ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.87(前編)草刈機の飛び石で他人のクルマを傷つけてしまった!修理代どうしよう!

2023年12月2日更新

もしも_草刈機事故_1

【今回のやっちゃったストーリー】

「自宅から通える都市部の大学に行きなさい。地方の大学に行くなら、学費と多少の食費は出すにしても、家賃までは出さないからな」

東京育ちのEくん(18歳)は、かねてより父にこういわれていた。しかし、あえて遠くの県にある大学に進学した。口うるさい父と離れて暮らしたかったし、家賃ぐらいならアルバイトすればなんとかなると楽観していた。

実際、半年間はなんとかなった。勉学の合間の家庭教師のバイトだけで、地方の安いアパートの家賃は余裕で支払えた。潤沢な仕送りがある他の学生たちのような贅沢はできなかったものの、自立している感覚を覚え、充実した日々を送っていた。

しかし、そんなある日、思わぬ悲劇がEくんを襲う。

アパートに隣接する大家さんの家には広い庭があったのだが、暑い夏を経て草ぼうぼうの状態になっていた。そこにはEくんが嫌いな虫や蛇、ネズミが多く棲息しており、ときにそれらはアパートにまで侵入してきていた。大家さんに草刈りを進言したいところだが、大家さんは腰痛持ちの後期高齢者。そう簡単には草刈りができない状態にあった。

そこでEくんは、日ごろからお世話になっている大家さんを助けるという名目を立て、「僕がなんとかします」とボランティアでの草刈りを申し出た。

大家さんは相好を崩して「そりゃ助かる。納屋に手持ちで使えるエンジン式の草刈機があるから、それを使っておくれ。終わったら、晩ご飯ごちそうするよって」と言い、Eくんの申し出を受け入れた。

納屋にあった草刈機はギザギザの刃がある円形の鋼鉄がむき出しで回る剣呑な代物。最初は怖々使っていたが、どんなに腰が引けていても気持ちよく雑草が刈れるので、だんだん楽しくなり、作業の速度はどんどん上がっていった。

だが、庭の半分の雑草を刈り終えたあたりで、誤って草刈機の刃を地面に当て、「カーン」と大きめの小石を弾いてしまう。すると、あろうことか、その小石はアパートの駐車場にあるクルマのところまで飛んでゆき駐車していたクルマのリアのウインドウに当たった。「パシンッ!」。ウインドウガラスは小石の当たった部分からひび割れると、ガラスがバラバラと散った。そのクルマは、親の仕送りで優雅に暮らす学生の持ち物だった。

「あわわわ」

クルマの所有者である学生からは大いになじられることに……。後日、修理代の見積もりが10万円以上と伝えられ、しかも修理後すぐの支払いを要求された。

当初Eくんは、バイトの稼ぎの余剰分を貯めて修理代に当てようかと考えていたが、そうはいかないようで、ほとほと困り果てた。

「ああ、どうしよう」

結局、Eくんは父に電話を入れて金を無心することにした。

「後で必ず返すから、とりあえずクルマの修理代を貸してもらえると助かるんだけど……」

Eくんは、父からの小言もしくは叱責を覚悟していた。だが、話を聞き終わった父は、一拍おいて穏やかにこう言った。

「心配しないでいい。俺の自動車保険の特約の個人賠償責任保険でなんとかなる。お前は一銭もお金を出す必要はない。今までどおり勉強とアルバイトを頑張り、お前なりの充実した学生生活を続けなさい」

個人賠償責任保険がどんな保険なのかは知らなかったが、どうやら父は、地方に行った息子のことをちゃんと考えてくれていた模様。Eくんは目に涙を浮かべて、「ありがとう」と心の底からの一言を告げて電話を切ったのであった。

幅広い補償で
コスパが抜群

日常のさまざまなシーンでうっかり他人の物を壊したり他人をケガさせてしまったりしたときには、損害賠償の責任が発生します。

「個人賠償責任保険」は、その損害賠償に必要なお金が、契約時に決めた保険金額(1事故につき1億円、3億円、無制限など)を限度として出る保険です。

この保険、幅広い補償がありコスパは抜群。

後編で詳述しますが、実にさまざまな事故・トラブルの損賠賠償が補償の対象になります。また、補償を受けられる対象者が契約者のみでなく、一部例外を除いて家族全体に及びます。

そして、そのわりに保険料は安く、大手損害保険会社の自動車保険に特約として付帯するならば年2,400円程度(※あくまでも目安です)です。

加入も簡単。自身が契約している自動車保険や火災保険の特約として付帯できるだけでなく、単独での契約も可能です。

草刈機の飛び石で他人のクルマを傷つけてしまった!修理代どうしよう!(前編)

草刈機の飛び石で他人のクルマを傷つけてしまった!修理代どうしよう!(後編)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.74(前編)交通事故の過失割合が9対0に。そういう決着もアリなの!?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.74(前編)交通事故の過失割合が…

    【今回のやられちゃったストーリー】「なんで、そうなるのよ!」保険会社から電話で「事故の過失割合は9対1」と伝えられた後、Qさん(40歳・会社員)は天を仰いで…

    2022.08.23更新

  • Vol.36 踏切内で電車と事故したら数億円の賠償が必要?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.36 踏切内で電車と事故したら数…

    一般的な事例では多額の損害賠償が発生ところで、Gさんは罪に問われ、罰を受けるのでしょうか?Gさんの起こした事故は、違法行為による事故ですので、大きく分ける…

    2018.12.06更新

  • Vol.77(前編)カーシェアの車両返却時にうっかりミス。高額なペナルティ料金にビックリ!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.77(前編)カーシェアの車両返却…

    【今回のやっちゃったストーリー】都内に住むTさん(61歳)は、定年後、同じ会社で契約社員として働いている。貯金はそこそこある。だが、先の長いセカンドライフのこ…

    2022.11.24更新

  • Vol.83(後編)キャンプ用のナイフを車内に置いていたら、銃刀法違反に問われてしまった!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.83(後編)キャンプ用のナイフを…

    前編で紹介した「キャンプ用ナイフの携帯が銃刀法違反に問われる可能性がある」という報道は、キャンプブームや車中泊ブームによって、刃物類の取り扱いについて無意識・無…

    2023.06.22更新

  • Vol.49 保険料を安くするためにレンタカーの特約をはずしたら「もしも」の事態で大出費!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.49 保険料を安くするためにレン…

    【今回のやっちゃったストーリー】一人息子が就職して離れた街で暮らすようになったのを機に、Rさん(48歳・会社員)は、長年の夢だった“夫婦二人だけの穏やかな田舎…

    2020.04.23更新

  • Vol.86(後編)ひき逃げの身代わり出頭を妻に頼んだが……それがバレてしまった!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.86(後編)ひき逃げの身代わり出…

    前編のストーリーで、自分が起こした事故なのに当事者としての義務をまったく果たさず、妻のD子さんに身代わり出頭をさせたCさん。このCさんとD子さんは、どのような罪…

    2023.10.12更新

< 前のページへ戻る