが、とにかく、恐ろしい額の賠償金が必要になります。

※出典:2014年3月12日付「保険毎日新聞」 /参考:保険の窓口インズウェブ

※出典:2014年3月12日付「保険毎日新聞」 /参考:保険の窓口インズウェブ



では、コンビニに突っ込んでさまざまなモノを破壊したJ子さん(本人の過失100%で店の過失は0%)が支払うべき賠償金は、いったいいくらになるのでしょうか?
破壊したモノや商品の数と、そのコンビニが通常どれくらい営業利益を上げているかによって大きく異なるのではっきりしたことはいえませんが、おそらく数千万円から1億数千万円のあいだで賠償請求がなされるものと見られます。それは当然、フツーの20歳の女子が自分で支払える額ではありません。もし対物賠償保険に入っていないとすれば、よほどの資産家でない限り、自分の給料などから一生支払いしつづけるか、自己破産するかの道しか残されていないことになるのです。まさに悲劇!J子さんが対物賠償保険に入っていることを祈るばかりです。

対物賠償保険は
賠償額が無制限のものを!

ただし、この対物賠償保険、入ってさえいればOKというものでもありません。
もういわずもがなですが、保険料を安く済ませるために賠償額の上限を数千万円程度にしていたとしたらアウトとなる可能性は大です。対物賠償保険は、やはり賠償額が無制限のものに入っておくべきなのです。

現実の加入状況はどうなっているのでしょうか?
下に示したように、現在、約94%以上もの人が賠償額が無制限のものに入っているというデータがあります。これはすばらしい傾向といえるでしょう。ただ、一方で見過ごせない事実もあります。それは、数千万円までの上限を設けている残り数%の人の多くがペダル踏みまちがい事故を起こしやすい高齢者と若者であるということ。これはかなり問題があるといえるのではないでしょうか。

※出典:2014年3月12日付「保険毎日新聞」 /参考:保険の窓口インズウェブ

※出典:2015年1月1日~3月21日の「保険スクエアbang! 自動車保険」利用者データ



※出典:2015年1月1日~3月21日の「保険スクエアbang! 自動車保険」利用者データ

※出典:2015年1月1日~3月21日の「保険スクエアbang! 自動車保険」利用者データ



一般的に経済的余裕がないとされる高齢者そして若者ということを考えれば、こうなるのは致し方ないといえる部分はあるのかもしれません。しかし、上限付きと無制限の差は年間で数百円から多くて数千円(※この数字については確認をお願いします)です。万が一のときに、わずかこれだけの差で、人生のペダルまで踏みまちがえることになるなんて切なすぎます。両者には、なんとか無制限のものに加入すべく踏ん張ってもらいたいところです。
さて、うら若きJ子さんは賠償金が無制限の対物賠償保険に入っていたのでしょうか? それがとても気になります。

ペダル踏みまちがえでコンビニを破壊。その莫大な賠償金、払えるのかな?〈前編〉
ペダル踏みまちがえでコンビニを破壊。その莫大な賠償金、払えるのかな?〈後編〉

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.42 追突事故では、後ろのクルマが100%悪いってホント?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.42 追突事故では、後ろのクルマ…

    ※本文記載の過失割合はあくまでストーリー上の参考例であり、実際の事故の際には、その状況によって過失割合は変動します。後ろのクルマが100%悪いのは信号待ちの…

    2019.06.11更新

  • Vol.80(後編)年2回の保険事故で等級が6つダウン。来年から保険料は大幅アップ!?トホホ

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.80(後編)年2回の保険事故で等…

    後編では、等級によって変動する保険料の割引率について見ていきます。自分の自動車保険の保険料が気になる方は、保険料の割引率についても大よその知識をインプットしてお…

    2023.02.09更新

  • Vol.55 ナンバープレートが盗まれてもうて、せっかくのドライブデートに行かれへん!(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.55 ナンバープレートが盗まれて…

    「盗難防止ネジ小さなネジでも大きな役割」近年、大阪府警察では「盗難防止ネジ小さなネジでも大きな役割~ナンバープレートには盗難防止ネジをつけましょう~」を…

    2020.10.29更新

  • 「もしも」コラム どんな些細な事故でも警察に一報を!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    「もしも」コラム どんな些細な事故でも警…

    今回、コラムとして紹介するのは、あるロータス店のお客さまである運送会社のドライバーAさんのリアルな体験談。どんな些細な事故でも警察に通報することの大切さがよくわ…

    2017.09.12更新

  • Vol.50 渋滞中にスマホ将棋の「ながら運転」したら、人生が詰んじゃった!(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.50 渋滞中にスマホ将棋の「なが…

    「ながらスマホ」禁止のほかカーナビにも言及ここで、2019年12月1日に施行された「ながら運転」を禁止する改正道路交通法が、具体的にどんな内容になっているの…

    2020.05.26更新

  • Vol.48 非接触事故が自損事故扱いに。ああ、オールリスクタイプの車両保険に入っておけばよかった……(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.48 非接触事故が自損事故扱いに…

    突然、カーブの向こうからセンターラインオーバーをしてきた対向車を避けようとして、愛車をガードレールにぶつけてしまったQくん。本来であれば、相手にもある程度の責任…

    2020.02.20更新

< 前のページへ戻る