ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.41 ハイブリッド車にジャンピングスタートの協力を頼むのはNG!(後編)

2019年5月15日更新

HVで救援_2

バッテリー上がりの対処法は
ロードサービスの利用が一番

さて、バッテリーが上がって愛車が動かせなかったLさんは今回、いったいどうするべきだったのでしょうか?

答えは一つです。Lさんが時間節約のためにタクシーを使って一旦帰宅するかどうかは別問題として、加入しているロードサービスを利用してバッテリーを復活させるべきでした。

ロードサービスの救援車にはさまざまな機材が搭載されていて、同乗してくるスタッフも整備のプロ中のプロ。彼らは、あらゆるクルマのトラブルに、できるだけ短時間のうちに最適な方法で対処してくれます。しかも、ほとんどのロードサービスでは、会員になっていればバッテリー上がりの救援は基本的に無料です。ことさらお金にシビアなLさんであれば、利用しない道理はなかったのです。そうせずに、二次的なトラブルおよび余計な出費を発生させてしまったのは、本当に残念なことでした……。

ということで、皆さんも、愛車のバッテリーが上がったときは、Lさんのような悲劇を防ぐ意味でも、ぜひともこうしたロードサービスの利用を最優先に考えるようにしましょう。

なかには、「たかがバッテリー上がりぐらいで救援ロードサービスを頼むなんて大げさすぎるし、申し訳ない気がする」という人がいるかも知れませんが、そんなことは微塵も思わないで大丈夫です。
JAFの一般道と高速道路でのロードサービスの出動回数は、バッテリー上がり(=過放電バッテリー)の救援が一番多い案件となっています。

◎JAFロードサービス主な出動理由 2018年度(年間、四輪)
【一般道路】
1位 過放電バッテリー 710,226件
2位 タイヤのパンク、バースト、エアー圧不足 387,862件
3位 キー閉じ込み 170,214件
4位 落輪・落込 150,780件
5位 破損/劣化バッテリー 123,488件
【高速道路】
1位 タイヤのパンク、バースト、エアー圧不足 27,043件
2位 燃料切れ 9,080件
3位 事故 5,460件
4位 過放電バッテリー 4,409件
5位 発電機/充電回路 1,779件

ロータスタウンの『クルマのことならなんでもガイド/達人に訊く(42)カーバッテリーは安心・快適なカーライフを支える「小さな巨人」です。』でも力説されているように、カーバッテリーなくしてクルマは動きません。そんな大事なカーバッテリーがダウンしてしまった以上、これは緊急事態!早急にレスキューしてもらうに越したことはありません。
(ただ、できれば、そうなる前にしっかりバッテリーケアをしておきたいものですが…)

『ロータス365サービス』で
安心・安全なカーライフを!

では、もしものトラブルの際、どのロードサービスを利用するのが一番良いといえるのでしょうか?

ロータスタウン編集部としては、やはりロータスクラブのロードサービスである『ロータス365サービス』のご利用を強くオススメしたいと思います。

『ロータス365サービス』は、『ロータスカード』会員のためのロードサービスです。ロータスカードつまり、全国1600社以上の自動車整備会社が加盟するロータスクラブが一丸となって、各ロータス店のお客さまで、なおかつロータスカードを所持されているお客さまについて、安心・安全なカーライフを担保するために立ち上げたロードサービスなのです。
自社のお客さまはもちろんですが、他のロータス店のお客さまも「仲間の会社のお客さまがお困りだから、何とかしよう!」という気持ちで対応します。言わば、“心がこもったロードサービス”なのです。ここが他のロードサービスと一番違うところではないでしょうか!

もしロータスカード会員のお客さまが、事故や故障など愛車のトラブルに遭遇した場合には、ロータスカード(裏面)に記載されているフリーダイヤルに電話連絡するだけで、24時間365日、いつでもトラブルへの対応が受けられます。



このとき、フリーダイヤルを受けたロータス365オペレーションセンターのオペレーターは、トラブル発生地点にもっとも早く対応できるロータス店に連絡し、そのロータス店のスタッフが現場に直行します。
しかも、多重会話システムが導入されているので、お客さま・ロータス365オペレーションセンターのオペレーター・ロータス店のスタッフの3者間で会話をし、現場に到着する前に救援の準備を整え、お客さまの安全のためのアドバイスなどを行うことができます。

サービス内容は、出張料無料、作業時間30分以内の軽作業(作業員一人でできる範囲)は無料、トラブル地点から15kmまでのけん引料無料など、国内最高レベルの充実度になっています。
また、お客さまがロータスカード会員で、かつJAF会員の場合はJAF会員重複サービスとなり、現場作業60分・けん引30kmまでが無料になります。

それから、『ロータス365サービス』はロータスカード会員のお客さまに付帯しているサービスなので、自分のクルマでなく友人のクルマの運転中や同乗中、レンタカーを運転中といった状況でのトラブル発生にも(本人が立ち会うことができれば)サービスをうけることができます(これは、家族会員でも同様です)。

ハイブリッド車にジャンピングスタートの協力を頼むのはNG!(前編)

ハイブリッド車にジャンピングスタートの協力を頼むのはNG!(後編)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.46 若い息子の自動車保険料を安くする『等級の引き継ぎ』という“奥の手”!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.46 若い息子の自動車保険料を安…

    【今回のうまくいっちゃったストーリー】けっこう二枚目のOくん(19歳)は、ちょっと前まではあまり褒められない生活をしていた。高校を卒業してから進学も就職もせず…

    2019.10.24更新

  • Vol.59 借りたキャンプ道具が焚き火で全焼。そんな「もしも」を保険でカバーできるの!?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.59 借りたキャンプ道具が焚き火…

    借り物の損壊も対象にする個人賠償責任補償特約が増加中これまで、自動車保険などに付帯する個人賠償責任補償特約(個人賠償責任特約)は、うっかり事故の賠償責任は補…

    2021.02.25更新

  • Vol.42 追突事故では、後ろのクルマが100%悪いってホント?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.42 追突事故では、後ろのクルマ…

    ※本文記載の過失割合はあくまでストーリー上の参考例であり、実際の事故の際には、その状況によって過失割合は変動します。後ろのクルマが100%悪いのは信号待ちの…

    2019.06.11更新

  • 運転中に大地震に遭ったら、車検証を持って避難しよう!(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    運転中に大地震に遭ったら、車検証を持って…

    前編のストーリー中でふれているように、地震・噴火・津波による車両の損傷は、自動車保険(車両保険)の補償の対象になりません。ただし、「被災時にクルマを盗難された」…

    2022.09.22更新

  • Vol.24 玉突き事故の過失割合、どうなる?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.24 玉突き事故の過失割合、どう…

    【今回のやっちゃったストーリー】節約&貯金が趣味のUさん(26歳・会社員)。「塵も積もれば山となる」という言葉が大好きで、なにか買い物をするときは、ほんの数円…

    2017.11.21更新

  • Vol.59 借りたキャンプ道具が焚き火で全焼。そんな「もしも」を保険でカバーできるの!?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.59 借りたキャンプ道具が焚き火…

    【今回のやっちゃったストーリー】「お父さん、キャンプ行こうよ」Bさん(会社員・38歳)の小学校5年生の長男は、最近のキャンプブームに影響されてか、たびたびこ…

    2021.02.25更新

< 前のページへ戻る