ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.62 タイヤ切り裂き事件勃発!なのに、なぜ車両保険で補償されないの?(後編)

2021年5月27日更新

もしも_タイヤ切り裂き_2

パンクなどタイヤ単独での損害は車両保険の対象外であり、これは「誰かが悪意を持って行ったいたずらによるパンク」についても同様です。ただ、どんな場合でもタイヤは車両保険の補償の対象外かと言えばそうではなくて例外もあります。

「他の部分と同時の損害」なら
タイヤも補償の対象となる

車両保険でタイヤの損害が補償されるのは、どういう場合なのでしょうか?

実は、前編でご紹介した「タイヤまたはタイヤのチューブに生じた損害は補償対象外」との旨を記した自動車保険の約款には、以下のような但し書きがあります(記述は保険会社によって異なります)。

「ただし、ご契約のお車の他の部分と同時に損害を被った場合または火災もしくは盗難によって損害が生じた場合を除きます」

タイヤがクルマのボディなどと同時に損害を受けた場合や火災、盗難による損害を受けた場合は、タイヤも補償の対象として浮上してくるのです。

例えば、クルマ同士の事故で自車のフロント部分などが破損したのと同時に前輪も破損したという場合や、側溝などに脱輪した自損事故でタイヤが破損したが同時にボディやバンパーなどに損傷があったという場合などがその例となります。

前編に掲載したストーリーのような、「いたずら」による損害でも同様です。いたずらの犯人がタイヤを切り裂いたときに、ボディやウィンドウなども傷つけていたとしたら、そのことによってタイヤも車両保険の補償対象となるのです。

それから火災と盗難……例えば、家屋が火事となりそれは引火してタイヤが燃えてしまったというような場合や、夜間に何者かにタイヤをはずされて盗まれてしまったというような場合は、車両保険の補償対象となります。

一つだけ注意事項を加えるならば、そのタイヤが非常に高額なブランドであったとしても、「購入時の金額が補償されるわけではない」ということは頭に入れておいてください。ケース・バイ・ケースですが、当該タイヤの時価額であったり、そのクルマの純正品の価格などをもとにした保険金が支払われることが多いようです。

車両保険に免責金額が
判断を迷わすかも!?

ところで、クルマの一部とタイヤが損傷した場合、「では、車両保険を使おう」と即断即決……とはならないかもしれません。

というのは、車両保険を「免責なし」でかけている方もいらっしゃるでしょうが、「1回目事故について免責5万円、2回目事故以降は免責10万円」といった条件を付けている方が多いと思います。

例えば、自損事故でボディの側方の一部が損傷し、タイヤがパンクしたとします。この事故が1回目の事故であり、修理費やタイヤ代の総額10万円だったとすると、免責5万円なので車両保険を使っても残りの5万円は自費で出さなければなりません。しかも、自損事故ですから翌年の自動車保険の契約は3等級ダウンになり、保険料がかなりアップします。

ちなみに、前編のストーリーで仮にボディの一部に傷があってパンクしたタイヤも車両保険の補償範囲内ということになった場合、これはいたずら被害なので翌年の自動車保険の契約は1等級ダウンです。それでも、もし修理費とタイヤ代の総額が数万円で、被害者のEさんの車両保険が免責5万円だとしたら、やっぱりEさんは車両保険を使わない可能性大ではないでしょうか(犯人から損害賠償と慰謝料を思いっきりぶんどって、そこから支払うかもしれませんね)。

クルマの事故の修理などには、こうした微妙な判断を求められることがいろいろあります。そういうとき、自動車保険のことはもちろんクルマのこともよくわかっているロータス店のような自動車整備工場で相談して対応を決めることを、手前味噌ですがオススメします。

「ロータス店で自動車保険」……もしものときに、きっと「よかった!」となる選択です!

タイヤ切り裂き事件勃発!なのに、なぜ車両保険で補償されないの?(前編)

タイヤ切り裂き事件勃発!なのに、なぜ車両保険で補償されないの?(後編)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.61 保険の「使用目的」の変更を知らせないままだと、万が一のときに補償されない!?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.61 保険の「使用目的」の変更を…

    【今回のやっちゃったストーリー】「ホウレンソウを忘れるな」中堅企業の総務部長であるDさん(40歳)は、いつも部下に対してこう言い聞かせている。かつて自分も上…

    2021.05.13更新

  • Vol.11 他人のクルマで事故したときは、だれの保険を使うべき?〈後編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.11 他人のクルマで事故したとき…

    保険空白状況もあり得るたとえば、上司が保険に年齢条件(たとえば26歳以上補償)を付けるか、本人と家族だけに限定した運転者限定特約を付けていたとします。そして、…

    2016.11.14更新

  • Vol.49 保険料を安くするためにレンタカーの特約をはずしたら「もしも」の事態で大出費!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.49 保険料を安くするためにレン…

    【今回のやっちゃったストーリー】一人息子が就職して離れた街で暮らすようになったのを機に、Rさん(48歳・会社員)は、長年の夢だった“夫婦二人だけの穏やかな田舎…

    2020.04.23更新

  • Vol.10 ペダル踏みまちがえでコンビニを破壊。その莫大な賠償金、払えるのかな?〈前編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.10 ペダル踏みまちがえでコンビ…

    【今回のやっちゃったストーリー】免許取り立てJ子さん(20歳学生)。初の休日ドライブの帰りに、とんでもないことをやらかした。休息のために立ち寄ったコンビニの…

    2016.09.30更新

  • Vol.55 ナンバープレートが盗まれてもうて、せっかくのドライブデートに行かれへん!(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.55 ナンバープレートが盗まれて…

    「盗難防止ネジ小さなネジでも大きな役割」近年、大阪府警察では「盗難防止ネジ小さなネジでも大きな役割~ナンバープレートには盗難防止ネジをつけましょう~」を…

    2020.10.29更新

  • 【番外編】緊急脱出の準備、できていますか!? JIS適合の「消棒RESCUE」が頼りになるワケ(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    【番外編】緊急脱出の準備、できていますか…

    水没や衝突の事故で乗員がクルマからでられなくなることがある。その缶詰状態から脱出を図るためには緊急脱出支援用具(通称:緊急脱出用ハンマー)が必要だ。しかし、どれ…

    2018.04.25更新

< 前のページへ戻る