ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

首振り姿が愛らしい!無益息災&健康のお守り『赤べこ』を、本場会津で作ってみよう

2016年9月30日更新

昨今の民芸ブームの波に乗って巷でひそかに人気を集めているのが、会津名物のお守り『赤べこ』。ゆらゆらと首を揺らす様子と、ぽってりとした丸いフォルムが愛らしい赤い牛の置物です。

赤べこ1

今から400年ほど前の1611年に会津地方を襲った大地震で、倒壊した寺の本堂を立て直す際、木材を運搬するのに困り果てていた人々の前にどこからともなく力強そうな赤毛の牛の群れが現れ、木材運搬を助けたという伝説があります。そんな力持ちの赤牛に、村の人たちが感謝の気持ちと労いを込めて赤べこ(「べこ」は東北地方の方言で「牛」の意味)と呼び親しむようになったのが赤べこの由来だと言われています。その後も会津地方で伝染病が流行した時に、赤べこを持っている人が病気にかからなかったということで、無益息災や健康のお守りとして、会津の家にはひとつは必ずあると言っても過言ではありません。

番匠_外観011
『番匠』は、そんな赤べこの絵付け体験が出来る施設です。白虎隊で有名な飯盛山よりおよそ500m離れたところにあり、赤べこのほか、会津の人気キャラクター『あかべぇ』の土鈴・会津だるまの絵付け、会津切り絵など様々な体験がお一人から、一度に最大350名まで可能。あなたも、自分だけの特別な民芸品を手に入れてみては?

番匠_体験1012

番匠_体験2013

詳細情報

名称 手作り体験ひろば番匠
住所 福島県会津若松市和田1−6-3
電話番号 0242-27-4358
営業時間 午前9時~午後5時
※体験される方は午後4時までに入館のこと
定休日 無休
体験料金 (※平成29年1月からの料金)
赤ベコ絵付け体験    840円(※860円)
会津ダルマの絵付け体験 840円(※860円)
会津切り絵体験     840円(※860円)
会津ぬりペン立絵付け 1,050円(※1,150円)
会津ぬり宝箱絵付け  1,310円(※1,500円)
あかべぇ土鈴絵付け  1,180円(※1200円)
アクセス JR磐越西線会津若松駅より会津バス飯盛山行15分、和田より徒歩1分
駐車場 30台
ホームページ http://www8.plala.or.jp/akabeco/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 青森県十三湖の滋味豊かなしじみをたっぷり味わえる『しじみラーメン』を味わうなら、やはり発祥のお店『和歌山』で。しかも、大サイズのしじみが入った『特製しじみラーメン』がオススメ

    ロータスな旅 > 東北

    青森県十三湖の滋味豊かなしじみをたっぷり…

    津軽半島の北西部に位置する、周囲約30kmの『十三湖(じゅうさんこ)』。名の由来は、「13の川が流れ込んでいるから」、「近くに13の集落があったから」など諸説あ…

    2019.09.10更新

  • 丹野こんにゃく/こんにゃく番所

    ロータスな旅 > 東北

    丹野こんにゃく/こんにゃく番所

    山形名物のひとつに、玉こんにゃくがあります。実は、山形はこんにゃく芋の生産はそれほどでもないが、食べる方は日本一(年間1世帯当たり約10キロで東京の2.4倍!)…

    2015.10.16更新

  • 北秋田の名物おやつ「バター餅」

    ロータスな旅 > 東北

    北秋田の名物おやつ「バター餅」

    バター餅は、北秋田市などで40年以上も前から食されてきたという郷土菓子です。それが、2012年に開催された「地域力宣言2012ニッポン全国物産展」の「第3回ニッ…

    2016.05.13更新

  • 日本三大ラーメンの一つ、福島県喜多方の『喜多方ラーメン』。その真骨頂ともいえる『支那そば』を食すなら、あっさりながらコクがある黄金スープで人気の『坂内食堂(ばんないしょくどう)』

    ロータスな旅 > 東北

    日本三大ラーメンの一つ、福島県喜多方の『…

    札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられる『喜多方ラーメン(きたかたラーメン)』。“蔵のまち”として知られる、福島県喜多方市を訪れる多…

    2019.09.10更新

  • めちゃくちゃ新鮮な美味しい野菜の販売にこだわった、かなりオシャレな『あ・ら・伊達な道の駅』

    ロータスな旅 > 東北

    めちゃくちゃ新鮮な美味しい野菜の販売にこ…

    宮城県北西部に位置する大崎市は、農業の他、電子機器や精密機器などの工業、温泉などの観光業が集積している地域です。『あ・ら・伊達な道の駅』は、宮城県と山形県を結ぶ…

    2017.05.29更新

  • 十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、隈研吾氏設計のシンプル&ウッディな佇まい。『かづの牛』ほかの美味しい味とおんせん足湯が楽しめる!『道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)』

    ロータスな旅 > 東北

    十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、…

    開湯800年の歴史を誇る、十和田湖に近い温泉地『大湯温泉郷』。この場所に、2018(平成30)年4月にオープンしたのが、『道の駅おおゆ(愛称:湯の駅おおゆ)』で…

    2018.11.12更新

< 前のページへ戻る