ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.66 自動車保険の等級が高いドライバーなら、保険の長期契約はオススメかも!?(後編)

2021年9月27日更新

自動車保険長期契約 2

徐々に普及し始めている自動車保険の長期契約。前編では、契約期間中の等級が維持されるということを確認しましたが、そのメリットはいま一つ不明瞭でした。後編では、もう一歩踏み込んで見ていきましょう。

事故を起こしても
契約期間中は等級が同じ

自動車保険の長期契約を結ぶことによるメリットは、主に次の二つが挙げられます。

【長期契約の主なメリット】
①「契約期間中は事故を起こして保険を使っても等級が下がらない=保険料がアップしない」
②「1年ごとの面倒な契約更新作業が不要となる」

「契約期間中に事故を起こして保険を使っても等級が下がらない=保険料がアップしない」というメリットは、長期契約における「等級の進み方」に由来するものです。ここに、16等級で1年契約と長期契約の3年契約を行い、事故を起こしてしまった場合の等級の推移を図示しますのでご覧ください。

1年契約と3年契約の比較(1)

図に描かれているように、それぞれの等級は次のようになります。

【1年契約】
1年契約の場合は、翌年の契約で3等級下がります。図では、最初の契約年度に16等級であったところから、翌年に13等級になっています。そして、その後は無事故であれば毎年1等級ずつ上がります。

【3年契約】
3年契約の場合は、事故があっても契約期間の3年間は同じ等級のままです。そして、3年経過後の契約更新にあたって、次の計算式による計算を行い等級が変化します。図では15等級になります。
等級+{契約年数-(3等級ダウン事故件数+1等級ダウン事故件数)}-(3等級ダウン事故件数×3+1等級ダウン事故件数×1)

2つの契約では事故を起こした年を1年目としたとき、4年目の契約での等級はともに15等級となりますが、1年契約の場合には事故翌年の3等級ダウンとそれによる保険料アップなど(その翌年の保険料は下がりますがまだ高い)のダメージがあります。

それに対し、3年契約の場合は、「契約期間中は事故を起こして保険を使っても等級が下がらない=保険料がアップしない」というメリットを享受することができるというわけです。

自動車保険の長期契約を結ぶことによるメリットは、前述したように、「1年ごとの面倒な契約更新作業が不要となる」という点もありますが、最大のメリットは「契約期間中は事故を起こして保険を使っても等級が下がらない=保険料がアップしない」であると言ってよいでしょう。

契約期間中に事故2回だと
ちょっと微妙かも!?

ただし、あらゆるケースでお得かというと、そうとも限りません。

まず、等級の低い人(もともと保険料の等級割引が少ない人)が長期契約を結んでも、あまり保険料を抑えることには繋がらないという事実があります。一般的に等級が低い状態にある若い人たちは、長期契約を結ぶより、まずは1年契約で無事故を続け、毎年1等級ずつアップして等級割引を増やしていくのが得策です。

また、長期契約期間中に事故を2回起こして両方とも保険を使った場合は、1年契約よりも3年契約の場合の方が(3年契約終了後の次回契約タイミングで)等級が下になってしまうという場合があります(前出の計算式に図の数字を入れてみてください)。もちろん、契約期間中は等級を維持することができるので、その間の保険料比較では長期契約の方が有利であることに変わりはありません。ただ、事故1回の場合ほどには「メリット大!」といえない感じが漂います。

1年契約と3年契約の比較(2)

長期契約にしてもやはり「無事故」が大前提なのです。そのうえで、「万が一」の事故を1回起こしてしまったとしても、それをヘッジしてくれるのが長期契約である……そういう解釈が妥当なのではないでしょうか。

長期契約の検討は、以上をインプットし、自分自身の運転者としての条件(等級など)やクルマの使用状況などをよく吟味することが大事です。

さて、あなたは長期契約向きですか? それとも1年契約向きでしょうか?

気になる方は、ぜひ一度、自動車保険の長期契約を取り扱っているロータス店にご相談ください。

自動車保険の等級が高いドライバーなら、保険の長期契約はオススメかも!?(前編)

自動車保険の等級が高いドライバーなら、保険の長期契約はオススメかも!?(後編)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 【番外編】緊急脱出の準備、できていますか!? JIS適合の「消棒RESCUE」が頼りになるワケ(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    【番外編】緊急脱出の準備、できていますか…

    新しい「消棒ライフセーバー」は軽自動車ユーザーがターゲット「消棒RESCUE」の高性能さはとにかく群を抜いている。コンパクトな消火機能付きの緊急脱出支援用具…

    2018.04.25更新

  • Vol.7 もらい事故の被害者なのに、納得できない補償の提示が。キーッ!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.7 もらい事故の被害者なのに、納…

    今回のやっちゃったストーリードーン!前方不注意のクルマが、信号待ちで停車していたGさん(25歳女性・会社員)のクルマに追突してきた。車両後部はグチャグチャに…

    2016.08.19更新

  • Vol.35 地震・噴火・津波による被害は補償されないの?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.35 地震・噴火・津波による被害…

    神の仕業による被害に補償はでないさて、ここから災害による被害に対する自動車保険の補償の話です。Fさん、地震の際の行動の取り方は見事でしたが、残念ながら、自…

    2018.10.23更新

  • Vol.46 若い息子の自動車保険料を安くする『等級の引き継ぎ』という“奥の手”!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.46 若い息子の自動車保険料を安…

    【今回のうまくいっちゃったストーリー】けっこう二枚目のOくん(19歳)は、ちょっと前まではあまり褒められない生活をしていた。高校を卒業してから進学も就職もせず…

    2019.10.24更新

  • Vol.40 高速道路での落下物事故。えっ、自分も修理代を払うの?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.40 高速道路での落下物事故。え…

    前編のストーリーにあるように、高速道路で思わぬ落下物事故に遭遇してしまったKさん。ストーリー後半で、保険会社から「フロントガラスや車体の修理代について全額相手持…

    2019.04.23更新

  • Vol.67 身内のモノを壊したときは、対物保険で補償されないの!?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.67 身内のモノを壊したときは、…

    【今回のやっちゃったストーリー】新婚ホヤホヤのJさん(26歳・会社員)は、ある日、クルマに若妻を乗せ、隣県にある彼女の実家へと向かった。60歳になった義父の還…

    2021.10.26更新

< 前のページへ戻る