ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

上杉家ゆかりの観光施設が人気の米沢に、新しくできた道の駅。米沢牛に米沢ラーメン、十割蕎麦、そして豊かなフルーツにも出会えます!『道の駅 米沢 上杉の城下町』

2018年10月9日更新

米沢藩初代藩主・上杉景勝の治世から明治維新までの270年間、米沢は城下町として栄えました。市内には、上杉謙信を祀る上杉神社や上杉家廟所、上杉記念館など多くの見どころがあります。
2018年(平成30年)4月にオープンした『道の駅 米沢 上杉の城下町』は、落ち着きのある和風の外観が特徴。内部には木をふんだんに使用し、城下町をイメージした造りとなっています。この道の駅は、米沢市を含む3市5町からなる置賜(おきたま)エリアの新しい情報発信基地として、地元からも大きな期待が寄せられています。

道の駅 米沢 外観
新しい道の駅だけに、施設内容も最近の道の駅ニーズに応えるべく、かなり考えられています。

道の駅 米沢 全体外観3
まずは、ぜったい外せないグルメのコーナーを見てみましょう。
『米沢牛ステーキレストラン牛毘亭』は、上質な米沢牛を味わえるお店。ステーキはもちろん、串焼きやカルパッチョなどで米沢牛をしっかり堪能できます。
手軽に食べるなら、フードコートが便利です。『牛どんぶり亭』では、米沢牛を使った『すき焼き重』(1800円)や、『カルビ重』(2000円)などを用意。ほかにも、『ローストビーフ丼』(1250円)や『焼き肉丼』(980円)など、もう「肉、肉、肉!」のメニューが「これでもか!」とそろっています。
『米沢ラーメン』のイチオシは、店名と同じ名の『米沢ラーメン』(醤油味・650円)と、『米沢辛みそラーメン』(800円)。『牛すじ旨煮そば』(850円)も人気です。
さっぱりと食べたいなら、『蕎麦処』へ。『十割板蕎麦』(900円)や、『米沢牛つけそば』(1300円)がおすすめです。

道の駅 米沢 内観2
このほか、フードコート内には『米沢ブレンドコーヒ-』(250円)や『ジェラート』(350~500円)などを取りそろえるファストフード店もあります。
ショッピングも欠かせぬ道の駅の楽しみ。お土産コーナーの充実ぶりはなかなかのものです!
『農産物直売所』では、米沢とその近郊で生産された農産物や畜産物、惣菜を販売。この地域は果樹の生産も盛んなので、フルーツのチェックもお忘れなく!『特産品販売所』には、県内の酒蔵のお酒や、お菓子などがずらりと並びます。

道の駅 米沢 農産品直売所2

道の駅 米沢 農産品直売所
また、通路をはさんでお酒販売コーナーもあり、県内各地のほぼ全酒蔵のお酒が揃っているほか、置賜地方はワインが名産品なので、ワイン売場も充実しています。

道の駅 米沢 内観1
上杉家関連の歴史展示コーナーもなかなかのもの。入口の近くにある『総合観光案内所』では、常駐の観光コンシェルジュが米沢市内はもとより山形県全域の観光スポットや、おすすめポイントを教えくれます。

道の駅 米沢 内観
必ずチェックしたいのは、『まちナビカード』のコーナー。置賜エリアの飲食店やレジャー施設で使えるクーポンを自由に持ち帰ることができます。ドリンク1杯サービスや日帰り入浴の割引など、お得なサービスがいっぱいです。『道の駅 米沢』から、次はクーポンのお店へ。そんなかしこい旅のスタート施設として、まずはこの道の駅に寄ってみてください。

道の駅 米沢 まちナビカード

詳細情報

名称 道の駅 米沢 上杉の城下町
住所 山形県米沢市川井1039-1
電話番号 0238-40-8400
営業時間 【物販施設など】午前9時~午後6時、【牛毘亭】平日:午前11時~午後3時(LO午後2時30分)/午後5時~9時(LO午後8時)、土曜・休日は午前11時~午後9時、【フードコート】午前10時~午後6時
定休日 年中無休
アクセス 東北中央自動車道米沢中央ICより、すぐ
駐車場 普通車200台・大型車30台・身障者用4台
ホームページ http://michinoeki-yonezawa.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』に残る、明治時代に建てられた大蚕室が映画ミュージアムに変身!庄内ロケ作品を中心にさまざまな映画のセットや大道具・小道具からポスター・カードなどまで約1000点を展示。『庄内映画村資料館』

    ロータスな旅 > 東北

    山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』に残る…

    山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』は、元は広大な原生林で、1871年(明治5年)に約3000人の旧庄内藩士が58日間で切り拓いた場所です。2年後には、この地で養…

    2019.03.26更新

  • 十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、隈研吾氏設計のシンプル&ウッディな佇まい。『かづの牛』ほかの美味しい味とおんせん足湯が楽しめる!『道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)』

    ロータスな旅 > 東北

    十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、…

    開湯800年の歴史を誇る、十和田湖に近い温泉地『大湯温泉郷』。この場所に、2018(平成30)年4月にオープンしたのが、『道の駅おおゆ(愛称:湯の駅おおゆ)』で…

    2018.11.12更新

  • 日本三大ラーメンの一つ、福島県喜多方の『喜多方ラーメン』。その真骨頂ともいえる『支那そば』を食すなら、あっさりながらコクがある黄金スープで人気の『坂内食堂(ばんないしょくどう)』

    ロータスな旅 > 東北

    日本三大ラーメンの一つ、福島県喜多方の『…

    札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられる『喜多方ラーメン(きたかたラーメン)』。“蔵のまち”として知られる、福島県喜多方市を訪れる多…

    2019.09.10更新

  • 天童温泉や立石寺と一緒に寄ってみたい、わくわくランド『道の駅 天童温泉』

    ロータスな旅 > 東北

    天童温泉や立石寺と一緒に寄ってみたい、わ…

    『道の駅天童温泉』は国道13号線に接して設置され、『森林情報館もり~な天童』(多目的ホール、情報発信コーナー、交流コーナー、体験コーナー、地場産品の展示販売…

    2017.03.13更新

  • アートは見るだけでなく体験するもの!? 五感をフルに使って、これまで気付いていなかった感覚の世界を楽しむことができる宮城県大崎市の『感覚ミュージアム』

    ロータスな旅 > 東北

    アートは見るだけでなく体験するもの!? …

    宮城県北西部に位置する大崎市の岩出山(いわでやま)に、人間の感覚をテーマとするミュージアム、『感覚ミュージアム』があります。『感覚ミュージアム』は、視覚・聴覚…

    2018.04.25更新

  • 北海道から東北地方にかけて水揚げされる『ホッキ貝』。産地で親しまれるメニュー『ほっきめし』は超美味しい!今回は宮城県の山元町(やまもとちょう)の『和風レストラン田園 山元店』をご紹介!

    ロータスな旅 > 東北

    北海道から東北地方にかけて水揚げされる『…

    『ホッキ貝』は、殻の長さが約10センチもある二枚貝。身も大きく、厚みと重さ、そして旨味があります。正式名称は『ウバガイ』ですが、北海道から東北地方にかけて水揚げ…

    2019.11.21更新

< 前のページへ戻る