ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

札幌からやってきた味噌ラーメンが、青森の地で“カレー”と“牛乳”の力を得て独自に発展した『味噌カレー牛乳ラーメン』・・・by『味の札幌 大西』

2018年4月13日更新

青森市のB級グルメといえば『味噌カレー牛乳ラーメン』です。コクのある味噌をベースにしつつ、スパイシーなカレー(カレー粉)と牛乳のまろやかさが混然となり、独特のうま味を醸し出しています。(一般的に)具は、チャーシュー、モヤシ、バター、ワカメ、メンマとなっています。

味噌カレー牛乳ラーメン

味噌カレー牛乳ラーメン



この『味噌カレー牛乳ラーメン』は、一人のラーメン職人が味噌ラーメンの本場・札幌から青森にやってきたことに端を発します。その職人とは、故・佐藤清さん。札幌ラーメン横丁にラーメン店を出していた佐藤さんが、1968(昭和43)年に青森に移転(「東北に札幌ラーメンを広めるため」「東京出店を目指したが、途中立ち寄った青森の居心地がよかった」など諸説あり)して『味の札幌』を開店。さらに1970年代に、松竹会館(映画館)に支店を出店。ここの常連客であった中高生の間で、ラーメンにケチャップやマヨネーズ、コーラなどを入れて食べることが流行したことが発端で、その中から「味噌ラーメンにカレーとミルクを入れてほしい」とのリクエストがあったのだとか。実際に作ってみると、たいへん美味しく、中高生の間で噂になるほどでした。お店としてはしばらくの間、裏メニュー扱いをしていましたが、客側の要望が高かったので、1978(昭和53)年に正式なメニューとしました。そして、それ以来、青森市民に愛され郷土のソウルフードとなったのです。
現在、青森で『味噌カレー牛乳ラーメン』を提供するラーメン店は、佐藤さんの『味の札幌』からのれん分けで出店した5店です。

味の札幌 大西 外観
その中の一店、『味の札幌 大西』は、元、味の札幌の元従業員であった大西文雄さんが、1991(平成3)年にのれん分けで出店したラーメン店です。大西さんは、元々は佐藤さんの札幌のお店の常連客でした。青森で出店した佐藤さんが、「一緒にやろう」と札幌に迎えに来て、1969(昭和44)年から『味の札幌』で働き出しました。
『味の札幌 大西』の店内は、木目を基調としており、居心地の良い温かい雰囲気です。

味の札幌 大西 外観(のれん)
提供する『味噌カレー牛乳ラーメン』830円(税込、※一番上に掲載の写真)は、一言で言えば「元祖の味」。70年代に登場した頃の味を、しっかり守り続けているのです。
スープのベースとなる自家製味噌ペーストは、北海道産白味噌にショウガやトウガラシなどを加えたオリジナル。これは、「味の札幌」系列の店で受け継がれてきた秘伝の味なのだとか。そこに青森産牛乳とカレー粉、豚骨&鶏ガラスープを投入。味噌、牛乳、カレー粉の割合が味の決め手になるのだとか。麺は中太ちぢれ麺で、歯ごたえがありコシの強さが特徴。食べる際には、トッピングのバターが旨味をさらに広げます。
食べてみないことにはなかなかイメージしにくい『味噌カレー牛乳ラーメン』・・・だったら、食べるしかない!でしょ!

1日20食限定の「ピリ辛ねぎ味噌ラーメン」

1日20食限定の「ピリ辛ねぎ味噌ラーメン」

詳細情報

名称 味の札幌 大西
住所 青森県青森市古川1-15-6
電話番号 017-723-1036
営業時間 午前11時~午後9時30分(L.O.)
定休日 不定休(年末年始・夏休み)
アクセス 青森駅から徒歩10分程度
駐車場 『まちなか温泉駐車場』を利用のこと。1000円未満の飲食利用で30分の駐車券、1000円以上の飲食利用で1時間分の駐車券を提供。※例外日:毎月第二火曜日
ホームページ https://www.oonishi0024.co.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 福島県羽鳥湖高原にある「パスポートのいらない英国」を訪問!中世英国様式で統一されたリゾート『ブリティッシュヒルズ』では英語が公用語!!

    ロータスな旅 > 東北

    福島県羽鳥湖高原にある「パスポートのいら…

    福島県の羽鳥湖高原に位置する『ブリティッシュヒルズ』は、中世英国様式で統一されたリゾート施設です。キャッチフレーズは「パスポートのいらない英国」。7万3千坪もの…

    2020.02.06更新

  • なまはげ館

    ロータスな旅 > 東北

    なまはげ館

    大晦日の夜、「怠けものはいねがー、泣く子はいねがー」と大声を張り上げながら、家々を回って歩くナマハゲは、怠け心を戒め、吉をもたらす来訪神。迎える家では酒や料理な…

    2015.10.16更新

  • 「イカの水揚げ日本一」を誇る八戸の“食のテーマパーク”『八食センター』

    ロータスな旅 > 東北

    「イカの水揚げ日本一」を誇る八戸の“食の…

    全国の港で、常にベスト10に入る水揚げを上げている青森県八戸港。水揚げされる魚種ではイカ、サバが多く、全体の約8割を占めています。特にイカについては、長きに渡っ…

    2017.10.10更新

  • 十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、隈研吾氏設計のシンプル&ウッディな佇まい。『かづの牛』ほかの美味しい味とおんせん足湯が楽しめる!『道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)』

    ロータスな旅 > 東北

    十和田湖近くに新規オープンした道の駅は、…

    開湯800年の歴史を誇る、十和田湖に近い温泉地『大湯温泉郷』。この場所に、2018(平成30)年4月にオープンしたのが、『道の駅おおゆ(愛称:湯の駅おおゆ)』で…

    2018.11.12更新

  • アートは見るだけでなく体験するもの!? 五感をフルに使って、これまで気付いていなかった感覚の世界を楽しむことができる宮城県大崎市の『感覚ミュージアム』

    ロータスな旅 > 東北

    アートは見るだけでなく体験するもの!? …

    宮城県北西部に位置する大崎市の岩出山(いわでやま)に、人間の感覚をテーマとするミュージアム、『感覚ミュージアム』があります。『感覚ミュージアム』は、視覚・聴覚…

    2018.04.25更新

  • 日本でも数少ない回転式の展望台。男鹿半島にある寒風山の山頂から360度のパノラマが眺望できる!『スカイパーク寒風山回転展望台』

    ロータスな旅 > 東北

    日本でも数少ない回転式の展望台。男鹿半島…

    日本海に突き出た男鹿半島に広がる男鹿市。寒風山は、市内にある休火山です。この一帯は、景観や地形・地層などが貴重であることから、2011年に『男鹿半島・大潟ジオパ…

    2020.07.21更新

< 前のページへ戻る