ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

四国(徳島、香川、愛媛、高知)

昭和を代表する4コマまんが『フクちゃん』を中心に、奇抜でユーモラスな横山隆一ワールドを体験できる『横山隆一記念まんが館』

2017年12月26日更新

昭和の時代、新聞はメディアの中核にあっていろいろな役割を果たし、また文化を生み出しました。その一つに、4コマまんががあります。新聞の4コマまんがは読者にひとときの安らぎや笑いを提供し、キャラクターは多くの人に愛される存在でした。

「ぼく、フクちゃん」

「ぼく、フクちゃん」



高知市出身のまんが家・横山隆一(よこやまりゅういち)が描いた『フクちゃん』も、そんな4コマまんがの一つです。フクちゃんは、最初は『東京朝日新聞』東京版に連載された『江戸ッ子健ちゃん』に出てくる脇役でした。着物に下駄、大きな学生帽という姿のやんちゃな男の子は主人公の健ちゃんを上回る人気を得たため、登場から8ヶ月後にはフクちゃんを主人公に昇格させ、改題して全国紙に掲載。その後、1956年から掲載紙が『毎日新聞』となり、15年間5,534回の掲載を数える人気シリーズとなりました。
まんが家・横山隆一(1909年5月17日~2001年11月8日)は高知市の出身で、1930年代からまんが界のニューウェーブとして活躍し、『フクちゃん』のほか『デンスケ』『百馬鹿』などのまんが作品を残しました。後に高知市名誉市民となり、日本のまんが家として初めて文化功労者にも叙せられています。
この横山隆一を記念して造られた施設が、高知市にある『横山隆一記念まんが館』です。高知市文化プラザかるぽーと内に、2002年4月7日に開館しました(横山隆一は生前に貴重な資料や作品を寄贈し、まんが館の設立に貢献していましたが、開館を待つことなく亡くなりました)。
『横山隆一記念まんが館』は、横山隆一のユーモアあふれる人柄とその人生、そして作品を紹介するとともに、高知県が生んだ他のまんが家についても展示し、まんが文化をさらに盛り上げる活動を行っています。
まんが館の施設内容を見ていきましょう。
高知市文化プラザかるぽーとの3階にまんが館の入口があり、そこには日本を代表するグラフィックデザイナーである福田繁雄が制作したオブジェ『ぼく。フクちゃん』が設置されています(握手すると挨拶します)。

横山隆一記念まんが館 エントランス

横山隆一記念まんが館 アニメ
『まんがライブラリ』はまんが作品のほか、絵本、評論、美術書など10,000冊以上を所蔵、無料で閲覧できます。『フクちゃん』を検索して読むことができる『フクちゃん百科』もあります。

まんがライブラリ

まんがライブラリ



『魚々タワー』は、横山隆一がデザインした約330匹のユニークな魚たちが空間を泳ぐ全長9メートルのオブジェです。

魚々タワー

魚々タワー



『隆一ギャラリー』では、横山隆一の上京から晩年までの活躍を13メートルの壁面で紹介しています。

隆一ギャラリー

隆一ギャラリー



そして、代表作『フクちゃん』の世界を表現した『フクちゃん通り』。ジグソーパズルやのぞき穴など、さわって遊べる仕掛けもあります。

フクちゃん通り

フクちゃん通り



フクちゃん通り

フクちゃん通り



『アニメーションへの挑戦 おとぎプロ』のコーナーでは、横山隆一が設立したアニメーション制作会社・おとぎプロが制作した『ふくすけ』『ひょうたんすずめ』『おとぎの世界旅行』のダイジェスト版をスクリーンで上映しています。
そして、『わが遊戯的世界』のコーナーでは、在りし日のアトリエやホームバーを再現、鉄道模型、珍コレクションなど、横山隆一の趣味の世界を紹介しています。

ホームバー

ホームバー



電車ジオラマ「隆一ガラガラ」

電車ジオラマ「隆一ガラガラ」



『横山隆一記念まんが館』は、企画展やイベントなども行い、高知を中心にまんが文化の啓発を続けています。

詳細情報

名称 横山隆一記念まんが館
住所 高知県高知市九反田2-1高知市文化プラザかるぽーと内
電話番号 088-883-5029
開館時間 午前9時~午後6時
休館日 毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)、年末年始
料金 一般:410円、高校生以下:無料、65歳以上:200円 ※身体障害者手帳(1、2級)、療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳を所持される方とその介護者1名は200円(企画展 別途)
アクセス 高知自動車道高知ICより約10分 / 高知駅からとさでん交通(電車)にて①『はりまや橋』下車徒歩5分②『菜園場町』下車徒歩3分 / 高知駅からとさでん交通(バス)にて『とさでん交通八幡通』下車徒歩1分
駐車場 普通車200台(有料、30分毎に150円) お問い合わせ横山隆一記念まんが館
ホームページ http://www.kfca.jp/mangakan/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 陶板で原寸大に再現された西洋名画は迫力満点!世界の名画に出会える『大塚国際美術館』

    ロータスな旅 > 四国

    陶板で原寸大に再現された西洋名画は迫力満…

    展示物にはひとつとして原画がなく、すべてレプリカ!?・・・大塚国際美術館は、いっぷう変わった美術館です。ポカリスエットやオロナミンCで有名な大塚グループが、創立…

    2016.09.30更新

  • 明治を背景に司馬遼太郎が描いた、松山市ゆかりの小説『坂の上の雲』を追体験するならば、まず最初に訪れたい「坂の上の雲ミュージアム」

    ロータスな旅 > 四国

    明治を背景に司馬遼太郎が描いた、松山市ゆ…

    産経新聞(夕刊)に1968(昭和43)年4月22日~1972(昭和47)年8月4日にかけて、4年半にわたり連載された、司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』(連載合計1…

    2017.08.08更新

  • カラフルで淡く美味しい香川県の伝統的なお菓子『おいり』が、イメージチェンジで、かなりイケてるという噂です!

    ロータスな旅 > 四国

    カラフルで淡く美味しい香川県の伝統的なお…

    赤、白、ピンク、黄色に緑・・・丸くてカラフルなあられの一種『おいり』。口に入れると、サクッとした歯ごたえの後に、すっと溶けてなくなり、甘さ控え目ですが何とも後を…

    2016.12.27更新

  • タオル美術館ICHIHIRO

    ロータスな旅 > 四国

    タオル美術館ICHIHIRO

    全国のタオルの約60%を生産している今治市。その技術力に裏打ちされた高品質な表現力を、タオルアートなどの見て楽しい観光要素と、新しいタオルライフの提案として展開…

    2015.10.16更新

  • ご当地ラーメンの最右翼『徳島ラーメン』の名を全国区にした『中華そば いのたに本店』

    ロータスな旅 > 四国

    ご当地ラーメンの最右翼『徳島ラーメン』の…

    全国各地のさまざまな背景や世俗・文化などから生まれた“ご当地ラーメン”。その中でも、きわめてユニークな個性を発しているのが『徳島ラーメン』です。1998年、横…

    2017.09.26更新

  • 粉もの好きにはたまらない! 愛媛県松山の港町で食す、安くてうまいB級グルメ『三津浜焼き』

    ロータスな旅 > 四国

    粉もの好きにはたまらない! 愛媛県松山の…

    戦前の駄菓子屋では、水で溶いた小麦粉に刻みネギやわずかな肉片などを乗せて焼き、ソースをかけたものが「洋食」として売られていました。当時はソースさえかければ洋食と…

    2016.10.14更新

< 前のページへ戻る