ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

地球上に生息する18種類のペンギンのうち9種類が住む『長崎ペンギン水族館』。しかも、間近に見たり、ふれあえたりする体験型だから、誰もがペンギン愛に満たされる!

2019年6月11日更新

『長崎ペンギン水族館』は、その名のとおり、ペンギンを中心とした世界でも珍しい水族館です。種類の多さは世界一を誇り、地球上に生息する18種類のペンギンのうち9種類(コガタペンギン、ジェンツーペンギン、キングペンギン、ケープペンギン、ヒゲペンギン、フンボルトペンギン、イワトビペンギン、マカロニペンギン、マゼランペンギン)を飼育しています。

また、『長崎ペンギン水族館』は、海外の文献に「長崎方式」と記されるほど、飼育・繁殖技術が高く、これまで6種類のペンギンの繁殖に成功。現在、水族館にいるペンギン約180羽の7割がこの地で生まれ育っています。



キングペンギン



コガタペンギン



水族館は2階建て。1階の入口を入ってすぐ目の前にあるのが、国内最大級の水槽『亜南極ペンギンプール』です。水深4m、水量200tの大水槽の中、たくさんのペンギンが泳ぎ回っています。まるで空を飛ぶようにスイスイと泳ぐ姿を見ていると、ペンギンは鳥類であることが実感できます。

『温帯ペンギン』のコーナーには、ケープペンギン、フンボルトペンギン、マゼランペンギンがいます。ここは仕切りが低いので、手が届く距離で、泳ぐペンギンたちを見ることができると評判です。

ケープペンギン



フンボルトペンギン



マゼランペンギン



その他、1階には、深さ3m、水量約120tの『長崎の海 水槽』があり、長崎近海のマアジ、クエ、ドチザメ、アカエイ、ハリセンボン、ウツボなど約40種類の魚類が生活をしています。

2階には、『亜南極ペンギンプール』の陸上部分があり、陸に上がっている5種類のペンギンたち(キングペンギン、ヒゲペンギン、マカロニペンギン、イワトビペンギン、ジェンツーペンギン)の姿を見ることができます。その他、別コーナーでは、オーストラリアからやってきた世界一小さなコガタペンギンたちが暮しています。

キングペンギン



ヒゲペンギン



マカロニペンギン



イワトビペンギン



ジェンツーペンギン



ペンギンにかかわる知識や飼育の歴史を伝える『ペンギン情報室』なども設置。大型スクリーンにより室内に海底を再現した『バーチャルシアター』では、専用の台紙に描いた自分の絵をスクリーン上に泳がすエンターテイメントが楽しめます。

この水族館はペンギンがメインですが、おもしろい魚類もたくさん展示されています。2階の干潟水槽には、「生きている化石」と言われるカブトガニや、干潟の上をコミカルに跳ね回るトビハゼがいます。さらに、世界最大級の淡水魚プラーブック(タイのメコン川のみに生息する、全長3m、体重300kgにもなるメコンオオナマズのこと)がゆうゆうと泳ぐ水槽もあります。

カブトガニ



ひれで這うようにして進むトビハゼ



プラーブック



そして、画期的なのが、屋外の『自然体験ゾーン』で行われている『ふれあいペンギンビーチ』です。ペンギンを自然の海で過ごさせるというもので、大空の下、泳いだり、砂浜を歩いたりと自由に動き回る姿をすぐ近くで見ることができます。土・日曜・祝祭日に時間を区切って開催していて、エサやり体験も実施しています(詳しくはホームページをチェックしてください)。

ふれあいペンギンビーチ



とにかく、誰もがペンギンの魅力にハマってしまい、ペンギン愛に満たされる水族館です。

ショップ



【カスタード・チョコ】ペンギンパンケーキ2個120円(税込)



【長崎県産サバ使用】サバサンド600円(税込)

詳細情報

名称 長崎ペンギン水族館
住所 長崎県長崎市宿町3番地16
電話 095-838-3131
開館時間 午前9時~午後5時(お盆期間は午後6時まで)
休館日 年中無休
入館料 一般:510円、中学生以下:300円
アクセス 長崎自動車道路長崎多良見ICから約15分。長崎芒塚ICから約5分
駐車場 225台(普通車:最初の1時間200円、以降1時間100円)
ホームページ https://penguin-aqua.jp/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 熊本県民が愛するおやつの定番『いきなり団子』。その中から、和菓子店『一休本舗』の『熊本いきなり団子』をご紹介!

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    熊本県民が愛するおやつの定番『いきなり団…

    『いきなり団子』は、熊本県の郷土菓子、いわゆるソウルフードです。小麦粉の生地で、輪切りのサツマイモと粒餡を包んで蒸した素朴なお菓子で、『いきなりだご』とも呼ばれ…

    2019.04.09更新

  • いちごの王様『あまおう』の完熟大粒をお腹いっぱい味わおう!福岡県筑前町にある九州最大規模のいちご園『らいおん果実園』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    いちごの王様『あまおう』の完熟大粒をお腹…

    赤くてつやのある大粒な実で、糖度が高い『あまおう』は、全国のさまざまないちごブランドの中でも一二をあらそう人気を誇っています。このあまおうは、福岡県農業総合試験…

    2017.12.26更新

  • 天孫降臨(てんそんこうりん)の舞台を実体験!神秘的な峡谷をボートでたどり、天水の降り注ぐ様を見る『真名井(まない)の滝』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    天孫降臨(てんそんこうりん)の舞台を実体…

    宮崎県の北部に位置する高千穂町。大分県と熊本県の県境にある、この山深い町は、古事記・日本書紀にも記載されている天孫降臨(てんそんこうりん)の舞台としても知られ、…

    2018.06.12更新

  • 新鮮野菜や地元お母さんの手作り産品が人気!大分県の山間部、阿蘇や九重連山へのドライブ拠点となっている『JA九重町飯田高原ドライブイン』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    新鮮野菜や地元お母さんの手作り産品が人気…

    大分県の中西部に位置し、町の多くが阿蘇くじゅう国立公園に指定されている九重町(ここのえまち)。九重飯田高原は、標高900mにあって、九重連山を仰ぎ見る風光明媚な…

    2019.08.06更新

  • 雄大な桜島と錦江湾を望む約15,000坪の園内に薩摩藩の歴史が息づく『仙巌園(せんがんえん)』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    雄大な桜島と錦江湾を望む約15,000坪…

    鹿児島でも一、二を争う観光スポットとして知られる『仙巌園(せんがんえん)』。鹿児島市吉野町にある、薩摩藩主島津家の別邸とその庭園です。1658年(万治元年)に第…

    2017.06.27更新

  • 大分と世界が刺激しあう、五感と出会いのミュージアムに行こう!『大分県立美術館 OPAM』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    大分と世界が刺激しあう、五感と出会いのミ…

    2015年4月、大分市に『大分県立美術館OPAM(オーパム)』(OPAM=OitaPrefecturalArtMuseum)が誕生しました。コンセプトは…

    2016.07.15更新

< 前のページへ戻る