ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

つるん、と美味しい「じゅんさい」。その国内有数の生産量を誇る秋田県三種町で、5月~8月限定で体験可能!「じゅんさい摘み採り体験」

2021年6月8日更新

「じゅんさい」……ご存知でしょうか?じゅんさいは、沼や池で育つスイレン科の水草。水底に根を張り、茎を伸ばして水面に葉を広げます。食用部分は、「ヌメリ」と呼ばれるゼリー状の膜で覆われた幼葉(新芽)。ツルツル、プリプリとした食感が特徴です。



じゅんさいは、万葉集に登場するほど古くから日本に自生し、かつて国内全域で見られましたが、現在は、多くの県で絶滅・準絶滅危惧種に指定されていて、今や希少な食材となっています。

そんなじゅんさいで、国内有数の生産量を誇るのが秋田県三種町。



三種町では、5月~8月の収穫期に「じゅんさい摘み採り体験」を行っています。体験は、じゅんさいの葉で覆われた、水深50~60センチの沼に小舟を漕ぎ出すところからスタート。水中に目を凝らし、幼葉を一つ一つ摘み取っていきます。ヌルヌルしていて、つかみにくいからこそ採れたときはうれしいもの。少しずつ要領が分かり、次々に採れるようになると楽しさもアップします。制限時間は最長で3時間。その前にバケツが一杯になったら終了です。



小舟の乗り方や、じゅんさいの摘み採り方は、しっかり教えてもらえるので子供も安心して参加できます。予約は、体験希望日の3日前までに観光情報センターへ。ホームページからも申し込みOKです。じゅんさい摘み採り体験に出かける際は、屋外で長時間の活動になるので、帽子やタオル、飲み物などの用意をお忘れなく。



体験で摘み採ったじゅんさいは、すべて持ち帰ることができます。食べる前に、大切なのは下処理。ヌメリが取れないよう、たっぷりの水でそっと洗った後、1、2分茹でて、氷水で冷ましたら出来上がりです。そのままワサビ醤油やポン酢で食べたり、蕎麦やそうめんに添えたりして味わいましょう。

地元では、比内地鶏、エノキや舞茸などの茸類、長ネギやミズ(秋田で採れる山菜)、だまこ(炊いたお米をすり潰して団子状に丸めたもの)などと一緒にじゅんさいを入れて作る「じゅんさい鍋」(比内地鶏の出汁で、醤油味)が定番。「夏に鍋ですか?」という声も聞こえてきますが、食べてみれば納得の美味しさです!じゅんさい鍋や味噌汁にじゅんさいを入れる場合は、煮込まず、食べる直前に投入するのがヌメリを守るポイントです。

じゅんさい鍋、酢の物



自分で摘み採ったじゅんさいは、一味も二味も違うはず。特産地だからこそできる、貴重な体験をぜひ!

詳細情報

予約申込先 観光情報センター(秋田県山本郡三種町鹿渡字高石野123-2 道の駅ことおか内(営業時間:9:00~17:00)、電話:0185-88-8020、秋田自動車道琴丘森岳ICから約10分)
※令和3年度は秋田県内在住の方限定
体験入期間 5月~8月
体験時間 午前9時~午後3時30分あるいは4時 ※体験場所によって違います。
定休日 お盆 ※大雨、強風の場合は中止
料金 中学生以上2000円、小学生1000円(幼児無料)
体験場所 ・阿部農園 秋田県山本郡三種町志戸橋字大下34、営業時間:午前9時~午後3時30分 ※観光情報センターから車で20分
・石川さんの沼 秋田県能代市浅内字寒川家上148-1、営業時間:午前9時~午後3時30分 ※観光情報センターから車で20分
・里山・志戸田園 秋田県山本郡三種町豊岡金田字砂小沢133、営業時間:午前9時~午後4時 ※観光情報センターから車で20分
・安藤農園 秋田県山本郡三種町森岳字横沢岱247-2、営業時間:午前9時~午後4時 ※観光情報センターから車で15分
・森田畜産 秋田県山本郡三種町豊岡金田字石持54-6、営業時間:午前9時~午後4時 ※観光情報センターから車で20分
・北林農場 秋田県山本郡三種町下岩川字芹沢14-1、営業時間:午前9時~午後4時 ※観光情報センターから車で20分
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 大地の神秘を実感する鍾乳洞とドラゴンブルーの地底湖「龍泉洞」

    ロータスな旅 > 東北

    大地の神秘を実感する鍾乳洞とドラゴンブル…

    岩手県岩泉町にある龍泉洞は日本三大鍾乳洞(他は、山口県美祢市の秋芳洞、高知県香美市の龍河洞)の一つとされ、洞内に棲むコウモリと共に国の天然記念物に指定されていま…

    2016.06.14更新

  • 仙台場外市場 杜の市場

    ロータスな旅 > 東北

    仙台場外市場 杜の市場

    仙台市中央卸売市場に隣接した「仙台場外市場・杜の市場」は、地元の人や観光客も気軽に立ち寄れる場外市場として親しまれています。震災直後の2011(平成23)年5月…

    2015.10.16更新

  • ノスタルジックな旧秋田銀行本店本館の建物を活用した「秋田市立赤れんが郷土館」

    ロータスな旅 > 東北

    ノスタルジックな旧秋田銀行本店本館の建物…

    「秋田市立赤れんが郷土館」は、赤れんが館と、管理棟、収蔵庫の3つの棟からなっています。赤れんが館は、1912(明治45)年に完成した旧秋田銀行本店本館の建物で、…

    2024.04.11更新

  • 磐井川の清流と岩がまるで水墨画のようなシーンを見せてくれる「厳美渓(げんびけい)」

    ロータスな旅 > 東北

    磐井川の清流と岩がまるで水墨画のようなシ…

    岩手県一関市を流れる磐井川。「厳美渓(げんびけい)」は、この川沿いに2キロメートルにわたって続く渓谷で、国の名勝・天然記念物に指定されています。流れる水が巨岩を…

    2021.06.24更新

  • 民話の古里として知られる遠野にできた、大きな風車がシンボルの『道の駅遠野風の丘』(岩手県)

    ロータスな旅 > 東北

    民話の古里として知られる遠野にできた、大…

    民話の古里として知られる遠野は、そのキャッチフレーズである「永遠の日本のふるさと」がまさにピッタリの日本の原風景をとどめています。『遠野風の丘』は、岩手県遠野…

    2017.02.13更新

  • 絶景ラウンジや美しい螺旋階段が見もの! 安藤忠雄の手がけたリュクスな美術館・・・『秋田県立美術館』

    ロータスな旅 > 東北

    絶景ラウンジや美しい螺旋階段が見もの! …

    秋田県の新しい絶景スポットとして話題となっている場所があります。『秋田県立美術館』は、秋田市の中心市街地にある千秋公園を望む地といった特徴を活かし、「ここにしか…

    2016.10.14更新

< 前のページへ戻る