ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』に残る、明治時代に建てられた大蚕室が映画ミュージアムに変身!庄内ロケ作品を中心にさまざまな映画のセットや大道具・小道具からポスター・カードなどまで約1000点を展示。『庄内映画村資料館』

2019年3月26日更新

山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』は、元は広大な原生林で、1871年(明治5年)に約3000人の旧庄内藩士が58日間で切り拓いた場所です。2年後には、この地で養蚕業が始まり、10棟の大蚕室が次々に作られました。現在も5棟の大蚕室が残っていて、いずれも、2017年(平成29年)に『日本遺産』に認定されています。1番蚕室が『松ヶ岡開墾記念館』となっているほか、各蚕室は観光施設として活用されており、5番蚕室が『庄内映画村資料館』となっています。

資料館_外観

作家・藤沢周平の故郷として知られる鶴岡市。『庄内映画村資料館』は、藤沢文学の『蝉しぐれ』が映画化されたことをきっかけとして誕生しました。庄内ロケ作品を中心にさまざまな映画のセット、衣装や大道具・小道具、名作洋画・邦画のポスター(立看・大判・半裁・スピード)、ロビーカード、プレスシート、シネマドール(フィギュア・ソフビ)など、総展示数1000点を越すボリュームです。

おもひで映画館コーナー

おもひで映画館コーナー



シネマドール

シネマドール



昔あそびコーナー

昔あそびコーナー



館内に入ると、1階には映画撮影に使われた御所車や人力車があり、カツラや着物、甲冑、小道具などを付けて、時代劇気分で記念撮影を楽しむことができます。庄内でロケが行われた映画『おくりびと』で使用された棺桶が展示されていて、なんと中に入ってもOKです。

御所車

御所車



資料館_御所車2

おくりびと棺桶

おくりびと棺桶



資料館_おくりびと棺桶2

1Fミニシアター

1Fミニシアター



読書コーナーには、映画にかかわる書籍や台本などがずらり。また、京都の太秦撮影所で実際に使われていた撮影機材など、歴史ある品々も多数展示されています。

資料館_機材等
2階には、三池崇史監督作品『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』の“平家のアジト 赤の宿坊”のセットや、冨樫森監督作品『おしん』の“山小屋”のセットを再現。撮影現場に入り込んだような気分が味わえます。
館内には3つのミニシアターがあり、それぞれ異なる映像を放映。プロモーション映像や特別ダイジェスト版、昭和のニュース映像など貴重なものも多く、必見です。

ジャンゴ室内セット

ジャンゴ室内セット



おしん室内セット

おしん室内セット



おしん小道具

おしん小道具



2Fミニシアター

2Fミニシアター



名作映画の上映などを行う『企画展』は、季節により内容を変えて開催されているので、何度足を運んでも楽しめそうです。

企画展

企画展



展示物について、より詳しく知りたい人は、館内ガイド(要予約:1500円)に案内してもらうのがおすすめ。1名から受け付けているので、利用してみてはいかがでしょう。
松ヶ岡開墾場の他の施設もそれぞれに充実。『松ヶ岡開墾記念館』では、開墾の歴史と共に、鶴岡市がシルクの一大産地となったルーツも知ることができます。

松ヶ岡開墾場

松ヶ岡開墾場



しばし現実を忘れて、映画の世界を感じたり、歴史に思いを馳せたりしてみませんか。

詳細情報

名称 庄内映画村資料館
住所 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29
電話 0235-62-2080・(予約専用)0235-62-2134
営業時間 3月中旬~11月:午前9時~午後5時、【冬期予約見学期間】12月~3月中旬:午前10時~午後3時 ※冬期は3日前までに予約が必要 ※入館は閉館の30分前まで
休館日 年末年始
料金 高校生以上:500円、小・中学生:200円、幼児:無料
駐車場 約40台
アクセス 山形道庄内あさひICより20分、山形道鶴岡ICより25分
ホームページ http://www.s-eigamura.jp/html/museum.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 山居倉庫(庄内米歴史資料館、酒佃夢の倶楽)

    ロータスな旅 > 東北

    山居倉庫(庄内米歴史資料館、酒佃夢の倶楽…

    山居倉庫(さんきょそうこ)は、1893(明治26)年に旧庄内藩藩主酒井家によって建てられた米保管倉庫で、米どころ庄内のシンボル的な存在です。ケヤキ並木で陽射し…

    2016.03.04更新

  • “まほろばの里”山形県高畠町に1990年に創業した、観光も楽しめるワイナリー『高畠ワイナリー』

    ロータスな旅 > 東北

    “まほろばの里”山形県高畠町に1990年…

    山形県高畠町は、南は福島県、東は宮城県に隣接する自然豊かな町です。古くから“まほろばの里”(まほろばとは、丘や山に囲まれた住み良い所という意味)と呼ばれ、人々の…

    2017.09.12更新

  • フタバスズキリュウに代表される化石と常磐炭田の採掘の歴史という、いわきの“地の文脈”を再確認する『いわき市石炭・化石館 ほるる』

    ロータスな旅 > 東北

    フタバスズキリュウに代表される化石と常磐…

    1968(昭和43)年、福島県いわき市大久町入間沢の川岸に露出していた地層の中から、当時高校生だった鈴木直さんによって発見されたフタバスズキリュウ(学名フタバサ…

    2018.01.31更新

  • 赤瓦をまとった日本で唯一の天守閣は独特の存在感を放つ。さまざまな感慨を呼び起こす、会津の歴史を伝える『鶴ヶ城』

    ロータスな旅 > 東北

    赤瓦をまとった日本で唯一の天守閣は独特の…

    福島県会津若松市の『鶴ヶ城』は、『若松城』、『会津若松城』、『黒川城』と複数の呼び名を持つ、会津の歴史を伝える城です。1384(至徳1)年、蘆名氏第7代当主の…

    2020.10.13更新

  • 青森県十三湖の滋味豊かなしじみをたっぷり味わえる『しじみラーメン』を味わうなら、やはり発祥のお店『和歌山』で。しかも、大サイズのしじみが入った『特製しじみラーメン』がオススメ

    ロータスな旅 > 東北

    青森県十三湖の滋味豊かなしじみをたっぷり…

    津軽半島の北西部に位置する、周囲約30kmの『十三湖(じゅうさんこ)』。名の由来は、「13の川が流れ込んでいるから」、「近くに13の集落があったから」など諸説あ…

    2019.09.10更新

  • 仙台場外市場 杜の市場

    ロータスな旅 > 東北

    仙台場外市場 杜の市場

    仙台市中央卸売市場に隣接した「仙台場外市場・杜の市場」は、地元の人や観光客も気軽に立ち寄れる場外市場として親しまれています。震災直後の2011(平成23)年5月…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る