ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

南会津に残る江戸時代そのままの茅葺き屋根の町並み「大内宿」

2021年9月27日更新

江戸時代に栄えた宿場町の風情を今に伝える、福島県の「大内宿(おおうちじゅく)」。茅葺屋根の民家兼店舗が建ち並び、まるで時代劇のセットのようです。



大内宿は、旧会津西街道(下野街道)沿いにあり、江戸時代は旅人のみならず、参勤交代で江戸を目指す藩主も利用する重要な場所でした。明治以降、新しい道路や鉄道の路線が大内宿から外れて通るなどしたため近代化が遅れてしまいますが、そのことが昔の町並みが残る結果につながりました。1981(昭和56)年には、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定。同時期に地域住民たちが「大内宿保存会」を設立し、「売らない・貸さない・壊さない」の3原則の下、現在も茅葺屋根の葺き替え作業をはじめとする景観保全活動を続けています。





通りに並ぶのは、土産物店、カフェ、飲食店などさまざま。土産物は会津木綿の布製品、会津塗りの漆器、会津中湯川土人形、起き上がり小法師など豊富で、1軒1軒、じっくり時間をかけて見て回りたいところです。





飲食では、1本のネギを箸の代わりにして食べる「ねぎそば」を提供する店が複数あります。見た目はもちろん、「蕎麦を長ねぎでたぐって食べる+薬味代わりにネギをかじる」という食べ方がインパクトがあり、大内宿の名物となっています。そのほか、じゅうねん(エゴマ)味噌を使用した郷土料理「しんごろう」や名物「栃もち」、焼きたての団子などを販売する店も。宿場町なので、もちろん民宿も営業しています。

通りのほぼ中間地点に「大内宿町並み展示館」が建っています。会津藩の初代藩主・保科正之、二代藩主・保科正経も利用したとされる宿泊所「大内宿本陣」を復元した建物で、大名が籠に乗ったまま出入りする「乗り込み」と呼ばれる玄関や上段の間、風呂などを忠実に再現。館内には、大内宿の歴史や茅葺屋根に関する資料、昔の生活用具など多数展示されています。入館料は大人250円、小・中学生150円で、開館時間は、午前9時~午後4時30分。休館日は年末年始(12月29日~1月3日)です。

通りを進んだ一番奥、湯殿山と呼ばれる小高い丘の上には大内宿見晴台があります。町並みを俯瞰でき、撮影スポットとしても人気です。



山間の自然とともにある大内宿では、四季がことさらに感じられます。春は萌える緑に包まれ、夏は燦々と光を浴び、秋は紅葉に彩られ、冬は雪に覆われます。まるで時間が止まったような風景は、訪れる者を包みこみ、懐かしさを醸しだします。

半夏祭り



毎年9月1日の防災の日







雪まつり

詳細情報

名称 大内宿
住所 福島県南会津郡下郷町大内字山本
電話 0241-68-3611(大内宿観光協会)
営業時間 午前9時~午後5時(店舗により異なる)
駐車場 普通車500円
アクセス 磐越自動車道会津若松ICから約50分
ホームページ https://ouchi-juku.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 日本三大ラーメンの一つ、福島県喜多方の『喜多方ラーメン』。その真骨頂ともいえる『支那そば』を食すなら、あっさりながらコクがある黄金スープで人気の『坂内食堂(ばんないしょくどう)』

    ロータスな旅 > 東北

    日本三大ラーメンの一つ、福島県喜多方の『…

    札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられる『喜多方ラーメン(きたかたラーメン)』。“蔵のまち”として知られる、福島県喜多方市を訪れる多…

    2019.09.10更新

  • 2,000匹のクラゲが浮遊する大水槽をはじめ、まるでクラゲのテーマパークのような「鶴岡市立加茂水族館」

    ロータスな旅 > 東北

    2,000匹のクラゲが浮遊する大水槽をは…

    今や「世界一のクラゲ水族館」として、全国にその名を知られるようになった「鶴岡市立加茂水族館」。クラゲをテーマに展示するコーナー「クラネタリウム」では、最大50…

    2016.08.19更新

  • 北海道から東北地方にかけて水揚げされる『ホッキ貝』。産地で親しまれるメニュー『ほっきめし』は超美味しい!今回は宮城県の山元町(やまもとちょう)の『和風レストラン田園 山元店』をご紹介!

    ロータスな旅 > 東北

    北海道から東北地方にかけて水揚げされる『…

    『ホッキ貝』は、殻の長さが約10センチもある二枚貝。身も大きく、厚みと重さ、そして旨味があります。正式名称は『ウバガイ』ですが、北海道から東北地方にかけて水揚げ…

    2019.11.21更新

  • 世界でも珍しい『塩酸』を主成分とした強酸性の泉質。その効能を引き出す様々な浴槽が用意されている“療養・癒しの温泉”『新玉川温泉』

    ロータスな旅 > 東北

    世界でも珍しい『塩酸』を主成分とした強酸…

    秋田と岩手の県境にまたがる八幡平の秋田側に位置して、多様な泉質と豊富な湯量・効能から、秘境の湯治場として人気が高く、長期で滞在する湯治客も多い『玉川温泉』。そ…

    2017.10.24更新

  • 中尊寺など世界遺産に登録された平泉の観光拠点!しかも、『いわて南牛』はじめ岩手の“おいしいもの”がいろいろ揃った!『道の駅 平泉-黄金(くがね)花咲く理想郷-』

    ロータスな旅 > 東北

    中尊寺など世界遺産に登録された平泉の観光…

    岩手県平泉町は、世界遺産に登録された中尊寺や毛越寺、観自在王院跡など、歴史的建造物の多い町です。『道の駅平泉』は、2017(平成29)年4月に、奥州藤原氏の…

    2018.10.23更新

  • 民話の古里として知られる遠野にできた、大きな風車がシンボルの『道の駅遠野風の丘』(岩手県)

    ロータスな旅 > 東北

    民話の古里として知られる遠野にできた、大…

    民話の古里として知られる遠野は、そのキャッチフレーズである「永遠の日本のふるさと」がまさにピッタリの日本の原風景をとどめています。『遠野風の丘』は、岩手県遠野…

    2017.02.13更新

< 前のページへ戻る