ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

懐かしい昭和の暮らしやおもちゃ・駄菓子の景品などを展示。レトロカーもいっぱいの、昭和の町のテーマパーク『昭和ロマン蔵』

2018年2月28日更新

江戸時代から海上運輸の要所として栄えた豊後高田は、明治以降も昭和30年代までは、中心商店街に活気が満ちていました。しかし、その後は時代の波に取り残された状況になってしまいました。2001(平成13)年、商店街が元気だった昭和30年代の活気をよみがえらせようと、商店街(500mほどの街路)で昭和の町づくりがスタート。当初は7店舗だった昭和の町認定店が今では45店舗にもなり、“懐かしさ”漂うレジャースポットとして多くの人を集めています。

昭和ロマン蔵 豊後高田市_ボンネットバス02

昭和ロマン蔵
『昭和ロマン蔵』は、昭和の町の中核施設です。建物は、明治から昭和にかけて大分県きっての豪商であった野村家が、昭和10年前後に米蔵として建てた旧高田農業倉庫に手を加えたもの。主要な施設は、昭和の夢町小学校と昭和の夢町三丁目館のある北蔵、駄菓子屋の夢博物館とチームラボギャラリー昭和の町のある東蔵、レストラン「旬彩」南蔵のある南蔵です。

昭和ロマン蔵 ロマン蔵外観(会議所側)

昭和ロマン蔵_全体

昭和ロマン蔵_西入口+ボンバス車庫
もう少し詳しく施設内容を見ていきましょう。昭和の夢町小学校は、木製の机、イス、黒板、チョークなどがある昭和時代の小学校の教室を再現しています。通常、無料で自由に見学できます。写真撮影もOKなので、昭和の町の訪問記念撮影に打ってつけです。

昭和ロマン蔵 昭和の夢町三丁目館_内観_教室空席
昭和の夢町三丁目館は、昭和30~40年代の暮らしを再現した目と耳と体で感じる昭和体験施設です。土間の台所、畳敷きの居間、五右衛門風呂など…昭和の暮らしぶりを再現。そして、朝・昼・晩の景色が映し出されています。壁に空いた穴をのぞいたりトイレの中に入ったりすると、色んな声が聞こえて来たり・・・そんな仕掛けがいろいろあります。

昭和ロマン蔵 昭和の夢町三丁目館_内観_

昭和ロマン蔵 昭和の夢町三丁目館_居間

昭和ロマン蔵 昭和の夢町三丁目館_夕刻
駄菓子屋の夢博物館は、昭和の時代に子どもたちを楽しませてくれたおもちゃや、駄菓子の“ おまけの玩具”などを中心にしたコレクションを展示するミニミュージアムです。

昭和ロマン蔵 駄菓子屋の夢博物館_入口実はこの館、おもちゃのコレクションでは日本一(30万点以上!)という小宮裕宣さんを、昭和の町のメンバーが惚れこみ、くどき落としてついに2002(平成14)年に、ご本人とおもちゃコレクションの引っ越しが実現し、開館したものです。今では、小宮さんは館長として、昭和の町を支える一人となっています。展示の中には、1964(昭和39)年の東京オリンピックにまつわるコーナーもあり、人気です。

昭和ロマン蔵 駄菓子屋の夢博物館_内観01
チームラボギャラリー昭和の町は、世界的に活躍するウルトラテクノロジスト集団チームラボのデジタルアートを展示しています。作品名は『お絵かき草地おどり』。豊後高田市の草地地区に伝わる盆踊りをモチーフとし、訪れた人がそれぞれ紙に自由に描いたピープル(男性や女性など)を画像取り込みして、「夕焼けの真玉海岸」をバックにした目の前の巨大な草原に登場させることができるという仕組みです。ピープルは、手でスクリーンに触れると飛び上がったり動いたりします。そして、他のピープルとコミュニケーションし、やがて音楽に合わせて踊りだします。

昭和ロマン蔵 ラボG昭和の町_01

昭和ロマン蔵 ラボG昭和の町_02
レストラン「旬彩」南蔵では、国東半島の素材を中心に、おいしい料理を提供しています。お昼の人気メニューとしては、大分の郷土料理『鳥天定食』(1,000円、税込、以下同様)、『だんご汁定食』(1,000円)、そして『豊後・米仕上牛ステーキ丼』(3,000円)などがあります。夕食には、本格会席コース(3,750円~)の他、予約での南蔵会席コースもあります。

鳥天定食

鳥天定食



だんご汁定食

だんご汁定食



豊後・米仕上牛ステーキ丼

豊後・米仕上牛ステーキ丼



もう一つ、クルマファン、とくに昭和のクルマ好きの方に耳寄りな情報があります。実は、『昭和ロマン蔵』の建物の内外には、『ミゼット』や『ダットサン』など昭和の香りのするレトロカーが多数展示されているのです。有料エリアに置かれたものもありますが、大部分は無料エリアにありますので、これを見るだけでも昭和の時間に浸れます。

昭和ロマン蔵 2

昭和ロマン蔵 1

詳細情報

名称 昭和ロマン蔵
住所 大分県豊後高田市新町989−1
電話番号 0978-23-1860
営業時間 午前9時~午後5時 ※1月1日、2日は午前10時~午後3時
休み 毎年12月30日、31日
入館料金 ※無料エリアあり、【2館共通券:駄菓子屋の夢博物館、昭和の夢町三丁目館】大人620円、小中高430円、【3館共通券:駄菓子屋の夢博物館、昭和の夢町三丁目館、チームラボギャラリー昭和の町】大人830円、小中高580円
アクセス 【車】[大分方面より]国道10号を北九州方面へ、宇佐市岩崎交差点を右折、国道213号に入り車で約10分。[北九州方面より]国道10号を大分方面へ、宇佐市岩崎交差点を左折、国道213号に入り車で約10分。[東九州自動車道 宇佐ICより]国道387号を宇佐方面へ、宇佐市法鏡寺交差点を右折、国道10号を大分方面へ、宇佐市岩崎交差点を左折、国道213号に入り車で約10分。【電車】日豊本線宇佐駅からバスに乗り「豊後高田」下車(約15分)し、徒歩1分。
駐車場 昭和の町駐車場(有料、普通自動車は1回駐車につき300円 ※30分以内は無料)
ホームページ https://www.showanomachi.com/special/syowa.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 小説『沈黙』の舞台の一つである長崎市外海地区に建ち、遠藤周作氏の生涯とその文学作品について世界に発信し続ける『長崎市 遠藤周作文学館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    小説『沈黙』の舞台の一つである長崎市外海…

    1955年半ばに発表した小説『白い人』で芥川賞を受賞し、文壇で脚光をあびた遠藤周作氏[1923年(大正12)年3月27日~1996年(平成8)年9月29日]。作…

    2018.04.13更新

  • 霧島連山のふもと、秋のコスモスをはじめ美しい花々が咲く「花の駅 生駒高原」

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    霧島連山のふもと、秋のコスモスをはじめ美…

    宮崎県と鹿児島県の県境に位置する火山群・霧島連山。そのふもと、標高約550メートルの場所に広がっているのが、生駒高原です。高原からは、霧島連山の最高峰「韓国(か…

    2021.11.16更新

  • 日本近代の教育・思想・経済に大きな足跡を残した偉人の精神にふれてみよう『福澤諭吉旧居・福澤記念館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    日本近代の教育・思想・経済に大きな足跡を…

    大分県の中津城から歩いて5分ほどのところに、福澤諭吉旧居と福澤記念館があります。明治の偉人福沢諭吉は中津藩士です。生まれたのは大坂の中津藩蔵屋敷ですが、父百助と…

    2016.12.15更新

  • 西郷隆盛と西南戦争をテーマに近代の夜明けを学び伝える歴史学習施設『熊本市田原坂(たばるざか)西南戦争資料館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    西郷隆盛と西南戦争をテーマに近代の夜明け…

    2018年、NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』放映によって、明治維新の英傑・西郷隆盛とその時代にスポットライトが当たります。そうなると、クライマックスとなる西…

    2018.06.26更新

  • 飛龍窯

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    飛龍窯

    飛龍窯(ひりゅうがま)は、武雄の陶磁器発祥の地、黒牟田地区の『竹古場キルンの森公園』内にあります。昭和20年代初めまで使われていた登り窯を参考に建設され、奥行2…

    2015.10.16更新

  • 新鮮野菜や地元お母さんの手作り産品が人気!大分県の山間部、阿蘇や九重連山へのドライブ拠点となっている『JA九重町飯田高原ドライブイン』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    新鮮野菜や地元お母さんの手作り産品が人気…

    大分県の中西部に位置し、町の多くが阿蘇くじゅう国立公園に指定されている九重町(ここのえまち)。九重飯田高原は、標高900mにあって、九重連山を仰ぎ見る風光明媚な…

    2019.08.06更新

< 前のページへ戻る