ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.62 タイヤ切り裂き事件勃発!なのに、なぜ車両保険で補償されないの?(前編)

2021年5月27日更新

もしも_タイヤ切り裂き_1

【今回のやっちゃったストーリー】

肉食系女子のEさん(32歳・自営業)は、つい最近、半年ほど付き合っていた7歳年下の男性を振った。もっと魅力的な同年代の男性が現れたので、そっちに乗り換えることにしたのだ。
一瞬、同時進行で2人と付き合うことも考えた。だが、先に付き合っていた年下男性に嫉妬深く粘着質なところがあったので、いろいろ面倒が起こる予感がし、思い切って関係を断ち切る道を選んだ。別れを切り出したときは、相手はなかなか受け入れなかったものの、「実は新しく好きな人ができたの。もう諦めて」と告げると、がっくりと肩を落とし、恨みがましい目をしながら別離を承諾した。
その1週間後の週末、Eさんは愛車で新しい恋人のマンションに赴くことにした。そこで彼と甘いひとときを過ごすつもりだった。
ところが、いざ駐車場に行ってみると、愛車の左側前輪のタイヤがパンクしているのに気づいた。よく見れば、タイヤのサイドウォールが鋭利なもので切り裂かれている。何者かによる悪意あるいたずらと思われた。
Eさんはすぐに警察に通報した。現場に駆けつけた警官は「これは明らかにいたずら目的ですね」と言った。そして周囲を検分した後「ほかのクルマには被害がないから、Eさんの愛車のタイヤだけを狙った可能性がある。何か思い当たる節はありますか?」と聞いてきた。Eさんは、振ったばかりの年下男性のことが思い浮かんだので、控えめに「もしかしたら……」と言いつつ、彼のことを伝えておいた。
その日、Eさんは新恋人のマンション行きを取りやめにした。恐れをなしたからではない。自動車保険のロードサービスを使って愛車を馴染みのディーラーに入庫させ、すぐにタイヤ交換と補償の話をしたかったからだ。
ディーラーに到着早々、Eさんは担当者に被害の状況を話し、こんな質問をぶつけた。
「いたずらによるパンクでタイヤ交換。これって、車両保険で補償されるのよね?」
担当者は、眉間に皺を寄せながらこう答えた。
「誠に残念ですが、タイヤ単独の被害は車両保険では補償されません。走行中のパンクはもちろん、いたずらによるパンクも対象外なんです。納得できないお気持ちはよくわかります。でも、これは保険の約款で決められていることなので、どうにもなりません……」
Eさんは愛車にされたいたずらに加えて、融通の利かない保険のルールにも腹が立って仕方なかった。やむを得ず自分のカードでタイヤ交換代を支払ったが、「犯人が捕まったら目に物見せてやる」と決意を胸に刻んだのだった。
そのまた1週間後のこと。今度は予定どおり新しい彼のマンションを訪ね、玄関のドアを開けたタイミングで、Eさんあてに警察から犯人逮捕の報せが入った。思ったとおり、元彼が犯人だった。Eさんのマンションの駐車場に駐車しているクルマの中に、常時録画タイプのドライブレコーダーを搭載しているクルマがあり、犯行の模様が録画されていたのが逮捕の決め手となったようだ。
Eさんは、その報せを聞いて鬼の形相となった。そして、玄関に出迎えた新しい彼の目を見つめながらこう叫んだ。
「あいつから損害賠償と慰謝料を思いっきりぶんどってやるわよ!」
新しい彼は、彼女に同調してニッコリしたが、背筋が寒くなるのを感じてもいた。

自動車保険の約款でも
タイヤは対象外と明記

Eさんの今後が気になりますが……、今回の本題である車両保険とタイヤのパンクの関係について見ていくことにしましょう。

まず、シンプルに「いわゆる一般的なタイヤのパンクについて、車両保険の補償範囲か?」ということを考えてみたいと思います。タイヤのパンクを経験された方はおわかりでしょうが、これは「補償範囲外」です。

自動車保険の約款には、多くの場合「タイヤまたはタイヤのチューブに生じた損害」に対しては「保険金を支払いません」と書かれています。

そもそもタイヤは、常に地面に接して摩耗し、劣化し続ける消耗品です。使い続ければいつかは走行に適さない状態になり、それでも使い続ければパンクしたり、バーストしたりする可能性が高まります。こうしたリスクについてはクルマのオーナーが、日常点検や定期点検でリスク回避を図るべきであり、車両保険としてはカバーしていないというわけです。

いわゆる一般的なタイヤのパンクが車両保険の対象外であることから、誰かが悪意を持って行ったいたずらによるパンクについても、基本的に車両保険の対象外という扱いになります。

ただし、これはタイヤだけが損害を被った場合の話。そうでない場合は、タイヤも補償されることがあります。後編では、そのあたりについて解説します。

タイヤ切り裂き事件勃発!なのに、なぜ車両保険で補償されないの?(前編)

タイヤ切り裂き事件勃発!なのに、なぜ車両保険で補償されないの?(後編)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.29 ドラレコで交通社会の悪から身を守ろう!(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.29 ドラレコで交通社会の悪から…

    保険業界初のドラレコ特約「ドライブエージェントパーソナル」東京海上日動火災保険株式会社は、2017年の4月から、自社の自動車保険契約者を対象にした『ドライ…

    2018.03.28更新

  • Vol.71(前編)“ヤドカリ型カーライフ”に便利な「ドライバー保険」。だけど、車両保険は付いていない!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.71(前編)“ヤドカリ型カーライ…

    【今回のやっちゃったストーリー】東京都内の有名私立大学に通うN君(21歳)は大の自動車好き。最低でも週に2回はクルマやバイクを運転している。週末のドライブデー…

    2022.04.07更新

  • Vol.76(後編)もらい事故で特殊な色のボディが傷つけられた。全塗装を求めたが……。

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.76(後編)もらい事故で特殊な色…

    もらい事故でボディが傷つけられたなどの事態となった場合、その補償について、相手方の契約する保険会社と交渉するパターンが一般的です。そして、前編のストーリーのよう…

    2022.10.27更新

  • Vol.5 車道で自転車に接触しちゃった。どんな場合もクルマ側の過失が大きいの?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.5 車道で自転車に接触しちゃった…

    今回のやっちゃったストーリーEさん(50歳男性・会社員)は運転歴30年。これまで壁をこする小さな自損事故を起こすことはあったし、駐車違反やちょっとしたスピー…

    2016.06.14更新

  • Vol.88(前編)社用車を私用で使って物損事故。その損害賠償責任は誰にあるの?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.88(前編)社用車を私用で使って…

    【今回のやっちゃったストーリー】Fくん(22歳)は、小さな広告会社の新人営業マン。会社の社員は8名で、やることが多い割に給料は安かった。だけど、好きな仕事だ…

    2023.12.26更新

  • Vol.85(後編)ワインを飲んだ後にママチャリで走っていたら、警官に呼び止められて……えっ!?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.85(後編)ワインを飲んだ後にマ…

    高い比率を占める自転車の交通事故今年の8月末、「警察庁が自転車の酒気帯び運転に対して罰則を設けることを検討している」というニュースが流れました。これまで、前…

    2023.09.14更新

< 前のページへ戻る