ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の、稲庭うどんの“幻の生麺”を食べることができる『寛文五年堂(かんぶんごねんどう)秋田店』

2018年7月25日更新

“日本三大うどん”のひとつに数えられる『稲庭うどん』。発祥の地は、現在の秋田県湯沢市稲庭地区といわれ、その歴史は江戸時代の寛文年間以来、約350年にもなります。この地域で、良質の小麦がとれ、また良い水が湧いていたこと、さらには、当時内陸地では貴重品だった塩が交易によって比較的入手しやすかったことなどから、手延べ製法によるうどんが製造されるようになったのです。
その後、稲庭うどんは保存食として盛んに食されるようになったため、乾麺として流通してきました。
でも、稲庭うどんの本場、秋田には生麺の稲庭うどんを食べることができるお店があるのです。それは、稲庭うどんの歴史が始まる寛文5年(1665年)の年号を社名に冠している老舗の製麺会社、寛文五年堂(かんぶんごねんどう)(会社所在地は秋田県湯沢市稲庭町字三嶋34)が直営している『寛文五年堂秋田店』です。

寛文五年堂 玄関 (2)
実は、生麺は、永らく稲庭うどんづくりの職人さんとその家族だけがつくって、食べてきた“幻の生麺”でした。乾麺以上にコシが強く、しっかりとした歯ごたえ、独特のモチモチ感が特徴なのだそうです。
寛文五年堂の製造工場では、うどん作り25年のベテラン職人2名が手作りで、精魂込めて製造を行っています。そのため、1日に作られる量に限りがあり、その意味でも“幻の生麺”ということになります。

寛文五年堂 tennnai2
『寛文五年堂秋田店』の人気メニューは、『生麺と乾麺の味比べ』(1,025円/税込、以下同様)です。「冷たい生麺と冷たい乾麺の味比べ」には、2種のつゆ(鰹つゆとごま味噌つゆ)がついているので、つゆとの相性を楽しむこともできます。

寛文五年堂0
また、「温かい生麺と温かい乾麺」「温かい生麺と冷たい乾麺」「冷たい生麺と温かい乾麺」という組み合わせもあり、お好みで注文することができます(すべて1,025円)。
そのほか、生麺のメニューには、カレールーの中にも干し海老が使われている『海老天カレーうどん』(1,500円)があります。

寛文五年堂 カレーうどんS
乾麺のメニューとしては、『大甘あげきつねうどん』(975円)や、『比内地鶏ざるうどん』(1,435円)などもラインナップされ、注文に迷いそう!
もちろん、特選きりたんぽ鍋(一人前2,100円)、ハタハタ寿司(410円)、がっこ盛り合わせ(515円)など郷土料理も揃っています。

寛文五年堂 きりたんぽ鍋01
お店は秋田駅から近い、中通地区の複合施設『エリアなかいち@4の3』にあります。秋田に行ったら、ぜひ立ち寄ってみたいお店です。

詳細情報

名称 寛文五年堂秋田店
住所 秋田県秋田市中通1丁目4-3 エリアなかいち@4の3 1F
電話番号 0120-1728-86
営業時間 平日 午前11時~午後3時(LO午後2時30分)午後5時~午後10時(LO午後9時30分)
土、日、祝日 午前11時~午後10時(LO午後9時30分)
定休日 年中無休(お盆、正月は要問合せ)
アクセス JR秋田駅西口より車で2分・徒歩8分、秋田空港より車で30分、秋田自動車道 秋田中央ICより車で10分
駐車可能台数(エリアなかいち) 07台 ※30分まで無料、その後は1時間につき100円 ※1,000円以上で1時間分、2,000円以上で2時間分の無料券あり
お店のホームページ http://www.kanbun5.jp/
会社のホームページ http://www.kanbun.co.jp/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 世界遺産(自然遺産)に登録された白神山地の観光拠点。水陸両用バスが発着し、山の幸や白神十割そばが味わえる!ご当地アイスには生はちみつのトッピングが無料!『道の駅 津軽白神』

    ロータスな旅 > 東北

    世界遺産(自然遺産)に登録された白神山地…

    広大なブナの原生林を抱える白神山地は、日本で初めて世界遺産(自然遺産)に登録された場所。そんな白神山地の玄関口に建つのが『道の駅津軽白神』です。もともとは、西…

    2018.07.25更新

  • 北秋田の名物おやつ「バター餅」

    ロータスな旅 > 東北

    北秋田の名物おやつ「バター餅」

    バター餅は、北秋田市などで40年以上も前から食されてきたという郷土菓子です。それが、2012年に開催された「地域力宣言2012ニッポン全国物産展」の「第3回ニッ…

    2016.05.13更新

  • バリエーションは無限大!? 好きな具をその場で挟んでもらい、食べられる盛岡名物のコッペパン専門店『福田パン』

    ロータスな旅 > 東北

    バリエーションは無限大!? 好きな具をそ…

    『福田パン』は、岩手県盛岡市で知らない人はいないと言われる有名店、ご当地グルメとして取り上げられることも増え、地名度は全国区になりました。外観はなんの変哲もない…

    2016.11.14更新

  • 北海道から東北地方にかけて水揚げされる『ホッキ貝』。産地で親しまれるメニュー『ほっきめし』は超美味しい!今回は宮城県の山元町(やまもとちょう)の『和風レストラン田園 山元店』をご紹介!

    ロータスな旅 > 東北

    北海道から東北地方にかけて水揚げされる『…

    『ホッキ貝』は、殻の長さが約10センチもある二枚貝。身も大きく、厚みと重さ、そして旨味があります。正式名称は『ウバガイ』ですが、北海道から東北地方にかけて水揚げ…

    2019.11.21更新

  • そばのメッカと言われる山形県。慶応年間から続く老舗で出会う『といちそば』はまさに伝統に磨かれた本物の味!『そば処庄司屋』

    ロータスな旅 > 東北

    そばのメッカと言われる山形県。慶応年間か…

    良質なそばは、清らかな水に恵まれ、昼夜の寒暖差の大きい土地で育つと言われています。それらの条件にぴたりと当てはまる場所の一つが、山形県です。県内には、「そば街道…

    2020.03.05更新

  • 明治時代に建てられたルネサンス様式の洋館。館内の『モダン衣裳室』では100着以上のドレスや衣類がレンタルされ、着飾っての撮影もOK!『小坂鉱山事務所』

    ロータスな旅 > 東北

    明治時代に建てられたルネサンス様式の洋館…

    かつて鉱産額日本一を誇り、鉱山の町として栄えた秋田県小坂町。1905年(明治38年)に建てられた『小坂鉱山事務所』は、繁栄の時代を象徴するルネサンス様式の外観が…

    2019.04.09更新

< 前のページへ戻る