ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

宇宙をちかく身近に感じる!そして、宇宙を楽しむ!!宇宙のスケールを体感できる天文総合博物館『仙台市天文台』

2020年10月29日更新

『仙台市天文台』は、宇宙を身近に感じることができる市立の施設です。1955年(昭和30年)に開設し、2008年(平成20年)には、市中心部から現在地へ移転してリニューアルオープンしました。見て、触れて、学べる展示や、宇宙空間へ誘うプラネタリウム、口径1.3mの『ひとみ望遠鏡』など魅力ある設備がそろっていて、多くの入館者を集め、2018年2月には延べ入館者数300万人を突破しました。

仙台市天文台



ひとみ望遠鏡



『展示室』は、『地球エリア』、『太陽系エリア』、『銀河系エリア』などに分類。それぞれ解説パネルや模型、CG映像などの展示と、体験コーナーなどを設け、分かりやすく解説されています。天の川銀河に包まれるような迫力のある大型スクリーンの映像や、本物の隕石に触ることができる展示など、展示の工夫がいろいろあります。

展示室 1F



体験コーナー『GEN理(げんり)の広場』では、ゲーム感覚で楽しみながら、宇宙を理解する上で重要な「重力」「光」「回転」「原子」「磁界」の5つの原理を、ゲーム感覚で体験できます。ちなみにコーナー名の「GEN」は歴史上に輝く3人の物理学者、ガリレオ(Galileo)、アインシュタイン(Einstein)、ニュートン(Newton)の頭文字に由来しているのだそうです。

展示室(GEN理の広場)



『天文学の歴史エリア』には、仙台藩天文学器機を展示。江戸時代に仙台藩が天体観測に使っていた『渾天儀(こんてんぎ)』、『天球儀』、『象限儀(しょうげんぎ)』の3種類・4基です。日本の天文学史上において、とても貴重な品であり、国の重要文化財に指定されています。

ハイブリッドシステムを導入した『プラネタリウム』では、直径25メートルの水平型ドームに星や星雲などのダイナミックな映像が映し出され、スタッフの生解説が楽しさを倍加させます。季節や時間によってプログラムを変えて投映していますので、公式ウェブサイトで詳しい内容や、当日の投映スケジュールをチェックして行きましょう。



口径1.3メートルの『ひとみ望遠鏡』は、17等星ほどの暗い星まで観測できる天体望遠鏡。ちなみに、肉眼で見えるのは6等星ほどなので、この望遠鏡の性能の素晴らしさがわかります。スタッフの解説付きで望遠鏡を見学できる機会(平日:1日1回/土・日・祝:1日4回)や、毎週土曜日の晴天時に開催の天体観望会(高校生以上200円/小・中学生100円)については公式ウェブサイトを確認してください。



『ミュージアムショップ』には、星座早見盤など天文に関わるアイテムや、仙台市天文台オリジナルグッズが充実しています。注目は、『コズミックキャンディ』(全9種類・1本250円)です。一番人気の『アースキャンディ』は、NASAが撮影した地球の写真を食用シートに転写したもので、その美しさから「食べるのがもったいない」との声が続出!……なのだとか。

アースキャンディ





大人も子供も楽しめる、工夫いっぱいの『仙台市天文台』。気軽に訪問して、宇宙を身近に感じましょう!

詳細情報

名称 仙台市天文台
住所 宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32
電話 022-391-1300
開館時間 午前9時~午後5時、土曜日は午後9時30分まで(展示室は午後5時まで)※いずれも最終入館は閉館の30分前まで
休館日 水曜日・第3火曜日(祝日の場合は翌平日)、12月29日~1月3日
観覧料 展示室】一般610円、高校生350円、小・中学生250円、未就学児無料 【プラネタリウム・1回】一般610円、高校生350円、小・中学生250円、未就学児無料 【セット券(展示室+プラネタリウム・1回)】一般1000円、高校生610円、小・中学生400円、未就学児無料
駐車場 125台(うち身障者用5台)
アクセス 東北自動車道仙台宮城ICから約10分
ホームページ http://www.sendai-astro.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 天童温泉や立石寺と一緒に寄ってみたい、わくわくランド『道の駅 天童温泉』

    ロータスな旅 > 東北

    天童温泉や立石寺と一緒に寄ってみたい、わ…

    『道の駅天童温泉』は国道13号線に接して設置され、『森林情報館もり~な天童』(多目的ホール、情報発信コーナー、交流コーナー、体験コーナー、地場産品の展示販売…

    2017.03.13更新

  • 美しい日本の自然を観て、感じて、体験したくなったら訪ねてみよう!四季折々に楽しめる『十和田湖/奥入瀬渓流』

    ロータスな旅 > 東北

    美しい日本の自然を観て、感じて、体験した…

    青森県と秋田県の県境に位置する『十和田湖』。火山活動によって陥没した場所に雨水が溜まってできる『カルデラ湖』の中でも珍しい『二重カルデラ湖』です。御倉半島と中山…

    2020.08.25更新

  • 豊かな三陸の海を再現した大水槽や東北最大級のパフォーマンスプールを備えた、“復興を象徴する”新しい水族館がオープン!『仙台うみの杜水族館』

    ロータスな旅 > 東北

    豊かな三陸の海を再現した大水槽や東北最大…

    東日本大震災に被害が大き方東北太平洋岸地域。そこに、2015年7月1日、“復興を象徴する”新しい水族館がオープンしました。『仙台うみの杜水族館』です。延床面積…

    2017.11.09更新

  • 山居倉庫(庄内米歴史資料館、酒佃夢の倶楽)

    ロータスな旅 > 東北

    山居倉庫(庄内米歴史資料館、酒佃夢の倶楽…

    山居倉庫(さんきょそうこ)は、1893(明治26)年に旧庄内藩藩主酒井家によって建てられた米保管倉庫で、米どころ庄内のシンボル的な存在です。ケヤキ並木で陽射し…

    2016.03.04更新

  • 明治時代に建てられたルネサンス様式の洋館。館内の『モダン衣裳室』では100着以上のドレスや衣類がレンタルされ、着飾っての撮影もOK!『小坂鉱山事務所』

    ロータスな旅 > 東北

    明治時代に建てられたルネサンス様式の洋館…

    かつて鉱産額日本一を誇り、鉱山の町として栄えた秋田県小坂町。1905年(明治38年)に建てられた『小坂鉱山事務所』は、繁栄の時代を象徴するルネサンス様式の外観が…

    2019.04.09更新

  • 乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の、稲庭うどんの“幻の生麺”を食べることができる『寛文五年堂(かんぶんごねんどう)秋田店』

    ロータスな旅 > 東北

    乾麺以上にコシがあり、モチモチ感が特徴の…

    “日本三大うどん”のひとつに数えられる『稲庭うどん』。発祥の地は、現在の秋田県湯沢市稲庭地区といわれ、その歴史は江戸時代の寛文年間以来、約350年にもなります。…

    2018.07.25更新

< 前のページへ戻る