ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

復興に一役買って名物グルメに!サバの味噌煮を野菜とはさんだ、福島県国見町で生まれたハンバーガー『国見バーガー』

2018年6月26日更新

2011(平成23)年3月11日に発生した東日本大震災は、大きな爪痕を福島・宮城をはじめとした地域に残しました。しかし、その後、各地で復興への動きが始まります。福島県国見町では、商工会青年部のメンバーが商店街の復興を目指して「町のグルメ」を作ろうとしました。
2012(平成24)年3月25日に、同町の藤田商店街で開催された『国見おもしろ再発見!』というイベントで国見町の新名物として『国見バーガー』が登場します。

国見バーガー(クラシック)

国見バーガー(クラシック)



同町の佐久間商店の“骨まで食べられるサバの味噌煮”と、トマト、レタス、タマネギを、同町の佐久間パン店のバンズで挟み込んだユニークなハンバーガーです。甘辛のサバの味噌煮と野菜とバンズという和装折衷の組み合わせは、新しい味わいをハンバーガーにもたらし、大好評!

さば味噌(佐久間商店)

さば味噌(佐久間商店)



2014(平成26)年10月5日に、福島県桑折町で開催された東日本初のご当地バーガーグランプリ『ふくしまバーガーサミット2014 第1回東日本ご当地バーガーグランプリ』で、東北6県と群馬・茨城両県から出品された25品のご当地バーガーの中で、グランプリを獲得!

国見バーガー①クラシック(サバ)
2015(平成27)年10月18日に桑折町で再び開催された『ふくしまバーガーサミット2015 第2回東日本ご当地バーガーグランプリ』」でも出品25バーガーの中からグランプリに選ばれて連覇を果たし、殿堂入りとなっています。

国見バーガー③国見バーガー
『国見バーガー』はキッチンカーで営業を行ってきました.

イベント出店

イベント出店



2017(平成29)年5月3日にオープンした『道の駅国見 あつかしの郷』内のカフェレストラン『国見バーガー&ジェラテリア』で名物グルメとして販売されています。(キッチンカーはイベントなどに出張出店する場合もあるようです)

道の駅国見 あつかしの郷

道の駅国見 あつかしの郷



国見バーガー⑦道の駅看板
お値段は、『国見バーガークラシック(さば味噌)』単品450円(2018年5月時点、税込、以下同様)、ドリンクとのセット600円です。ぜひお試しあれ!

フルーツバーガー 黒糖を使用したほんのり甘みを感じるバンズに季節のフルーツと生クリームをトッピング

フルーツバーガー 黒糖を使用したほんのり甘みを感じるバンズに季節のフルーツと生クリームをトッピング



国見バーガー(チーズ入りチキンソースかつ)サバの味噌煮のクラシックに次ぐ人気ナンバー2商品

国見バーガー(チーズ入りチキンソースかつ)サバの味噌煮のクラシックに次ぐ人気ナンバー2商品

詳細情報

名称 国見バーガークラシック
店舗 道の駅国見 あつかしの郷 国見バーガー&ジェラテリア
住所 福島県伊達郡国見町大字藤田字日渡二18-1
電話番号 024-585-2132
営業時間 午前9時~午後5時30分(LO午後5時)
アクセス 一般国道4号線沿い
駐車場 普通車:180台、EV充電施設は1台分
ホームページ 道の駅国見:http://www.michinoeki923.com/、国見町(国見バーガー紹介):http://www.town.kunimi.fukushima.jp/site/kanko/2013.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • “まほろばの里”山形県高畠町に1990年に創業した、観光も楽しめるワイナリー『高畠ワイナリー』

    ロータスな旅 > 東北

    “まほろばの里”山形県高畠町に1990年…

    山形県高畠町は、南は福島県、東は宮城県に隣接する自然豊かな町です。古くから“まほろばの里”(まほろばとは、丘や山に囲まれた住み良い所という意味)と呼ばれ、人々の…

    2017.09.12更新

  • 青森が生んだ“板画家”の作品とじっくり対面できる『棟方志功記念館』

    ロータスな旅 > 東北

    青森が生んだ“板画家”の作品とじっくり対…

    20世紀を代表する世界的巨匠の一人である棟方志功。棟方志功記念館は、この青森が生んだ世界に誇る板画家・棟方志功の文化勲章受章を記念し、その芸業を永く伝えるため、…

    2016.12.15更新

  • 芭蕉の夢見た景色が目の前に! 日本三景『松島』の島々を船でめぐるクルージング

    ロータスな旅 > 東北

    芭蕉の夢見た景色が目の前に! 日本三景『…

    「ももひきの破れをつづり、笠の緒つけかえて、三里に灸すゆるより、松島の月まづ心にかかりて」 これは松尾芭蕉の紀行文『奥の細道』の冒頭に書かれた文です。「長い旅に…

    2016.10.14更新

  • 乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の、稲庭うどんの“幻の生麺”を食べることができる『寛文五年堂(かんぶんごねんどう)秋田店』

    ロータスな旅 > 東北

    乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の…

    “日本三大うどん”のひとつに数えられる『稲庭うどん』。発祥の地は、現在の秋田県湯沢市稲庭地区といわれ、その歴史は江戸時代の寛文年間以来、約350年にもなります。…

    2018.07.25更新

  • 自然豊かな裏磐梯の一角に、あの天才サルバドール・ダリの世界三大コレクションがある!『諸橋近代美術館』

    ロータスな旅 > 東北

    自然豊かな裏磐梯の一角に、あの天才サルバ…

    福島県北部、磐梯山、安達太良山、吾妻山などに囲まれた標高約800メートルの高原台地にある裏磐梯。1888(明治21)年に会津磐梯山が噴火して生まれた裏磐梯は、今…

    2017.08.29更新

  • 喜多方蔵の里

    ロータスな旅 > 東北

    喜多方蔵の里

    喜多方市は、かつて「北方」と呼ばれ、江戸時代には新田開発や、定期市の保護育成政策により、在郷町として発展しました。それら在郷商人などの資産家によって、酒造などの…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る