ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

美しい日本の自然を観て、感じて、体験したくなったら訪ねてみよう!四季折々に楽しめる『十和田湖/奥入瀬渓流』

2020年8月25日更新

青森県と秋田県の県境に位置する『十和田湖』。火山活動によって陥没した場所に雨水が溜まってできる『カルデラ湖』の中でも珍しい『二重カルデラ湖』です。御倉半島と中山半島の間にある中湖(なかのうみ)と呼ばれる部分の水深は327m(国内第3位)もあり、往時の噴火規模の大きさを想像させます。

©十和田奥入瀬観光機構



©十和田奥入瀬観光機構



十和田湖の魅力は、四季折々の美しさ。春は桜、夏には新緑、秋には紅葉が色鮮やかに湖面に映えます。冬には湖全体が雪と氷で真っ白に覆われ、より神秘的な姿に。湖の周りには、木道や歩道が整備されているので、ゆっくり巡ってみましょう。ところどころにある展望台からは、それぞれ違う景色を望むことができます。

©十和田奥入瀬観光機構



©十和田奥入瀬観光機構



もっと間近に楽しむなら、『十和田湖遊覧船』や『十和田湖カヌーツアー』がおすすめです。

©十和田奥入瀬観光機構



©十和田奥入瀬観光機構



『十和田湖遊覧船』は、湖面をゆったりと進みながら、周囲の自然やビューポイントをながめられる航路が2つ用意されています。十和田湖の観光拠点である休屋(やすみや)に、遊覧船乗り場があります。運航時刻や料金などは公式ホームページ(http://www.toutetsu.co.jp/ship.html)を確認してください。

©十和田奥入瀬観光機構



『十和田湖カヌーツアー』は、十和田湖をカヌーで巡るツアーです。参加者自らオールを持ち、漕いで進みます。水鳥の目線で見る風景は、まさに非日常。『十和田湖カヌーツアー』は何社かが実施していますので、インターネットで調べて自分に合ったツアーを予約することをお勧めします。

©十和田奥入瀬観光機構



©十和田奥入瀬観光機構



湖の周辺には、名物のヒメマスを味わえる飲食店や、パワースポットとして知られる『十和田神社』などもあります。また、『十和田ビジターセンター』では、十和田湖の成り立ちなどを模型やパネルで紹介。まず立ち寄って学んでから、湖に向かうとより楽しむことができそうです。

十和田湖に来たらぜひ味わっていただきたいのが「ひめます」料理です!湖畔近くのホテルや旅館でも提供していますよ!  ©十和田奥入瀬観光機構



©十和田奥入瀬観光機構



十和田湖と併せて訪れたいのは、『奥入瀬渓流』。十和田湖から流れ出る奥入瀬川子ノ口(ねのくち)と焼山を結ぶ約14㎞の間を流れる、日本を代表する美しい渓流です。渓流沿いには車道と遊歩道が整備されており、散策しやすいので、ぜひ歩いて渓流の魅力を確かめてみてください。

©十和田奥入瀬観光機構



奥入瀬渓流は、十和田湖畔・子ノ口から焼山までを下っても、逆に焼山から上ってもそれぞれに楽しめます。子ノ口から下る方が体力的には楽と考えられますが、焼山から上る方が渓流の水の美しさを感じられるとも言われています。

©十和田奥入瀬観光機構



焼山からのコースで見所のいくつかを挙げると、三つの川が合流してダイナミックで美しい流れが見られる『三乱の流れ』、うっそうと茂った木立の間を激しく流れる『阿修羅の流れ』、森林にかこまれた断崖(高さ20メートル)を三段になって落下する『雲井の滝』、高さ7メートル・幅20メートルに渡って流れ落ちる『銚子大滝』などがあります。もちろん、これら以外にも森と渓流が織り成す美しい景観は数多くあります。

雲井の滝   ©十和田奥入瀬観光機構



銚子大滝   ©十和田奥入瀬観光機構



銚子大滝   ©十和田奥入瀬観光機構



遊歩道と車道(国道102号線)は並行していますが、途中に駐車スペースがほぼないため、奥入瀬渓流散策には十和田湖周辺の駐車場や、焼山にある『奥入瀬渓流館』の駐車場を利用すると便利です。





また、奥入瀬渓流を楽しむ人のためにレンタサイクルも用意されています。料金は、シティサイクル(4時間1000円)、電動アシスト(4時間1500円)。貸出し・返却場所は、『奥入瀬渓流館』『石ケ戸休憩所』『JRバス子ノ口』の3か所です。ただし、遊歩道内を走行することはできないので、注意してください。

©十和田奥入瀬観光機構



美しく、壮大な『十和田湖/奥入瀬渓流』。さわやかな風に吹かれ、清らかな水音を聞き、心地よいひとときを過ごすことのできる、日本の秘境です。

詳細情報

名称 十和田湖
住所 青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486
電話 0176-75-1531(十和田湖観光交流センター「ぷらっと」)
駐車場 休屋南駐車場(200台)・休屋北駐車場(600台)※いずれも1回500円
アクセス 三沢空港から車で100~110分、青森空港から車で90~110分、東北自動車道十和田ICから50~60分
名称 奥入瀬渓流(焼山)
住所 青森県十和田市奥瀬
電話 0176-74-1233(奥入瀬渓流館)
駐車場 80台
アクセス 三沢空港から車で80分、青森空港から車で90分、東北自動車道十和田ICから80~90分
一般社団法人十和田奥入瀬観光機構ホームページ https://www.towada.travel/
一般社団法人十和田湖国立公園協会ホームページ http://towadako.or.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 喜多方蔵の里

    ロータスな旅 > 東北

    喜多方蔵の里

    喜多方市は、かつて「北方」と呼ばれ、江戸時代には新田開発や、定期市の保護育成政策により、在郷町として発展しました。それら在郷商人などの資産家によって、酒造などの…

    2015.10.16更新

  • 十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、隈研吾氏設計のシンプル&ウッディな佇まい。『かづの牛』ほかの美味しい味とおんせん足湯が楽しめる!『道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)』

    ロータスな旅 > 東北

    十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、…

    開湯800年の歴史を誇る、十和田湖に近い温泉地『大湯温泉郷』。この場所に、2018(平成30)年4月にオープンしたのが、『道の駅おおゆ(愛称:湯の駅おおゆ)』で…

    2018.11.12更新

  • 天童温泉や立石寺と一緒に寄ってみたい、わくわくランド『道の駅 天童温泉』

    ロータスな旅 > 東北

    天童温泉や立石寺と一緒に寄ってみたい、わ…

    『道の駅天童温泉』は国道13号線に接して設置され、『森林情報館もり~な天童』(多目的ホール、情報発信コーナー、交流コーナー、体験コーナー、地場産品の展示販売…

    2017.03.13更新

  • なまはげ館

    ロータスな旅 > 東北

    なまはげ館

    大晦日の夜、「怠けものはいねがー、泣く子はいねがー」と大声を張り上げながら、家々を回って歩くナマハゲは、怠け心を戒め、吉をもたらす来訪神。迎える家では酒や料理な…

    2015.10.16更新

  • SNS映え間違いなし!もちろん美味しい!三陸沖の旬の魚介類を牛乳瓶に詰めた岩手県宮古市の『瓶ドン』

    ロータスな旅 > 東北

    SNS映え間違いなし!もちろん美味しい!…

    岩手県の東側、三陸海岸の南北中ほどに位置する宮古市。内陸では農林業が営まれていますが、海辺では三陸沖を漁場として漁業が盛んです。サケ、サンマ、タラ、イカ、ウニ、…

    2020.04.23更新

  • 上杉家ゆかりの観光施設が人気の米沢に、新しくできた道の駅。米沢牛に米沢ラーメン、十割蕎麦、そして豊かなフルーツにも出会えます!『道の駅 米沢 上杉の城下町』

    ロータスな旅 > 東北

    上杉家ゆかりの観光施設が人気の米沢に、新…

    米沢藩初代藩主・上杉景勝の治世から明治維新までの270年間、米沢は城下町として栄えました。市内には、上杉謙信を祀る上杉神社や上杉家廟所、上杉記念館など多くの見ど…

    2018.10.09更新

< 前のページへ戻る