ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』に残る、明治時代に建てられた大蚕室が映画ミュージアムに変身!庄内ロケ作品を中心にさまざまな映画のセットや大道具・小道具からポスター・カードなどまで約1000点を展示。『庄内映画村資料館』

2019年3月26日更新

山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』は、元は広大な原生林で、1871年(明治5年)に約3000人の旧庄内藩士が58日間で切り拓いた場所です。2年後には、この地で養蚕業が始まり、10棟の大蚕室が次々に作られました。現在も5棟の大蚕室が残っていて、いずれも、2017年(平成29年)に『日本遺産』に認定されています。1番蚕室が『松ヶ岡開墾記念館』となっているほか、各蚕室は観光施設として活用されており、5番蚕室が『庄内映画村資料館』となっています。

資料館_外観

作家・藤沢周平の故郷として知られる鶴岡市。『庄内映画村資料館』は、藤沢文学の『蝉しぐれ』が映画化されたことをきっかけとして誕生しました。庄内ロケ作品を中心にさまざまな映画のセット、衣装や大道具・小道具、名作洋画・邦画のポスター(立看・大判・半裁・スピード)、ロビーカード、プレスシート、シネマドール(フィギュア・ソフビ)など、総展示数1000点を越すボリュームです。

おもひで映画館コーナー

おもひで映画館コーナー



シネマドール

シネマドール



昔あそびコーナー

昔あそびコーナー



館内に入ると、1階には映画撮影に使われた御所車や人力車があり、カツラや着物、甲冑、小道具などを付けて、時代劇気分で記念撮影を楽しむことができます。庄内でロケが行われた映画『おくりびと』で使用された棺桶が展示されていて、なんと中に入ってもOKです。

御所車

御所車



資料館_御所車2

おくりびと棺桶

おくりびと棺桶



資料館_おくりびと棺桶2

1Fミニシアター

1Fミニシアター



読書コーナーには、映画にかかわる書籍や台本などがずらり。また、京都の太秦撮影所で実際に使われていた撮影機材など、歴史ある品々も多数展示されています。

資料館_機材等
2階には、三池崇史監督作品『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』の“平家のアジト 赤の宿坊”のセットや、冨樫森監督作品『おしん』の“山小屋”のセットを再現。撮影現場に入り込んだような気分が味わえます。
館内には3つのミニシアターがあり、それぞれ異なる映像を放映。プロモーション映像や特別ダイジェスト版、昭和のニュース映像など貴重なものも多く、必見です。

ジャンゴ室内セット

ジャンゴ室内セット



おしん室内セット

おしん室内セット



おしん小道具

おしん小道具



2Fミニシアター

2Fミニシアター



名作映画の上映などを行う『企画展』は、季節により内容を変えて開催されているので、何度足を運んでも楽しめそうです。

企画展

企画展



展示物について、より詳しく知りたい人は、館内ガイド(要予約:1500円)に案内してもらうのがおすすめ。1名から受け付けているので、利用してみてはいかがでしょう。
松ヶ岡開墾場の他の施設もそれぞれに充実。『松ヶ岡開墾記念館』では、開墾の歴史と共に、鶴岡市がシルクの一大産地となったルーツも知ることができます。

松ヶ岡開墾場

松ヶ岡開墾場



しばし現実を忘れて、映画の世界を感じたり、歴史に思いを馳せたりしてみませんか。

詳細情報

名称 庄内映画村資料館
住所 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29
電話 0235-62-2080・(予約専用)0235-62-2134
営業時間 3月中旬~11月:午前9時~午後5時、【冬期予約見学期間】12月~3月中旬:午前10時~午後3時 ※冬期は3日前までに予約が必要 ※入館は閉館の30分前まで
休館日 年末年始
料金 高校生以上:500円、小・中学生:200円、幼児:無料
駐車場 約40台
アクセス 山形道庄内あさひICより20分、山形道鶴岡ICより25分
ホームページ http://www.s-eigamura.jp/html/museum.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 登米(とめ)市のB級グルメ「油麩丼(あぶらふどん)」を発祥の店「味処もん」でいただく

    ロータスな旅 > 東北

    登米(とめ)市のB級グルメ「油麩丼(あぶ…

    宮城県仙台市から車で1時間30分ほどの場所にある登米(とめ)市。その一角には明治時代に建てられた洋風建築物や、蔵造りの建物などが今も残り、「みやぎの明治村」とし…

    2016.06.14更新

  • 名前がカワイイ!岩手県二戸(にのへ)地域に伝わる故郷デザート『へっちょこだんご』

    ロータスな旅 > 東北

    名前がカワイイ!岩手県二戸(にのへ)地域…

    岩手県二戸(にのへ)地域に伝わる、甘味の伝統料理『へっちょこだんご』。たかきび、いなきび、もちあわなどの雑穀の粉を原料にした団子を小豆汁に入れてお汁粉のようにし…

    2021.01.28更新

  • 青森が生んだ“板画家”の作品とじっくり対面できる『棟方志功記念館』

    ロータスな旅 > 東北

    青森が生んだ“板画家”の作品とじっくり対…

    20世紀を代表する世界的巨匠の一人である棟方志功。棟方志功記念館は、この青森が生んだ世界に誇る板画家・棟方志功の文化勲章受章を記念し、その芸業を永く伝えるため、…

    2016.12.15更新

  • そばのメッカと言われる山形県。慶応年間から続く老舗で出会う『といちそば』はまさに伝統に磨かれた本物の味!『そば処庄司屋』

    ロータスな旅 > 東北

    そばのメッカと言われる山形県。慶応年間か…

    良質なそばは、清らかな水に恵まれ、昼夜の寒暖差の大きい土地で育つと言われています。それらの条件にぴたりと当てはまる場所の一つが、山形県です。県内には、「そば街道…

    2020.03.05更新

  • 民話の古里として知られる遠野にできた、大きな風車がシンボルの『道の駅遠野風の丘』(岩手県)

    ロータスな旅 > 東北

    民話の古里として知られる遠野にできた、大…

    民話の古里として知られる遠野は、そのキャッチフレーズである「永遠の日本のふるさと」がまさにピッタリの日本の原風景をとどめています。『遠野風の丘』は、岩手県遠野…

    2017.02.13更新

  • バリエーションは無限大!? 好きな具をその場で挟んでもらい、食べられる盛岡名物のコッペパン専門店『福田パン』

    ロータスな旅 > 東北

    バリエーションは無限大!? 好きな具をそ…

    『福田パン』は、岩手県盛岡市で知らない人はいないと言われる有名店、ご当地グルメとして取り上げられることも増え、地名度は全国区になりました。外観はなんの変哲もない…

    2016.11.14更新

< 前のページへ戻る