ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

フタバスズキリュウに代表される化石と常磐炭田の採掘の歴史という、いわきの“地の文脈”を再確認する『いわき市石炭・化石館 ほるる』

2018年1月31日更新

1968(昭和43)年、福島県いわき市大久町入間沢の川岸に露出していた地層の中から、当時高校生だった鈴木直さんによって発見されたフタバスズキリュウ(学名フタバサウルス・スズキイ)。この化石の発見により、「日本本土で中生代の大型爬虫類の化石が発見されることはない」という当時の定説はくつがえされたのです。
ところが、クビナガリュウ研究の資料が十分でなかったことなどから、発見当時は新種のクビナガリュウとして認定することができず、発見後38年たった2006(平成18)年に研究者たちの尽力が実り、ようやく新属新種のクビナガリュウと判明したのでした。

いわき市石炭・化石館 ほるる 化石展示室_2
『いわき市石炭・化石館 ほるる』は、常磐炭田の採掘の歴史と、市内で発掘された化石や、地球の歴史を物語る諸外国の化石資料を展示する施設として、1984(昭和59)年に開設されました。

いわき市石炭・化石館 ほるる 施設外景2006_02
エントランスを入るとすぐに、いわき市で発見された日本を代表する化石フタバサウルス・スズキイのレプリカが展示されています。

いわき市石炭・化石館 ほるる エントランス
『化石展示室』には、遠い昔、この地域に生きたさまざまな生き物たちの化石を中心に、世界的に貴重な化石が展示されています。およそ8,500万年前のクビナガリュウや、およそ400万年前のイワキクジラなどの化石が、大きな空間にダイナミックに展示されています。

いわき市石炭・化石館 ほるる 化石展示室2
『学習標本展示室』では、化石、石炭や岩石などさまざまな標本とパネルを展示して、いわきの大地についての知識を深めることができます。

いわき市石炭・化石館 ほるる 学習標本展示室1
『いわき市石炭・化石館 ほるる』の展示のもう一つの柱は、常磐炭田を中心とした石炭採掘の歴史です。『模擬坑道』は、まるで実際に石炭坑道に入ったかのような空間になっており、常磐炭田の始まりから現代までの石炭の掘り方を再現しています。

模擬坑道

模擬坑道



ロードヘッダー掘進切羽

ロードヘッダー掘進切羽



『生活館』は、懐かしい昭和の時代(初期から戦後など)の炭鉱で働いていた人々の生活や、いわき湯本温泉の歴史を展示しています。また、映像ルームでは、化石や石炭に関する資料映像を放映しています。

生活館

生活館



そのほか、敷地内には、岩石園や蒸気機関車『D51』などの展示もあります。

岩石園

岩石園



『いわき市石炭・化石館 ほるる』で好評を得ているプログラムとして、体験教室があります。
毎週土・日曜日と祝日、夏・冬・春の学校休暇中の毎日、アンモナイトの標本作成やコハクのアクセサリー工作の体験教室を開催しています。アンモナイト標本作製教室は、本物のアンモナイト化石を使い、ハンマーとタガネで化石のまわりの岩を取りのぞき、標本カードを書いて、ケースに収納するまで体験です。コハク(コーパル) アクセサリー工作教室は、アフリカ産コーパルを材料にサンドペーパーで整形し、磨きをかけてペンダントなどのオリジナルアクセサリーを作成する体験です(コハクに対して生成年代の若い天然樹脂をコーパルといいます)。普段触れることのできない実物を使った体験から、化石や岩石・鉱物に対していっそう興味喚起されるプログラムとなっています。

いわき市石炭・化石館 ほるる コハク体験風景_2

いわき市石炭・化石館 ほるる 完成見本アンモナイト1
また、ミュージアムショップでは、恐竜やクビナガリュウのグッズのほか、いわき市の名産品も取り揃えておりますので、ぜひご利用ください。

ミュージアムショップ

ミュージアムショップ

詳細情報

名称 いわき市石炭・化石館ほるる
住所 福島県いわき市常磐湯本町向田3-1
電話番号 0246-42-3155
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 毎月第3火曜日(第3火曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)、1月1日
料金 一般650円、大・高・中学生430円、小学生320円
アクセス 【車】常磐自動車道 いわき湯本ICから約5km(車で約10分)、【電車】JR常磐線 湯本駅下車、徒歩約15分
駐車場 大型20台・普通車66台
ホームページ http://www.sekitankasekikan.or.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • アートは見るだけでなく体験するもの!? 五感をフルに使って、これまで気付いていなかった感覚の世界を楽しむことができる宮城県大崎市の『感覚ミュージアム』

    ロータスな旅 > 東北

    アートは見るだけでなく体験するもの!? …

    宮城県北西部に位置する大崎市の岩出山(いわでやま)に、人間の感覚をテーマとするミュージアム、『感覚ミュージアム』があります。『感覚ミュージアム』は、視覚・聴覚…

    2018.04.25更新

  • 喜多方蔵の里

    ロータスな旅 > 東北

    喜多方蔵の里

    喜多方市は、かつて「北方」と呼ばれ、江戸時代には新田開発や、定期市の保護育成政策により、在郷町として発展しました。それら在郷商人などの資産家によって、酒造などの…

    2015.10.16更新

  • 世界遺産(自然遺産)に登録された白神山地の観光拠点。水陸両用バスが発着し、山の幸や白神十割そばが味わえる!ご当地アイスには生はちみつのトッピングが無料!『道の駅 津軽白神』

    ロータスな旅 > 東北

    世界遺産(自然遺産)に登録された白神山地…

    広大なブナの原生林を抱える白神山地は、日本で初めて世界遺産(自然遺産)に登録された場所。そんな白神山地の玄関口に建つのが『道の駅津軽白神』です。もともとは、西…

    2018.07.25更新

  • 美しい日本の自然を観て、感じて、体験したくなったら訪ねてみよう!四季折々に楽しめる『十和田湖/奥入瀬渓流』

    ロータスな旅 > 東北

    美しい日本の自然を観て、感じて、体験した…

    青森県と秋田県の県境に位置する『十和田湖』。火山活動によって陥没した場所に雨水が溜まってできる『カルデラ湖』の中でも珍しい『二重カルデラ湖』です。御倉半島と中山…

    2020.08.25更新

  • 登米(とめ)市のB級グルメ「油麩丼(あぶらふどん)」を発祥の店「味処もん」でいただく

    ロータスな旅 > 東北

    登米(とめ)市のB級グルメ「油麩丼(あぶ…

    宮城県仙台市から車で1時間30分ほどの場所にある登米(とめ)市。その一角には明治時代に建てられた洋風建築物や、蔵造りの建物などが今も残り、「みやぎの明治村」とし…

    2016.06.14更新

  • 赤瓦をまとった日本で唯一の天守閣は独特の存在感を放つ。さまざまな感慨を呼び起こす、会津の歴史を伝える『鶴ヶ城』

    ロータスな旅 > 東北

    赤瓦をまとった日本で唯一の天守閣は独特の…

    福島県会津若松市の『鶴ヶ城』は、『若松城』、『会津若松城』、『黒川城』と複数の呼び名を持つ、会津の歴史を伝える城です。1384(至徳1)年、蘆名氏第7代当主の…

    2020.10.13更新

< 前のページへ戻る