ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

さくらんぼ、ラ・フランス、りんご、柿…山形県上山市内の果樹園で寿命を終えた果樹を素材に、ぬくもりのある木の器を製造・販売する『くだものうつわ』

2018年3月13日更新

山形県は、日本有数の“果物王国”であり、南東部の上山市にもたくさんの果樹園があります。
果物を育てるためには、果樹の剪定や間伐が欠かせませんし、30~40年の寿命をまっとうした果樹は伐採し、植え替えられます。果樹園が多いからこそ生じるこうした間伐材を素材とし、木工製品として生まれ変わらせよう…そんな試みを実践している工房&ショップが『くだものうつわ』です。

くだものうつわ3
2006年8月、上山市で地域おこしの活動を行っていた『上山まちづくり塾』の塾長・鈴木正芳さんとメンバーが、木工デザイナーの時松辰夫さん(大分県で『アトリエときデザイン研究所』を主宰)に出会い、木の器づくりにチャレンジすることになりました。元々鈴木さんは建具職人で、メンバーも木工作業に興味を持っていましたが、木の器づくりには素材を丸く削って仕上げる技術が求められるなど、最初はいくつもの壁がありました。それでも時松さんの指導を受けながら木の器づくりに取り組み、上山の果樹を素材とした、ぬくもりのある木の器を生み出すことに成功します。間伐された果樹を素材とするというこだわりが、『くだものうつわ』というブランドネームに込められています。

くだものうつわ1

くだものうつわ2
その後、2010年4月には、市内の4つの保育園で園児の給食用の器として『くだものうつわ』が採用され、話題となりました。
『くだものうつわ』の素材となる果樹は、地元特産のさくらんぼをはじめ、ラ・フランス、柿、りんご、すもも、くるみなど8~10種で、『上山まちづくり塾』が提携する6軒の農家から提供されています。

くだものうつわ6
これらの素材のうち一種類を使う場合もありますが、いくつかの果樹の寄せ木を使って作る木の器には、より『くだものうつわ』らしさが出ている感じがします。
そうした器の一つが『木の葉皿』です。色や質感の違う果樹の寄せ木を使い、木の葉状の皿に仕上げています。まず、それぞれの果樹の素材を、3cm角ぐらいの細い角材として切り出します。色味の違う角材を木の葉の模様に見えるように並べて貼り合わせ、斜めにカットして、さらに貼り合わせて葉脈を形どります。それを、木の葉の形に削りだし、曲線がなめらかになるように仕上げていきます。食器専用の安全な塗料を5回塗り、木の葉皿ができあがります。一つ一つ素材の組み合わせが違いますし、同じ果樹でも木の色は千差万別(皿の裏側には、使用した果樹の根衣装が印字されています)。だから、『くだものうつわ』は、ひとつとして同じ色や木目のものはない、すべてが完全オリジナルの一品なのです。

くだものうつわ4

くだものうつわ5
山形に旅したら、『くだものうつわ』のお店を訪ね、一つ一つの木の器をじっくり手に取って、自分のお気に入りを選んでみてはいかがでしょう?

【参考価格】
木の葉皿小(直径約21cm)参考価格4,200円(税別、以下同様)~、中(直径約24cm)参考価格5,500円~、大(直径約26cm)参考価格7,500円~
寄せ木ランチプレート参考価格7,000円~
楕円プレート参考価格4,000円~
ボウル参考価格4,200円~
参考価格1,000円~

詳細情報

名称 くだものうつわ
住所 山形県上山市金瓶字水上6-2
電話番号 023-672-5861
営業時間 10:00~17:00
定休日 年中無休(正月三カ日を除く)
アクセス 【車】東北中央自動車道 山形上山ICより約3分、【電車】JR山形新幹線のかみのやま温泉駅よりタクシーで約15分(または、かみのやま温泉駅でJR奥羽本線の山形行きに乗り換え、茂吉記念館前駅で下車。徒歩約20分)
ホームページ http://kudamonoutsuwa.org/
備考 ホームページで木の器の通信販売も行っています。
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 青森が生んだ“板画家”の作品とじっくり対面できる『棟方志功記念館』

    ロータスな旅 > 東北

    青森が生んだ“板画家”の作品とじっくり対…

    20世紀を代表する世界的巨匠の一人である棟方志功。棟方志功記念館は、この青森が生んだ世界に誇る板画家・棟方志功の文化勲章受章を記念し、その芸業を永く伝えるため、…

    2016.12.15更新

  • 青森県十三湖の滋味豊かなしじみをたっぷり味わえる『しじみラーメン』を味わうなら、やはり発祥のお店『和歌山』で。しかも、大サイズのしじみが入った『特製しじみラーメン』がオススメ

    ロータスな旅 > 東北

    青森県十三湖の滋味豊かなしじみをたっぷり…

    津軽半島の北西部に位置する、周囲約30kmの『十三湖(じゅうさんこ)』。名の由来は、「13の川が流れ込んでいるから」、「近くに13の集落があったから」など諸説あ…

    2019.09.10更新

  • “まほろばの里”山形県高畠町に1990年に創業した、観光も楽しめるワイナリー『高畠ワイナリー』

    ロータスな旅 > 東北

    “まほろばの里”山形県高畠町に1990年…

    山形県高畠町は、南は福島県、東は宮城県に隣接する自然豊かな町です。古くから“まほろばの里”(まほろばとは、丘や山に囲まれた住み良い所という意味)と呼ばれ、人々の…

    2017.09.12更新

  • 芭蕉の夢見た景色が目の前に! 日本三景『松島』の島々を船でめぐるクルージング

    ロータスな旅 > 東北

    芭蕉の夢見た景色が目の前に! 日本三景『…

    「ももひきの破れをつづり、笠の緒つけかえて、三里に灸すゆるより、松島の月まづ心にかかりて」これは松尾芭蕉の紀行文『奥の細道』の冒頭に書かれた文です。「長い旅に…

    2016.10.14更新

  • 乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の、稲庭うどんの“幻の生麺”を食べることができる『寛文五年堂(かんぶんごねんどう)秋田店』

    ロータスな旅 > 東北

    乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の…

    “日本三大うどん”のひとつに数えられる『稲庭うどん』。発祥の地は、現在の秋田県湯沢市稲庭地区といわれ、その歴史は江戸時代の寛文年間以来、約350年にもなります。…

    2018.07.25更新

  • “伊達の宿場ビストロ”を名乗るグルメ指向の道の駅。『伊達鶏釜飯』や『牛タン定食』、うどんにパンにお餅、手づくりジェラート、スイーツまで…まさに充実!『道の駅 伊達の郷りょうぜん』

    ロータスな旅 > 東北

    “伊達の宿場ビストロ”を名乗るグルメ指向…

    『道の駅伊達の郷りょうぜん』は、2018(平成30)年3月に、伊達市初の道の駅として霊山(りょうぜん)町にオープンしました。レストランやパン工房、スイーツショ…

    2018.11.12更新

< 前のページへ戻る