ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

豊かな自然に育まれた産直品がいろいろ!車中泊できるRVステーションや宮城県の道の駅としては初のドッグランもある!『道の駅 三滝堂』

2019年1月29日更新

『道の駅 三滝堂』は、内陸・沿岸のゲ-トウェイとして三陸自動車道の中間点三滝堂IC駐車場、宮城県登米市東和町にある道の駅です。オープンは、2017(平成29)年4月。特産品の販売コーナーやレストラン、テナントのコンビニエンスストアのほか、RVステーションやドッグランなどドライブを楽しむ人たちに便利な施設を備えています。

三滝堂全景
『物産販売コーナー』には、減農薬米『ひとめぼれ』や産直野菜、山菜、キノコ類、土産物、加工品などが並んでいます。旬になると、たらの芽やこごみなどが登場。また、特産品のイチゴを使った苺サンデーや苺大福も登場します。また、手づくりパンを販売する『かじかベーカリー工房』も人気。地元の登米市産の米粉を使用した『ホテルブレッド』(398円)をはじめ、もちもち食感の『ふんわりスィート』(250円)、バターの風味たっぷりの『デニッシュブレッド』など、焼きたてパンがそろっています。

三滝堂 店内
セルフサービスの『レストラン』では、定食や麺類、丼物など豊富なメニューを用意しています。定食で最も注目を集めているのが、地元産牛肉200gを使った『仙台牛ステーキ定食』(3800円、税込、以下同様)。なかなか豪華な一品です。他にも、牛肉を味わえるメニューとして、『仙台牛ハーフステーキ定食』(1900円)や『登米産豚焼肉定食』(780円)、『登米産牛焼肉丼』(690円)、『牛タン丼』(790円)などがあります。また、『かけそば(うどん)』(380円)や『山菜なめこそば(うどん)』(550円)、『まいたけラーメン』(770円)、6枚のチャーシューが載った『みそチャーシューDX』(1100円)など麺類もいろいろあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
『テイクアウトコーナー』のオススメは、『ずんだソフトクリーム』(300円)。ミニサイズ(220円)もあります。
電源付で車中泊ができるスペース、『RVステーション』を6台分完備。利用料は、午前10時~午後3時(1台300円)、午後3時~翌午前10時(1台500円)で、事前予約が必要です。

三滝堂 ドックラン全景
愛犬とのドライブにうれしい『ドッグラン』も併設されています。小型犬用と、中型・大型犬用の2ヵ所あり、いずれも無料で利用できます。「ブラッシングはしない」、「排泄物は飼い主が責任を持って処理をする」などのマナーを守って、気持ちよく利用しましょう。

詳細情報

名称 道の駅 三滝堂
住所 宮城県登米市東和町米谷字福平191-1
電話番号 0220-23-7891
営業時間 物産販売コーナー:午前9時~午後7時、レストラン:午前10時~午後5時
定休日 年中無休
アクセス 三陸自動車道三滝堂ICに隣接
駐車場 普通車42台、大型車37台、身障者用2台
ホームページ https://mitakido.jp/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の、稲庭うどんの“幻の生麺”を食べることができる『寛文五年堂(かんぶんごねんどう)秋田店』

    ロータスな旅 > 東北

    乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の…

    “日本三大うどん”のひとつに数えられる『稲庭うどん』。発祥の地は、現在の秋田県湯沢市稲庭地区といわれ、その歴史は江戸時代の寛文年間以来、約350年にもなります。…

    2018.07.25更新

  • 十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、隈研吾氏設計のシンプル&ウッディな佇まい。『かづの牛』ほかの美味しい味とおんせん足湯が楽しめる!『道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)』

    ロータスな旅 > 東北

    十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、…

    開湯800年の歴史を誇る、十和田湖に近い温泉地『大湯温泉郷』。この場所に、2018(平成30)年4月にオープンしたのが、『道の駅おおゆ(愛称:湯の駅おおゆ)』で…

    2018.11.12更新

  • アートは見るだけでなく体験するもの!? 五感をフルに使って、これまで気付いていなかった感覚の世界を楽しむことができる宮城県大崎市の『感覚ミュージアム』

    ロータスな旅 > 東北

    アートは見るだけでなく体験するもの!? …

    宮城県北西部に位置する大崎市の岩出山(いわでやま)に、人間の感覚をテーマとするミュージアム、『感覚ミュージアム』があります。 『感覚ミュージアム』は、視覚・聴覚…

    2018.04.25更新

  • 首振り姿が愛らしい!無益息災&健康のお守り『赤べこ』を、本場会津で作ってみよう

    ロータスな旅 > 東北

    首振り姿が愛らしい!無益息災&健康のお守…

    昨今の民芸ブームの波に乗って巷でひそかに人気を集めているのが、会津名物のお守り『赤べこ』。ゆらゆらと首を揺らす様子と、ぽってりとした丸いフォルムが愛らしい赤い牛…

    2016.09.16更新

  • 2,000匹のクラゲが浮遊する大水槽をはじめ、まるでクラゲのテーマパークのような「鶴岡市立加茂水族館」

    ロータスな旅 > 東北

    2,000匹のクラゲが浮遊する大水槽をは…

    今や「世界一のクラゲ水族館」として、全国にその名を知られるようになった「鶴岡市立加茂水族館」。クラゲをテーマに展示するコーナー「クラネタリウム」では、最大50 …

    2016.08.19更新

  • 民話の古里として知られる遠野にできた、大きな風車がシンボルの『道の駅遠野風の丘』(岩手県)

    ロータスな旅 > 東北

    民話の古里として知られる遠野にできた、大…

    民話の古里として知られる遠野は、そのキャッチフレーズである「永遠の日本のふるさと」がまさにピッタリの日本の原風景をとどめています。 『遠野風の丘』は、岩手県遠野…

    2017.02.13更新

< 前のページへ戻る