ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

四国(徳島、香川、愛媛、高知)

徳島県の藍染めの歴史や魅力を学び、藍染体験もできる!「藍住町歴史館 藍の館」

2023年7月20日更新

“青”の美しさで知られる染色工法・藍染め。徳島県は、その原料となる植物“藍”の生産量で日本一を誇っています。徳島県での藍栽培の歴史は古く、気候や土壌が藍の生育に適していたこと、徳島藩が藍の生産を奨励したことなどによって、藍の生産が大きく発展していきました。



濃い色に染めたものは「勝色(かちいろ・かついろ)」とされ、戦国時代の多くの武将が鎧下を藍で染めていました。それも藍の需要拡大につながったようです。

「藍の館」は、徳島県の藍の歴史や魅力を伝える施設です。

藍の館



藍の豪商だった奥村家から13棟もの建物と藍商人奥村家の経営状況に関する膨大な資料が、藍住町(あいずみちょう)に寄贈されたことが開館のきっかけです。

奥村家主屋



奥村家中庭



奥村家文書



13棟の建物に加え資料館を新設して、1989(平成1)年に開館(建物は徳島県の有形文化財にも指定されています)。さらに、2022(令和4)年11月にリニューアルオープンされ、工夫された展示方法によって、歴史栽培・加工・染までの工程などがより分かりやすくなりました。

資料館1F



資料は「資料館」と、「奥村家寝床(南・東)」に展示されています。“寝床”は、「藍染料の加工場」の意味です。展示品は、藍染め製品や藍の栽培に使用されていた農具などさまざま。藍の栽培や製造工程は、紙人形で再現して当時の様子を伝えています。

資料館2F



東寝床



1808(文化5)年に建てられた奥村家の母屋も公開。商談用の部屋や、宴会場として使われていた座敷などを見ることができます。

奥村家住宅表座敷



西座敷



館内では、天然の藍染料を使って作品づくりもできます。染めるものとして、ハンカチ・ハンドタオル(体験染価格:各1000円)、バンダナ・レースハンカチ・手ぬぐい(各1500円)、シルクストール(小2000円・大3500円)、ガーゼストール(3000円)などが用意されているので、好きなものを選んで染めることができます(持ち込み品の藍染も可能。詳細は公式HPで確認のこと)。

藍染体験場



まず、選んだハンカチなどを藍染料に漬け込み、引き上げて空気に触れさす作業を繰り返します。次に水で洗い、アイロンをかけて乾燥させたら出来上がりです。所要時間は、約40分。受付は午後3時30分までです。(団体の方は予約が必要です)

藍染体験



藍住町は“ジャパンブルー”とも呼ばれる伝統的な藍色のふるさと。その美しく深みのある色を生み出した世界に触れてみませんか。

詳細情報

名称 藍住町歴史館 藍の館
住所 徳島県板野郡藍住町徳命字前須西172
電話 088-692-6317
開館時間 午前9時~午後5時
休館日 火曜日(祝日の場合は開館)、12月29日~1月3日
入館料 大人300円、中学・高校生200円、小学生150円
駐車場 50台
アクセス 徳島自動車道 藍住ICから約5分、または高松自動車道 板野ICから約10分
ホームページ https://ainoyakata.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 海を渡る「三連吊り橋」をドライブ&眺める!「来島海峡大橋と絶景スポット」

    ロータスな旅 > 四国

    海を渡る「三連吊り橋」をドライブ&眺める…

    広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60㎞の高速道路「西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)」。瀬戸内海に浮かぶ6つの島々が橋でつながれていて、ダイナミックで美…

    2022.12.08更新

  • カラフルで淡く美味しい香川県の伝統的なお菓子『おいり』が、イメージチェンジで、かなりイケてるという噂です!

    ロータスな旅 > 四国

    カラフルで淡く美味しい香川県の伝統的なお…

    赤、白、ピンク、黄色に緑・・・丸くてカラフルなあられの一種『おいり』。口に入れると、サクッとした歯ごたえの後に、すっと溶けてなくなり、甘さ控え目ですが何とも後を…

    2016.12.27更新

  • 別子銅山の施設跡を利用した「道の駅 マイントピア別子」

    ロータスな旅 > 四国

    別子銅山の施設跡を利用した「道の駅 マイ…

    愛媛県新居浜市は、江戸時代に開坑された別子銅山開坑を基として栄え、その後は工業都市としても発展しました。しかし、1973年に銅山は閉山し、その後は植林で自然回復…

    2016.05.13更新

  • 仁淀川のほとりにあるお茶を使ったスイーツのお店「池川茶園 工房Café」

    ロータスな旅 > 四国

    仁淀川のほとりにあるお茶を使ったスイーツ…

    高知県のほぼ中央を流れる仁淀川(によどがわ)は、四万十川、吉野川と並ぶ「四国三大河川」」の一つ。国土交通省による「水質が最も良好な河川」に、2021(令和3)年…

    2022.09.22更新

  • 粉もの好きにはたまらない! 愛媛県松山の港町で食す、安くてうまいB級グルメ『三津浜焼き』

    ロータスな旅 > 四国

    粉もの好きにはたまらない! 愛媛県松山の…

    戦前の駄菓子屋では、水で溶いた小麦粉に刻みネギやわずかな肉片などを乗せて焼き、ソースをかけたものが「洋食」として売られていました。当時はソースさえかければ洋食と…

    2016.10.14更新

  • 歴代高松藩主が磨き上げた「お庭の国宝」。一歩一景の美しい景観を堪能できる特別名勝『栗林公園(りつりんこうえん)』

    ロータスな旅 > 四国

    歴代高松藩主が磨き上げた「お庭の国宝」。…

    香川県高松市にある『栗林公園(りつりんこうえん)』は、国の特別名勝に指定されている文化財庭園の中で、最大の広さを持つ庭園です。平庭部だけでも、東京ドーム3.5個…

    2018.05.15更新

< 前のページへ戻る