ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

札幌からやってきた味噌ラーメンが、青森の地で“カレー”と“牛乳”の力を得て独自に発展した『味噌カレー牛乳ラーメン』・・・by『味の札幌 大西』

2018年4月13日更新

青森市のB級グルメといえば『味噌カレー牛乳ラーメン』です。コクのある味噌をベースにしつつ、スパイシーなカレー(カレー粉)と牛乳のまろやかさが混然となり、独特のうま味を醸し出しています。(一般的に)具は、チャーシュー、モヤシ、バター、ワカメ、メンマとなっています。

味噌カレー牛乳ラーメン

味噌カレー牛乳ラーメン



この『味噌カレー牛乳ラーメン』は、一人のラーメン職人が味噌ラーメンの本場・札幌から青森にやってきたことに端を発します。その職人とは、故・佐藤清さん。札幌ラーメン横丁にラーメン店を出していた佐藤さんが、1968(昭和43)年に青森に移転(「東北に札幌ラーメンを広めるため」「東京出店を目指したが、途中立ち寄った青森の居心地がよかった」など諸説あり)して『味の札幌』を開店。さらに1970年代に、松竹会館(映画館)に支店を出店。ここの常連客であった中高生の間で、ラーメンにケチャップやマヨネーズ、コーラなどを入れて食べることが流行したことが発端で、その中から「味噌ラーメンにカレーとミルクを入れてほしい」とのリクエストがあったのだとか。実際に作ってみると、たいへん美味しく、中高生の間で噂になるほどでした。お店としてはしばらくの間、裏メニュー扱いをしていましたが、客側の要望が高かったので、1978(昭和53)年に正式なメニューとしました。そして、それ以来、青森市民に愛され郷土のソウルフードとなったのです。
現在、青森で『味噌カレー牛乳ラーメン』を提供するラーメン店は、佐藤さんの『味の札幌』からのれん分けで出店した5店です。

味の札幌 大西 外観
その中の一店、『味の札幌 大西』は、元、味の札幌の元従業員であった大西文雄さんが、1991(平成3)年にのれん分けで出店したラーメン店です。大西さんは、元々は佐藤さんの札幌のお店の常連客でした。青森で出店した佐藤さんが、「一緒にやろう」と札幌に迎えに来て、1969(昭和44)年から『味の札幌』で働き出しました。
『味の札幌 大西』の店内は、木目を基調としており、居心地の良い温かい雰囲気です。

味の札幌 大西 外観(のれん)
提供する『味噌カレー牛乳ラーメン』830円(税込、※一番上に掲載の写真)は、一言で言えば「元祖の味」。70年代に登場した頃の味を、しっかり守り続けているのです。
スープのベースとなる自家製味噌ペーストは、北海道産白味噌にショウガやトウガラシなどを加えたオリジナル。これは、「味の札幌」系列の店で受け継がれてきた秘伝の味なのだとか。そこに青森産牛乳とカレー粉、豚骨&鶏ガラスープを投入。味噌、牛乳、カレー粉の割合が味の決め手になるのだとか。麺は中太ちぢれ麺で、歯ごたえがありコシの強さが特徴。食べる際には、トッピングのバターが旨味をさらに広げます。
食べてみないことにはなかなかイメージしにくい『味噌カレー牛乳ラーメン』・・・だったら、食べるしかない!でしょ!

1日20食限定の「ピリ辛ねぎ味噌ラーメン」

1日20食限定の「ピリ辛ねぎ味噌ラーメン」

詳細情報

名称 味の札幌 大西
住所 青森県青森市古川1-15-6
電話番号 017-723-1036
営業時間 午前11時~午後9時30分(L.O.)
定休日 不定休(年末年始・夏休み)
アクセス 青森駅から徒歩10分程度
駐車場 『まちなか温泉駐車場』を利用のこと。1000円未満の飲食利用で30分の駐車券、1000円以上の飲食利用で1時間分の駐車券を提供。※例外日:毎月第二火曜日
ホームページ https://www.oonishi0024.co.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 民話の古里として知られる遠野にできた、大きな風車がシンボルの『道の駅遠野風の丘』(岩手県)

    ロータスな旅 > 東北

    民話の古里として知られる遠野にできた、大…

    民話の古里として知られる遠野は、そのキャッチフレーズである「永遠の日本のふるさと」がまさにピッタリの日本の原風景をとどめています。 『遠野風の丘』は、岩手県遠野…

    2017.02.13更新

  • 2,000匹のクラゲが浮遊する大水槽をはじめ、まるでクラゲのテーマパークのような「鶴岡市立加茂水族館」

    ロータスな旅 > 東北

    2,000匹のクラゲが浮遊する大水槽をは…

    今や「世界一のクラゲ水族館」として、全国にその名を知られるようになった「鶴岡市立加茂水族館」。クラゲをテーマに展示するコーナー「クラネタリウム」では、最大50 …

    2016.08.19更新

  • “まほろばの里”山形県高畠町に1990年に創業した、観光も楽しめるワイナリー『高畠ワイナリー』

    ロータスな旅 > 東北

    “まほろばの里”山形県高畠町に1990年…

    山形県高畠町は、南は福島県、東は宮城県に隣接する自然豊かな町です。古くから“まほろばの里”(まほろばとは、丘や山に囲まれた住み良い所という意味)と呼ばれ、人々の…

    2017.09.12更新

  • 日本一のりんごの町で、りんご三昧を体験したいならここ!『道の駅 なみおか アップルヒル』

    ロータスな旅 > 東北

    日本一のりんごの町で、りんご三昧を体験し…

    青森市浪岡地区は、「りんごの生産日本一」の町です。栽培品種は「ふじ」が半分以上を占め、「ジョナゴールド」「王林」などが続きます。収穫は11月が最盛期となりますが…

    2017.04.25更新

  • 登米(とめ)市のB級グルメ「油麩丼(あぶらふどん)」を発祥の店「味処もん」でいただく

    ロータスな旅 > 東北

    登米(とめ)市のB級グルメ「油麩丼(あぶ…

    宮城県仙台市から車で1時間30分ほどの場所にある登米(とめ)市。その一角には明治時代に建てられた洋風建築物や、蔵造りの建物などが今も残り、「みやぎの明治村」とし…

    2016.06.14更新

  • フタバスズキリュウに代表される化石と常磐炭田の採掘の歴史という、いわきの“地の文脈”を再確認する『いわき市石炭・化石館 ほるる』

    ロータスな旅 > 東北

    フタバスズキリュウに代表される化石と常磐…

    1968(昭和43)年、福島県いわき市大久町入間沢の川岸に露出していた地層の中から、当時高校生だった鈴木直さんによって発見されたフタバスズキリュウ(学名フタバサ…

    2018.01.31更新

< 前のページへ戻る