ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

豊かな三陸の海を再現した大水槽や東北最大級のパフォーマンスプールを備えた、“復興を象徴する”新しい水族館がオープン!『仙台うみの杜水族館』

2017年11月9日更新

東日本大震災に被害が大き方東北太平洋岸地域。そこに、2015年7月1日、“復興を象徴する”新しい水族館がオープンしました。『仙台うみの杜水族館』です。
延床面積9,900㎡の面積に、約100基もの水槽群を配置。「豊かな三陸の海を再現した大水槽など、日本の生きものの展示」「世界中の個性的な生きものの展示」「東北最大級の観覧席を有するイルカ・アシカのパフォーマンスや、動物とのふれあいなどのエンターテインメント性」という3つの特徴によって、新しい水族館体験を提供しています。

仙台うみの杜水族館_建物外観
その展示内容などをご紹介しましょう。
まず、エントランスを抜けると『ウェルカムホール』があり、地域の海・水辺の豊かさとその海とともに生きる人々の活気あふれる姿が、リング状のスクリーンに映し出されます。
1階は、『日本のうみ-東北のうみ-』ゾーンです。このゾーンでは、さまざまな日本の海の魅力的な光景や個性的な生きもの、意外な表情を展示し、訪れた人に“日本の海の再発見”を促します。

イロワケイルカ水槽

イロワケイルカ水槽



圧巻は『いのちきらめく うみ』です。幅14m、水深7.5mという、仕切りのない巨大な水槽が目の前に広がり、そこにアカシュモクザメ、マダイ、マサバ、マイワシ、ホシエイ、アカエイ、ホウボウなどといった三陸の海の魚たちが泳ぎます(50種2万5000匹の生物が水槽内に生息)。この水槽は、屋根がない構造になっており、太陽の光がそのまま降りそそぐので、生きものたちの姿も色鮮やかに映えます。そして、この巨大水槽に臨む空間では、1日2~4回、約5分間の『360°大パノラマプロジェクションマッピング』が実施されています。

いのちきらめく うみ

いのちきらめく うみ



2階には、世界の様々な生きものを展示する『世界のうみ』ゾーンが展開します。ここでは、オセアニア・ヨーロッパ・アフリカ・アメリカ・アジアといった各地域の水辺や水中に住む生きものを展示しています。半屋外の広場になっている『海獣ひろば』では、オタリア(アシカのなかま)やフンボルトペンギンが、飼育展示室から観覧ゾーンに出てきて間近でふれあえる『ふれあいプログラム』を実施しています。『ペンギン水槽』では、透明のガラス階段をぴょんぴょん飛び跳ねるイワトビペンギンやフンボルトペンギンのかわいらしい姿をみることができます。

海獣ひろば

海獣ひろば



そして、約1,000人を収容できるスタンドを持つ東北最大級のプール『うみの杜スタジアム』では、イルカ・アシカのすばらしいパフォーマンスが行われます。実は、この水族館の運営を担うのは、横浜・八景島シーパラダイスですが、ショーの一員であるバンドウイルカは八景島出身。マリンピア松島水族館出身のカリフォルニアアシカとの共演は、新たな絆を生み出すパフォーマンスとなっています。

フレンドリータイム オタリア

フレンドリータイム オタリア



グルメとショッピングも充実!ぜひ足を運んでみては!

詳細情報

名称 仙台うみの杜水族館
住所 宮城県仙台市宮城野区中野4-6
電話 022-355-2222
営業時間 午前9時~午後6時 ※季節により変動あり
休館日 無休
料金 入館料大人2,100円、中高校生1,600円、小学生1,100円、4歳以上小学生未満600円、65歳以上1,600円
アクセス 仙台東部道路仙石港ICを出てすぐ(東北自動車道 仙台南ICより約20分) / JR仙石線中野栄駅から徒歩約15分
駐車場 臨時駐車場を含め2,250台(料金無料)
ホームページ http://www.uminomori.jp/umino/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 喜多方蔵の里

    ロータスな旅 > 東北

    喜多方蔵の里

    喜多方市は、かつて「北方」と呼ばれ、江戸時代には新田開発や、定期市の保護育成政策により、在郷町として発展しました。それら在郷商人などの資産家によって、酒造などの…

    2015.10.16更新

  • 芭蕉の夢見た景色が目の前に! 日本三景『松島』の島々を船でめぐるクルージング

    ロータスな旅 > 東北

    芭蕉の夢見た景色が目の前に! 日本三景『…

    「ももひきの破れをつづり、笠の緒つけかえて、三里に灸すゆるより、松島の月まづ心にかかりて」これは松尾芭蕉の紀行文『奥の細道』の冒頭に書かれた文です。「長い旅に…

    2016.10.14更新

  • 日本三大ラーメンの一つ、福島県喜多方の『喜多方ラーメン』。その真骨頂ともいえる『支那そば』を食すなら、あっさりながらコクがある黄金スープで人気の『坂内食堂(ばんないしょくどう)』

    ロータスな旅 > 東北

    日本三大ラーメンの一つ、福島県喜多方の『…

    札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられる『喜多方ラーメン(きたかたラーメン)』。“蔵のまち”として知られる、福島県喜多方市を訪れる多…

    2019.09.10更新

  • 十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、隈研吾氏設計のシンプル&ウッディな佇まい。『かづの牛』ほかの美味しい味とおんせん足湯が楽しめる!『道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)』

    ロータスな旅 > 東北

    十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、…

    開湯800年の歴史を誇る、十和田湖に近い温泉地『大湯温泉郷』。この場所に、2018(平成30)年4月にオープンしたのが、『道の駅おおゆ(愛称:湯の駅おおゆ)』で…

    2018.11.12更新

  • 丹野こんにゃく/こんにゃく番所

    ロータスな旅 > 東北

    丹野こんにゃく/こんにゃく番所

    山形名物のひとつに、玉こんにゃくがあります。実は、山形はこんにゃく芋の生産はそれほどでもないが、食べる方は日本一(年間1世帯当たり約10キロで東京の2.4倍!)…

    2015.10.16更新

  • 宮沢賢治童話村

    ロータスな旅 > 東北

    宮沢賢治童話村

    宮沢賢治の童話をテーマにした、イマジネーションと情感にあふれる施設です。1996(平成8)年に「賢治生誕100年」を記念して「賢治の学校」などが造られ、2001…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る