ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

“遠野ジンギスカン”を生み、守り、育ててきた「じんぎすかんあんべ」

2024年6月28日更新

北海道の名物として知られる「ジンギスカン」。実は、岩手県遠野市でも古くから親しまれていて、地元では「焼肉=ジンギスカン」と認識されているほどです。“一家に一台ジンギスカン鍋がある”と言われている点も北海道と同じです。

じんぎすかんあんべ3

じんぎすかんあんべ



遠野市の「じんぎすかんあんべ」は、岩手県内で初めてジンギスカンを提供したお店です。1955(昭和22)年、初代の安部梅吉氏が、営んでいた精肉店兼食堂で店頭にジンギスカンを出します。しばらくはあまり売れませんでしたが、オリジナルのタレを開発したことをきっかけに、人気店となりました。

じんぎすかんあんべ5

じんぎすかんあんべ7

後を継いだ2代目は、野外で利用しやすい「ジンギスカンバケツ」を考案。金属製のバケツの上にジンギスカン鍋を乗せ、手軽に調理ができるようにしたもので、遠野市民の間に定着した後、全国へ広がっていきました。

じんぎすかんあんべ10

「じんぎすかんあんべ」は、2023(令和5年)年10月にリニューアルオープン。店舗を新しくするとともに、店名を「ジンギスカンのあんべ」から現在の名称へ変更しました。

じんぎすかんあんべ6

じんぎすかんあんべ11

一方、味へのこだわりは、創業時から変わらず。レシピを守り続けている醤油ベースの“秘伝のタレ”は、後味さっぱりで、多くのファンを惹きつけています。オーストラリアから輸入している高品質の羊肉は、そのおいしさをより引き出すため、職人の手で丁寧に切り分けています。

また、調理法・食べ方は、タレに漬けた肉を焼くのではなく、焼いた肉をタレにつけて食べる“後付け”が基本となっています。

メニューは「マトンモモ定食」(1380円、税込、以下同様)、「ラムカタロース定食」(1980円)などのほか、マトンモモ・ラムカタ・ラムモモ・カタロースを味わえる「あんべ食べ比べセット定食」(2180円)などの定食のほか、「じんぎすかんカレーライス」(980円)や「あんべの冷風麺」(880円)などの単品メニューもそろっています。

じんぎすかんあんべ14

マトンモモ定食



じんぎすかんあんべ15

ラムカタロース定食



じんぎすかんあんべ4

あんべ食べ比べセット定食



じんぎすかんあんべ2

じんぎすかんカレーライス



じんぎすかんあんべ8

あんべの冷風麺



リニューアルオープンを機に、羊乳や遠野市産の牛乳・ブルーベリーを使ったスイーツも登場。「プリン」(480円)、「ペコリーノチーズケーキ」(530円)、「ペコリーノタルト」(480円)など、すべて店内で手作りされています。

じんぎすかんあんべ9

プリン



じんぎすかんあんべ12

ペコリーノチーズケーキ



じんぎすかんあんべ13

ペコリーノタルト



ショップでは、ジンギスカン用の精肉や、レストランで提供されているスイーツなどと並んで、ジンギスカンバケツも販売しています。

じんぎすかんあんべ1

“遠野ジンギスカン”“生み、守り、育ててきた「じんぎすかんあんべ」。地元の人たちに愛されているからこそ、長く続いているお店です。

詳細情報

名称 じんぎすかんあんべ
住所 岩手県遠野市早瀬町2丁目4番12号
電話 0198-62-4077
営業時間 【レストラン】(月~金)午前11時~午後3時 ※LO午後2時30分、午後5時~午後8時 ※LO午後7時30分、(土・日)午前11時~午後8時 ※LO午後7時30分、【ショップ】午前10時~午後7時
定休日 木曜日
駐車場 40台
アクセス 釜石自動車道遠野ICから約8分
ホームページ https://www.anbe.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 日本一の規模を誇る農場で遊んで食べよう!「小岩井農場まきば園」

    ロータスな旅 > 東北

    日本一の規模を誇る農場で遊んで食べよう!…

    岩手山の麓に広がる「小岩井農場」は、1891(明治24)年に創業した歴史ある農場です。名称は3名の創業者、小野義眞(日本鉄道会社副社長)・岩崎彌之助(三菱社社長…

    2022.07.07更新

  • フタバスズキリュウに代表される化石と常磐炭田の採掘の歴史という、いわきの“地の文脈”を再確認する『いわき市石炭・化石館 ほるる』

    ロータスな旅 > 東北

    フタバスズキリュウに代表される化石と常磐…

    1968(昭和43)年、福島県いわき市大久町入間沢の川岸に露出していた地層の中から、当時高校生だった鈴木直さんによって発見されたフタバスズキリュウ(学名フタバサ…

    2018.01.31更新

  • 芭蕉の夢見た景色が目の前に! 日本三景『松島』の島々を船でめぐるクルージング

    ロータスな旅 > 東北

    芭蕉の夢見た景色が目の前に! 日本三景『…

    「ももひきの破れをつづり、笠の緒つけかえて、三里に灸すゆるより、松島の月まづ心にかかりて」これは松尾芭蕉の紀行文『奥の細道』の冒頭に書かれた文です。「長い旅に…

    2016.10.14更新

  • 世界でも珍しい『塩酸』を主成分とした強酸性の泉質。その効能を引き出す様々な浴槽が用意されている“療養・癒しの温泉”『新玉川温泉』

    ロータスな旅 > 東北

    世界でも珍しい『塩酸』を主成分とした強酸…

    秋田と岩手の県境にまたがる八幡平の秋田側に位置して、多様な泉質と豊富な湯量・効能から、秘境の湯治場として人気が高く、長期で滞在する湯治客も多い『玉川温泉』。そ…

    2017.10.24更新

  • 日本三大ラーメンの一つ、福島県喜多方の『喜多方ラーメン』。その真骨頂ともいえる『支那そば』を食すなら、あっさりながらコクがある黄金スープで人気の『坂内食堂(ばんないしょくどう)』

    ロータスな旅 > 東北

    日本三大ラーメンの一つ、福島県喜多方の『…

    札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられる『喜多方ラーメン(きたかたラーメン)』。“蔵のまち”として知られる、福島県喜多方市を訪れる多…

    2019.09.10更新

  • 乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の、稲庭うどんの“幻の生麺”を食べることができる『寛文五年堂(かんぶんごねんどう)秋田店』

    ロータスな旅 > 東北

    乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の…

    “日本三大うどん”のひとつに数えられる『稲庭うどん』。発祥の地は、現在の秋田県湯沢市稲庭地区といわれ、その歴史は江戸時代の寛文年間以来、約350年にもなります。…

    2018.07.25更新

< 前のページへ戻る