ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

軍艦島/軍艦島資料館

2016年1月29日更新

明治から昭和にかけて、海底炭坑として栄えた島、軍艦島(正式名称は『端島』)。昭和49年に閉山し、現在は無人島になっていますが、今年、軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録されました。
最も人口が増えた際には5,300人にもなり、人口密度は当時の日本で最も多かったと言われています。廃墟でありつつも、大正5年に建築された日本最古の鉄筋高層アパートや、テレビを始めとする家電、生活の名残がそのまま放置されていて、昭和の生活を実感することができるというのも軍艦島の魅力の一つかもしれません。
2009年からは、整備された見学施設に一般観光客も上陸できるようになり、軍艦島上陸・周遊ツアーなども企画され、新たな観光名所としても注目されています。繁栄と衰退の歴史を物語る廃墟の島をリアルに体感できる旅もいいかもしれません。

長崎港からは4つのツアー会社が運航
・やまさ海運 095-822-5002
・軍艦島クルーズ 095-827-2470
・軍艦島コンシェルジュ 095-895-9300
・シーマン商会 095-818-1105
※野母崎からも運航
・馬場広徳 090-8225-8107

軍艦島(1)

軍艦島(1)



軍艦島(2)

軍艦島(2)



軍艦島資料館
軍艦島を間近に見ることができる野母崎総合運動公園内にある建物の2階にあります。日本の近代化に貢献した軍艦島の役割や、当時の人々の生活を知ることができる資料(写真・パネル約250点)のほか、軍艦島についての映像の放映も行っています。(軍艦島資料館は、軍艦島内の施設ではありません)

軍艦島資料館(外観)

軍艦島資料館(外観)



軍艦島資料館の入口(炭鉱内に入っていくイメージです)

当時を物語る写真などを展示

当時を物語る写真などを展示


詳細情報

名称 軍艦島資料館
住所 長崎市野母町568-1 野母崎総合運動公園管理棟2階
電話番号 095-893-0077(野母崎総合運動公園管理事務所)
開館時間 9:00~17:00
休館日 年末年始(12/29~1/3)
料金 入館無料

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 多くの温泉ファンを集める霧島温泉郷をドライブするなら、物産販売所・食事処・観光案内所と足湯までもがあるここが便利!『霧島温泉市場』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    多くの温泉ファンを集める霧島温泉郷をドラ…

    鹿児島県霧島連峰に点在する、大小9つの温泉からなる霧島温泉郷。豊富な湯量と多種多様な泉質が、温泉好きの旅行客に人気です。この霧島温泉郷を訪ねるにあたって、旅の…

    2019.10.10更新

  • 正面に雄大な阿蘇五岳を望む自然環境と『阿蘇あか牛』などのグルメが自慢の『道の駅 阿蘇』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    正面に雄大な阿蘇五岳を望む自然環境と『阿…

    正面に雄大な阿蘇五岳を望むことができる『道の駅阿蘇』。国道57号線と阿蘇山上へと続く登山道、そしてJR九州豊肥本線の阿蘇駅に隣接していて、すぐ近くの交差点から…

    2017.05.29更新

  • 古くて新しい!長崎の夏の風物。バラの花びらのような『ちりんちりんあいす』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    古くて新しい!長崎の夏の風物。バラの花び…

    長崎の観光スポットである「眼鏡橋」や「グラバー邸」などの近くで、移動販売車(屋台)を停めて販売している『ちりんちりんあいす』。口コミで伝わり、修学旅行生や観光客…

    2016.07.15更新

  • 宮崎県に行くなら寄ってみよう!カツオ、マグロ、イセエビ、そしてブランド魚『めいつ美々鯵(びびあじ)』など絶品の魚を味わい、購入できる!『港の駅めいつ』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    宮崎県に行くなら寄ってみよう!カツオ、マ…

    漁師町として古い歴史を持つ、宮崎県の目井津(めいつ)。西暦1500年代にカツオ漁を始め、現在も一年を通して目井津港に味の良い多種類の魚類が水揚げされています。…

    2020.04.23更新

  • ありし日の豪壮堅固な城構えとともに、キリシタンの悲劇の歴史を今に伝える『島原城』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    ありし日の豪壮堅固な城構えとともに、キリ…

    1618(元和4)年から7年の年月をかけ、松倉重政によって築城された『島原城』。当時は、ぐるりと配置された石垣に五重天守に、3基の三重櫓、38基の平櫓などが配置…

    2020.12.10更新

  • 「日本三大水城」の一つ!あの黒田官兵衛が築城を進めた「中津城」

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    「日本三大水城」の一つ!あの黒田官兵衛が…

    大分県中津市の中心部、中津川の河口沿いに位置する「中津城」。堀に周防灘の海水が引き込まれ、潮の干満によって水位が変わる仕組みになっているため、高松城・今治城と並…

    2022.04.07更新

< 前のページへ戻る