ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の、稲庭うどんの“幻の生麺”を食べることができる『寛文五年堂(かんぶんごねんどう)秋田店』

2018年7月25日更新

“日本三大うどん”のひとつに数えられる『稲庭うどん』。発祥の地は、現在の秋田県湯沢市稲庭地区といわれ、その歴史は江戸時代の寛文年間以来、約350年にもなります。この地域で、良質の小麦がとれ、また良い水が湧いていたこと、さらには、当時内陸地では貴重品だった塩が交易によって比較的入手しやすかったことなどから、手延べ製法によるうどんが製造されるようになったのです。
その後、稲庭うどんは保存食として盛んに食されるようになったため、乾麺として流通してきました。
でも、稲庭うどんの本場、秋田には生麺の稲庭うどんを食べることができるお店があるのです。それは、稲庭うどんの歴史が始まる寛文5年(1665年)の年号を社名に冠している老舗の製麺会社、寛文五年堂(かんぶんごねんどう)(会社所在地は秋田県湯沢市稲庭町字三嶋34)が直営している『寛文五年堂秋田店』です。

寛文五年堂 玄関 (2)
実は、生麺は、永らく稲庭うどんづくりの職人さんとその家族だけがつくって、食べてきた“幻の生麺”でした。乾麺以上にコシが強く、しっかりとした歯ごたえ、独特のモチモチ感が特徴なのだそうです。
寛文五年堂の製造工場では、うどん作り25年のベテラン職人2名が手作りで、精魂込めて製造を行っています。そのため、1日に作られる量に限りがあり、その意味でも“幻の生麺”ということになります。

寛文五年堂 tennnai2
『寛文五年堂秋田店』の人気メニューは、『生麺と乾麺の味比べ』(1,025円/税込、以下同様)です。「冷たい生麺と冷たい乾麺の味比べ」には、2種のつゆ(鰹つゆとごま味噌つゆ)がついているので、つゆとの相性を楽しむこともできます。

寛文五年堂0
また、「温かい生麺と温かい乾麺」「温かい生麺と冷たい乾麺」「冷たい生麺と温かい乾麺」という組み合わせもあり、お好みで注文することができます(すべて1,025円)。
そのほか、生麺のメニューには、カレールーの中にも干し海老が使われている『海老天カレーうどん』(1,500円)があります。

寛文五年堂 カレーうどんS
乾麺のメニューとしては、『大甘あげきつねうどん』(975円)や、『比内地鶏ざるうどん』(1,435円)などもラインナップされ、注文に迷いそう!
もちろん、特選きりたんぽ鍋(一人前2,100円)、ハタハタ寿司(410円)、がっこ盛り合わせ(515円)など郷土料理も揃っています。

寛文五年堂 きりたんぽ鍋01
お店は秋田駅から近い、中通地区の複合施設『エリアなかいち@4の3』にあります。秋田に行ったら、ぜひ立ち寄ってみたいお店です。

詳細情報

名称 寛文五年堂秋田店
住所 秋田県秋田市中通1丁目4-3 エリアなかいち@4の3 1F
電話番号 0120-1728-86
営業時間 平日 午前11時~午後3時(LO午後2時30分)午後5時~午後10時(LO午後9時30分)
土、日、祝日 午前11時~午後10時(LO午後9時30分)
定休日 年中無休(お盆、正月は要問合せ)
アクセス JR秋田駅西口より車で2分・徒歩8分、秋田空港より車で30分、秋田自動車道 秋田中央ICより車で10分
駐車可能台数(エリアなかいち) 07台 ※30分まで無料、その後は1時間につき100円 ※1,000円以上で1時間分、2,000円以上で2時間分の無料券あり
お店のホームページ http://www.kanbun5.jp/
会社のホームページ http://www.kanbun.co.jp/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • なまはげ館

    ロータスな旅 > 東北

    なまはげ館

    大晦日の夜、「怠けものはいねがー、泣く子はいねがー」と大声を張り上げながら、家々を回って歩くナマハゲは、怠け心を戒め、吉をもたらす来訪神。迎える家では酒や料理な…

    2015.10.16更新

  • 青森が生んだ“板画家”の作品とじっくり対面できる『棟方志功記念館』

    ロータスな旅 > 東北

    青森が生んだ“板画家”の作品とじっくり対…

    20世紀を代表する世界的巨匠の一人である棟方志功。棟方志功記念館は、この青森が生んだ世界に誇る板画家・棟方志功の文化勲章受章を記念し、その芸業を永く伝えるため、…

    2016.12.15更新

  • 宮城県加美町にある総面積15万平方メートル、400種類の植物が栽培される広大な庭園『やくらいガーデン』

    ロータスな旅 > 東北

    宮城県加美町にある総面積15万平方メート…

    富士山のように雄大で美しいことから『加美富士』とも呼ばれている、宮城県加美町の『薬莱山(やくらいさん)』。その麓に広がる『やくらいガーデン』は、季節により様々な…

    2019.05.28更新

  • 今や日本を代表する文化となった“マンガ”。そのマンガ文化の殿堂がここ!180人を超える作家が描いた、22万枚以上のマンガの原画を保存・展示する『横手市増田まんが美術館』

    ロータスな旅 > 東北

    今や日本を代表する文化となった“マンガ”…

    世界中に多くのファンを持つ、日本のマンガ。今や日本を代表する文化の一つとなっています。秋田県横手市増田町にある『横手市増田まんが美術館』は、マンガの世界に浸るこ…

    2019.11.21更新

  • めちゃくちゃ新鮮な美味しい野菜の販売にこだわった、かなりオシャレな『あ・ら・伊達な道の駅』

    ロータスな旅 > 東北

    めちゃくちゃ新鮮な美味しい野菜の販売にこ…

    宮城県北西部に位置する大崎市は、農業の他、電子機器や精密機器などの工業、温泉などの観光業が集積している地域です。『あ・ら・伊達な道の駅』は、宮城県と山形県を結ぶ…

    2017.05.29更新

  • 福島県二本松市の産品や加工品が集結!上下線2つの施設で運営する『道の駅 安達』

    ロータスな旅 > 東北

    福島県二本松市の産品や加工品が集結!上下…

    詩人の高村光太郎の代表作「智恵子抄」でおなじみの安達太良山を一望できる『道の駅安達』は、福島県二本松市にある国道4号線の道の駅です。愛称は『智恵子の里』で、高…

    2017.03.27更新

< 前のページへ戻る