ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

熊本県民が愛するおやつの定番『いきなり団子』。その中から、和菓子店『一休本舗』の『熊本いきなり団子』をご紹介!

2019年4月9日更新

『いきなり団子』は、熊本県の郷土菓子、いわゆるソウルフードです。小麦粉の生地で、輪切りのサツマイモと粒餡を包んで蒸した素朴なお菓子で、『いきなりだご』とも呼ばれています。昔は、餡は入れず、サツマイモを団子の生地で蒸しただけのシンプルなものでした。ユニークな名前の由来は諸説あり、「いきなりお客さんが来ても、すぐに作って出すことができる」、「輪切りのサツマイモをいきなり(そのまま)、生地に包んで蒸す」、また、熊本の方言で「いきなり」が「簡単」を指すことから、「簡単に作れる団子=いきなり団子」とした説も残されています。ほかにも、同じく方言で「片づけが苦手な人」を「いきなりな人」と呼ぶことから、転じて、大ざっぱに、ざっと作れることを意味しているとも言われています。

熊本いきなり団子(イメージ画像)
いずれの説も、手軽に作れることを示していることに変わりはなく、実際、かつては多くの家庭で手作りされていました。その後、熊本を代表するお菓子としてブランド化。2007年(平成19年)には、農林水産省主催『農山漁村の郷土料理百選』に選定されました。
現在、『いきなり団子』は、熊本市を中心に熊本県内の和菓子店で製造・販売されています。

熊本いきなり団子

熊本いきなり団子 井上瑠夏
1963年(昭和38年)創業の和菓子店『一休本舗』では、『熊本いきなり団子』の名で販売。厚めに切った熊本県産のサツマイモと、程よい甘さの粒餡をもっちりとした生地で包んで蒸すという、昔ながらの製法で作り上げています。

熊本いきなり団子 芋に餡を乗せる

熊本いきなり団子 包餡完成

熊本いきなり団子 完成

値段は10個入り1300円(税込、以下同様)、15個入り1900円。2018年(平成30年)には、その土地特有の料理や習慣などを紹介する、全国放送のバラエティ番組でも取り上げられました。『一休本舗』は、熊本市内を中心に県内に14店舗を展開しています。

15個入り

15個入り



15個入り

15個入り



彩りいきなり団子(紫いも)

彩りいきなり団子(紫いも)



彩りいきなり団子(黒糖)

彩りいきなり団子(黒糖)



彩りいきなり団子(よもぎ)

彩りいきなり団子(よもぎ)



熊本では、同店以外にも様々なお店が、有機栽培や契約農家のサツマイモを使ったり、生地に黒糖を混ぜたりと、それぞれに素材や製法等にこだわった『いきなり団子』を製造・販売しています。熊本を訪れたら、ぜひ味わってみたい故郷の味です。

詳細情報

名称 一休本舗 水前寺店
住所 熊本市中央区水前寺6丁目10-27
電話番号 096-383-0606
営業時間 午前9時~午後6時
休業日 不定休
駐車場 8台
ホームページ http://www.ikkyuuhonpo.com/
ネット通販 http://shop.ikkyuuhonpo.com/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 江戸時代に造られた石造アーチ橋から落ちる滝のような放水シーンは必見!「通潤橋(つうじゅんきょう)」

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    江戸時代に造られた石造アーチ橋から落ちる…

    熊本県山都町にある「通潤橋(つうじゅんきょう)」は、1854(嘉永7)年、谷に囲まれ常に水不足だった白糸台地へ農業用水を送るために造られた橋。全長75.6メート…

    2022.08.09更新

  • 今や全国標準となった大分の郷土料理『とり天』。その発祥の店で本家とり天を食べよう!『レストラン東洋軒』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    今や全国標準となった大分の郷土料理『とり…

    大分の郷土料理といえば『とり天』。今や、「大分の…」ということを忘れてしまうくらい全国に広まり、すっかり日本の味として食されています。『とり天』は、下味をつけた…

    2018.07.13更新

  • 奄美の濃い自然をカヌーツアーで体験できる「黒潮の森 マングローブパーク」(道の駅奄美大島住用)

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    奄美の濃い自然をカヌーツアーで体験できる…

    マングローブは、熱帯・亜熱帯の河口の湿地帯や沿岸部の干潟などに生育する樹木群の総称です。マングローブによって形成される森をマングローブ林といいます。そこは、河川…

    2016.06.14更新

  • 天草大王/鳥料理 鳥蔵

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    天草大王/鳥料理 鳥蔵

    「天草大王」は、明治時代から熊本県で飼育されていた地鶏で、博多水炊きの素材として好まれました。しかし、昭和初期に絶滅。これを平成になってから、熊本県農業研究セン…

    2015.10.16更新

  • 『日本三大稲荷』の一つとして知られる、佐賀県鹿島市の『祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)』。さまざまな御利益を求めて参拝する人が年間300万人!そのパワーにあやかろう!

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    『日本三大稲荷』の一つとして知られる、佐…

    伏見稲荷大社(京都)、笠間稲荷神社(茨城)と共に、『日本三大稲荷』に数えられている佐賀県鹿島市の『祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)』。地元では「ゆうとくさ…

    2019.11.21更新

  • 飛龍窯

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    飛龍窯

    飛龍窯(ひりゅうがま)は、武雄の陶磁器発祥の地、黒牟田地区の『竹古場キルンの森公園』内にあります。昭和20年代初めまで使われていた登り窯を参考に建設され、奥行2…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る