ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、隈研吾氏設計のシンプル&ウッディな佇まい。『かづの牛』ほかの美味しい味とおんせん足湯が楽しめる!『道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)』

2018年11月12日更新

開湯800年の歴史を誇る、十和田湖に近い温泉地『大湯温泉郷』。この場所に、2018(平成30)年4月にオープンしたのが、『道の駅おおゆ(愛称:湯の駅おおゆ)』です。コンセプトは『縁が輪になる 大湯のえんがわ』。世界的建築家、隈研吾氏が手掛けた建物は、秋田県産の木材がふんだんに使われ、緑豊かな自然と美しく調和しています。

おおゆ2

おおゆ4

おおゆ5
『大湯えんがわショップ』も隈研吾氏の発想が活きた、ユニークな空間です。内装や商品のディスプレイ棚に、秋田県立大学木材加工研究所が開発した木質材料『円筒LVL』を使用し、シンプル&ウッディな佇まいとなっています。取り扱う商品は、地元・鹿角市の農家が生産した採れたて新鮮野菜、果物のほか、秋田県内や全国の特産品、温泉グッズなどまで揃えています。

おおゆ7
『大湯えんがわカフェ』は、鹿角市の特産品『かづの牛』や『八幡平ポーク』を使ったメニューを中心にしているお店です。イチオシは、グルメバーガーと言われる、素材や製造にこだわったハンバーガー。『かづの牛贅沢バーガー』(1000円、税込、以下同様)、『かづの牛贅沢チーズバーガー』(1100円)は、プラス200円でポテトをセットにできます。最もゴージャスなのは、土・日・祝日に5食限定で販売する『かづの牛サーロインステーキバーガー』(ポテト付、3000円)。お腹とお財布に相談して、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

おおゆ1
ハンバーガーだけでなく、『八幡平ポークの生姜焼き丼』(600円)、『かづの牛ハンバーグカレー』(900円)など、ご飯ものも充実しています。

おおゆ9
ご当地ソフト『秋田県産生乳100%のソフトクリーム』(300円)、『鹿角市産カシスの特製ソフトクリーム』(400円)もおすすめです。

おおゆ11
『拉麺 大湯縁ヶ輪軒』では、『塩豚骨ラーメン』(800円)、『醤油豚骨ラーメン』(800円)などを提供。八幡平ポークが味わえる『ミニマヨチャーシュー丼』(300円)も人気があります。

おおゆ6

おおゆ8
また、土・日・祝日(詳しくはHPのイベントカレンダーを確認のこと)には、赤身がおいしい『かづの牛』やソーセージ、野菜などをワイルドに味わえる『BBQ STATION』も楽しめます。2人以上の完全予約制で、希望日の5日前までに申し込まなければいけないので、ご注意ください。

おおゆ3
4と9の付く日は“大湯の市日”として、午前中に『大湯えんがわ市』スペースにて開催。新鮮な野菜やおやつなど、地元の味が並びます。
道の駅の建物の外には、大湯温泉かけ流しの『温泉足湯』や、中に入って遊べる『温泉じゃぶじゃぶ池』があり、大人も子供も楽しめます。『道の駅おおゆ』で、鹿角市の魅力をたっぷり味わってみませんか。

詳細情報

名称 道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)
住所 秋田県鹿角市十和田大湯字中谷地19
電話番号 0186-22-4184
営業時間 大湯えんがわショップ:午前9時~午後6時、大湯えんがわカフェ:午前11時~午後4時(テイクアウト:午前9時~午後6時)、拉麺 大湯縁ヶ輪軒:午前11時~午後3時(ただし、スープがなくなり次第終了)
定休日 年末年始、(拉麺 大湯縁ヶ輪軒:4と9の付く日)
アクセス 東北自動車道 十和田ICより12分
駐車場 普通車64台・大型車6台・身障者用2台
ホームページ https://yunoeki-oyu.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • バリエーションは無限大!? 好きな具をその場で挟んでもらい、食べられる盛岡名物のコッペパン専門店『福田パン』

    ロータスな旅 > 東北

    バリエーションは無限大!? 好きな具をそ…

    『福田パン』は、岩手県盛岡市で知らない人はいないと言われる有名店、ご当地グルメとして取り上げられることも増え、地名度は全国区になりました。外観はなんの変哲もない…

    2016.11.14更新

  • 喜多方蔵の里

    ロータスな旅 > 東北

    喜多方蔵の里

    喜多方市は、かつて「北方」と呼ばれ、江戸時代には新田開発や、定期市の保護育成政策により、在郷町として発展しました。それら在郷商人などの資産家によって、酒造などの…

    2015.10.16更新

  • なまはげ館

    ロータスな旅 > 東北

    なまはげ館

    大晦日の夜、「怠けものはいねがー、泣く子はいねがー」と大声を張り上げながら、家々を回って歩くナマハゲは、怠け心を戒め、吉をもたらす来訪神。迎える家では酒や料理な…

    2015.10.16更新

  • 福島県二本松市の産品や加工品が集結!上下線2つの施設で運営する『道の駅 安達』

    ロータスな旅 > 東北

    福島県二本松市の産品や加工品が集結!上下…

    詩人の高村光太郎の代表作「智恵子抄」でおなじみの安達太良山を一望できる『道の駅安達』は、福島県二本松市にある国道4号線の道の駅です。愛称は『智恵子の里』で、高…

    2017.03.27更新

  • 山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』に残る、明治時代に建てられた大蚕室が映画ミュージアムに変身!庄内ロケ作品を中心にさまざまな映画のセットや大道具・小道具からポスター・カードなどまで約1000点を展示。『庄内映画村資料館』

    ロータスな旅 > 東北

    山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』に残る…

    山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』は、元は広大な原生林で、1871年(明治5年)に約3000人の旧庄内藩士が58日間で切り拓いた場所です。2年後には、この地で養…

    2019.03.26更新

  • 南会津に残る江戸時代そのままの茅葺き屋根の町並み「大内宿」

    ロータスな旅 > 東北

    南会津に残る江戸時代そのままの茅葺き屋根…

    江戸時代に栄えた宿場町の風情を今に伝える、福島県の「大内宿(おおうちじゅく)」。茅葺屋根の民家兼店舗が建ち並び、まるで時代劇のセットのようです。大内宿は、旧会…

    2021.09.27更新

< 前のページへ戻る