ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)

青森県十三湖の滋味豊かなしじみをたっぷり味わえる『しじみラーメン』を味わうなら、やはり発祥のお店『和歌山』で。しかも、大サイズのしじみが入った『特製しじみラーメン』がオススメ

2019年9月10日更新

津軽半島の北西部に位置する、周囲約30kmの『十三湖(じゅうさんこ)』。名の由来は、「13の川が流れ込んでいるから」、「近くに13の集落があったから」など諸説あります。チヌやスズキなどが釣れたり、付近で天然記念物のオオワシの姿が見られたりする自然豊かな湖です。



十三湖は、岩木川の淡水と、日本海の海水が交わる汽水湖。湖水の塩分濃度や泥の割合等が最適なことから、湖には良質のヤマトシジミが生育しており、特産品として1年を通し、水揚げされています。ただし、漁が行われる4月10日から10月15日まで(夏場1ヵ月は休漁)は、しじみ漁の時間を午前7時~11時に制限。また、この時期は漁獲量も定めて資源管理を行い、天然のヤマトシジミを守っています。

しじみに含まれている酵素がアルコール分解を助け、肝臓を守る働きがあることはよく知られています。また、鉄分やビタミンB12 なども豊富です。十三湖産のしじみはこうした成分が他の国産しじみに比べ、非常に多いことが特徴の一つとされています。



十三湖周辺の飲食店では、しじみ丼やしじみカレーなど、様々な料理を味わうことができます。中でも外せないのは、『しじみラーメン』です。湖畔に店を構えるドライブイン『和歌山』の2代目店主若山専太郎さんが、1982(昭和57)年に開発し、青森県のご当地ラーメンとして定着しました。

『和歌山』のしじみラーメンは、厳選した十三湖産しじみと、青森県の三厩湾(みんまやわん)産昆布からダシをとったほとんど無色透明なスープが特徴です。麺は、100種類以上の麺を試した末にたどり着いた中細縮れ麺。トッピングはしじみの他、ネギ、わかめ、メンマ、ゆで玉。チャーシューが載っていない、まさにあっさり系のラーメンなのです。



食せば、あっさりとしたスープに、中細縮れ麺によく絡み、後味すっきり。しじみを食べては殻を殻受けに入れるという、なかなか独特の食べ方が体験できます。

ちなみに、中サイズのしじみが入った『しじみラーメン』は850円(税込、以下同様)で、大サイズのしじみが入った『特製しじみラーメン』は1100円(税込)。旅グルメとしては、大サイズを味わえる『特製しじみラーメン』がオススメです!

『和歌山』は民宿でもあるので、もちろん宿泊して、四季の食材を使った素朴な田舎料理と、しじみバター炒めやしじみ汁(おかわり自由だとか!)といった、さらなる十三湖のしじみ食体験を堪能することもできます。





また、十三湖は藻が多いため、エサを求めて毎年白鳥が飛来。12月~2月には、美しい白鳥を間近で見ることができます。そんな湖の恵みと風景をじっくり味わってみるのも良いかもしれません。

詳細情報

名称 十三湖のお食事処・民宿『和歌山』
住所 青森県五所川原市十三羽黒崎133-22
電話 0173-62-2357
営業時間 【4~10月】午前10時~午後5時、【11~3月】午前10時~午後5時
定休日 12月31日、1月1日
アクセス 東北自動車道浪岡ICから75分
駐車場 あり
ホームページ http://sizimi-ramen.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 秋田県名物の“いぶりがっこ”を様々なアレンジでいただく!『食堂いなほ』の『がっこ懐石』

    ロータスな旅 > 東北

    秋田県名物の“いぶりがっこ”を様々なアレ…

    秋田県の名物といえば、“いぶりがっこ”。食べたことはなくても、この名を聞いたことのある人は多いのでは?いぶりがっこは、ダイコンを燻製にして、米糠と塩に漬け込んだ…

    2021.04.13更新

  • 日本でも数少ない回転式の展望台。男鹿半島にある寒風山の山頂から360度のパノラマが眺望できる!『スカイパーク寒風山回転展望台』

    ロータスな旅 > 東北

    日本でも数少ない回転式の展望台。男鹿半島…

    日本海に突き出た男鹿半島に広がる男鹿市。寒風山は、市内にある休火山です。この一帯は、景観や地形・地層などが貴重であることから、2011年に『男鹿半島・大潟ジオパ…

    2020.07.21更新

  • 日本三大急流の一つ、最上川で舟下りを体験!お楽しみは、船頭の舟唄とユニークなトーク!さらに、地元食材満載の舟中弁当がうまい!『最上峡芭蕉ライン』

    ロータスな旅 > 東北

    日本三大急流の一つ、最上川で舟下りを体験…

    最上川は、球磨川(熊本県)、富士川(長野県・山梨県・静岡県)と並ぶ日本三大急流の一つ。江戸時代の俳人・松尾芭蕉が東北・北陸地方の旅を記した『おくのほそ道』で、「…

    2020.10.29更新

  • 竹細工やわら細工、チャグチャグ馬コ、盛岡冷麺・南部せんべいまで、さまざまな手づくり体験ができる!『盛岡手づくり村』

    ロータスな旅 > 東北

    竹細工やわら細工、チャグチャグ馬コ、盛岡…

    南部鉄器をはじめとした伝統工芸品、そして地場の素材を活かした南部せんべいや清酒、味噌醤油、麺類、菓子などの特産品・・・岩手には、さまざまな“手づくり”の技と匠が…

    2017.11.09更新

  • 今や日本を代表する文化となった“マンガ”。そのマンガ文化の殿堂がここ!180人を超える作家が描いた、22万枚以上のマンガの原画を保存・展示する『横手市増田まんが美術館』

    ロータスな旅 > 東北

    今や日本を代表する文化となった“マンガ”…

    世界中に多くのファンを持つ、日本のマンガ。今や日本を代表する文化の一つとなっています。秋田県横手市増田町にある『横手市増田まんが美術館』は、マンガの世界に浸るこ…

    2019.11.21更新

  • 芭蕉の夢見た景色が目の前に! 日本三景『松島』の島々を船でめぐるクルージング

    ロータスな旅 > 東北

    芭蕉の夢見た景色が目の前に! 日本三景『…

    「ももひきの破れをつづり、笠の緒つけかえて、三里に灸すゆるより、松島の月まづ心にかかりて」これは松尾芭蕉の紀行文『奥の細道』の冒頭に書かれた文です。「長い旅に…

    2016.10.14更新

< 前のページへ戻る