ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

北海道から東北地方にかけて水揚げされる『ホッキ貝』。産地で親しまれるメニュー『ほっきめし』は超美味しい!今回は宮城県の山元町(やまもとちょう)の『和風レストラン田園 山元店』をご紹介!

2019年11月21日更新

『ホッキ貝』は、殻の長さが約10センチもある二枚貝。身も大きく、厚みと重さ、そして旨味があります。正式名称は『ウバガイ』ですが、北海道から東北地方にかけて水揚げされるためか、『北』に『寄』っている『貝』ということで、いつからか『北寄(ホッキ)貝』と呼ばれるようになりました。

一年を通して水揚げされますが、旬は冬から春。この時期のホッキ貝は、特に肉厚で食べ応えがあり、噛めば噛むほど旨味と甘みを感じることができます。

ホッキ貝の食べ方は、いろいろ。刺身や寿司など生で味わうだけでなく、バター焼きにしたり、カレーの具に入れたりと様々に楽しめます。その中の一つ『ほっきめし』は、ホッキ貝を使った炊き込みご飯。ホッキ貝の産地では、一般家庭でも作られている郷土料理です。



宮城県の山元町(やまもとちょう)、ここも知る人ぞ知るホッキ貝の産地。山元町では漁協の資源管理によって捕獲できるサイズが9.5センチ以上と決められており、大ぶりで良質なホッキ貝を水揚げしています。

山元町には『ほっきめし』を提供する飲食店が多数あります。行列ができるほど人気があるのが、『ほっきめし』を看板メニューに掲げている『和風レストラン田園 山元店』。特製の醤油だれで、ふっくらと柔らかく煮こまれたホッキ貝が、その煮汁を加えて炊き上げたごはんの上に、たっぷり乗せられています。

和風レストラン田園 山元店



和風レストラン田園 山元店



ほっきめし定食



『ほっきめし定食』(1600円、税別、以下同様)や『ほっきめしミニ定食』(1300円)のほか、天ぷらや刺身も付いた『特製ほっきめし膳』(2800円)などを提供。お持ち帰り用折詰(大1500円・小1200円)も用意されています。なお、『ほっきめし』は、12月中旬~5月下旬の期間限定メニューなので、お間違いなく。

『田園』では、サケと生イクラを使った『はらこめし』(提供期間:9月上旬~12月中旬)や、獲れたてのカキが味わえる『かきめし』(提供期間:12月中旬~3月下旬)も人気があります。いずれも、『定食』や『膳』、『お持ち帰り』から選べます。

はらこめし定食



かきめし定食



『和風レストラン田園 亘理店』でも、同様のメニューをそろえています。

ホッキ貝には、タウリンやミネラルなどの栄養も豊富に含まれています。美味しい上、健康効果が期待できるのはうれしいもの。旬の時期をはずさぬように出掛けましょう。

詳細情報

名称 和風レストラン田園 山元店
住所 宮城県亘理郡山元町小平字須崎1
電話 0223-37-0334
営業時間 午前10時30分~午後8時30分(入店は午後8時まで)
定休日 火曜日 (祝日の場合は翌日休)※月曜不定休、元日
アクセス 常磐道山元I.C下車後、すぐ左折
駐車場 70台
名称 和風レストラン田園 亘理店
住所 宮城県亘理郡亘理町逢隈上郡字上147
電話 0223-34-8760
営業時間 午前10時30分~午後8時30分(入店は午後8時まで)
定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)、元日 ※木曜不定休
アクセス 東部道路亘理ICから10分
駐車場 60台
ホームページ http://denen-miyagi.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • つるん、と美味しい「じゅんさい」。その国内有数の生産量を誇る秋田県三種町で、5月~8月限定で体験可能!「じゅんさい摘み採り体験」

    ロータスな旅 > 東北

    つるん、と美味しい「じゅんさい」。その国…

    「じゅんさい」……ご存知でしょうか?じゅんさいは、沼や池で育つスイレン科の水草。水底に根を張り、茎を伸ばして水面に葉を広げます。食用部分は、「ヌメリ」と呼ばれる…

    2021.04.28更新

  • 世界でも珍しい『塩酸』を主成分とした強酸性の泉質。その効能を引き出す様々な浴槽が用意されている“療養・癒しの温泉”『新玉川温泉』

    ロータスな旅 > 東北

    世界でも珍しい『塩酸』を主成分とした強酸…

    秋田と岩手の県境にまたがる八幡平の秋田側に位置して、多様な泉質と豊富な湯量・効能から、秘境の湯治場として人気が高く、長期で滞在する湯治客も多い『玉川温泉』。そ…

    2017.10.24更新

  • 十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、隈研吾氏設計のシンプル&ウッディな佇まい。『かづの牛』ほかの美味しい味とおんせん足湯が楽しめる!『道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)』

    ロータスな旅 > 東北

    十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、…

    開湯800年の歴史を誇る、十和田湖に近い温泉地『大湯温泉郷』。この場所に、2018(平成30)年4月にオープンしたのが、『道の駅おおゆ(愛称:湯の駅おおゆ)』で…

    2018.11.12更新

  • 首振り姿が愛らしい!無益息災&健康のお守り『赤べこ』を、本場会津で作ってみよう

    ロータスな旅 > 東北

    首振り姿が愛らしい!無益息災&健康のお守…

    昨今の民芸ブームの波に乗って巷でひそかに人気を集めているのが、会津名物のお守り『赤べこ』。ゆらゆらと首を揺らす様子と、ぽってりとした丸いフォルムが愛らしい赤い牛…

    2016.09.16更新

  • 山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』に残る、明治時代に建てられた大蚕室が映画ミュージアムに変身!庄内ロケ作品を中心にさまざまな映画のセットや大道具・小道具からポスター・カードなどまで約1000点を展示。『庄内映画村資料館』

    ロータスな旅 > 東北

    山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』に残る…

    山形県鶴岡市にある『松ヶ岡開墾場』は、元は広大な原生林で、1871年(明治5年)に約3000人の旧庄内藩士が58日間で切り拓いた場所です。2年後には、この地で養…

    2019.03.26更新

  • 赤瓦をまとった日本で唯一の天守閣は独特の存在感を放つ。さまざまな感慨を呼び起こす、会津の歴史を伝える『鶴ヶ城』

    ロータスな旅 > 東北

    赤瓦をまとった日本で唯一の天守閣は独特の…

    福島県会津若松市の『鶴ヶ城』は、『若松城』、『会津若松城』、『黒川城』と複数の呼び名を持つ、会津の歴史を伝える城です。1384(至徳1)年、蘆名氏第7代当主の…

    2020.10.13更新

< 前のページへ戻る