ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

『沖縄そばランキング』2016年度1位を獲得!洗練の時代を迎えた沖縄そばのトップランナー『三丁目の島そば屋』

2018年4月25日更新

沖縄を観光する人の楽しみの一つは、沖縄ならではの食を楽しむことです。その代表格が『沖縄そば』です。
沖縄そばは、県内では単に「そば」、あるいは方言で「すば」「うちなーすば」と呼ばれており、蕎麦粉を用いた蕎麦である「日本そば」よりもメジャーな存在です。なにしろ、沖縄そばは県内で1日に15万食以上も消費されるというのですからたいへんな量です。

三丁目の島そば屋10
沖縄そばの材料は、蕎麦粉ではなく、小麦粉です。小麦粉に塩、そして中華麺と同じかん水か、伝統的に薪を燃やして作った灰汁を加えて打ちます。出汁は、豚骨やカツオ節を用いるのが一般的です。

三丁目の島そば屋8
地域によってさまざまなバリエーションがあります。
発祥は「琉球王朝時代に中国から伝わった」など諸説ありますが、県民食として大々的に普及したのは戦後のことです。
沖縄そばが普及する中で、ファーストフード的な便利さ・安さを追求するお店、手間をかけて手打ち・無化調にこだわるお店、あるいは従来の麺や出汁にこだわらず新しい味を追求するニューウェーブなお店など、個性さまざまなお店ができています。
今回、そうした沖縄そばのお店の中からオススメするのは『三丁目の島そば屋』です。沖縄インターネット放送局が行っている『沖縄そばランキング』の2016年度ランキングで1位となった実力店です。

三丁目の島そば屋7

三丁目の島そば屋1

三丁目の島そば屋5

三丁目の島そば屋4
スープは、透明感のあるあっさりとしたカツオ風味。カツオ節を時間をかけて煮出し、一晩寝かせた昆布・煮干し、野菜の旨味、さらに自家製の塩ダレを加えて作られます。

三丁目の島そば屋3
麺は、3種類の太さの麺をブレンドしたオリジナル麺です。もちもち感とコシを出すために生麺を使用。太麺・細麺・乱切り麺の三種類を混ぜ合わせるのは、食感を楽しめるようにするため。しかも、食べていくうちに程よい食感になるように茹であげているという手の込みよう。

三丁目の島そば屋2
トッピングの三枚肉や軟骨ソーキも臭みがなく柔らかく、沖縄そばが初めての人にも食べやすくなっています。なお、そばは全品ジューシー付きです。
沖縄そばは美味しさを追求する中で、今まさに洗練の時代を迎えていますが、その最前線を行く『三丁目の島そば屋』のそば。ぜひお試しください!

詳細情報

名称 三丁目の島そば屋
住所 沖縄県宜野湾市嘉数3-10-1ホワイトパピヨン里101(嘉数高台公園前)
電話番号 098-963-9392
営業時間 午前11時~(売切れ次第)
定休日 年中無休
座席数 34席
アクセス 儀保駅から4km
駐車場 3台(他あり)
公式ブログ http://ameblo.jp/shimasobaya/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 誰もが小さな鉄道マニアの気持ちになれる!『人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    誰もが小さな鉄道マニアの気持ちになれる!…

    熊本県人吉市は、熊本市から南に約70kmの距離にあり、熊本県の最南部になります。九州山地に囲まれた人吉盆地で、球磨川沿いの温泉と川下りが有名です。市内の中心部に…

    2017.09.12更新

  • 奄美の濃い自然をカヌーツアーで体験できる「黒潮の森 マングローブパーク」(道の駅奄美大島住用)

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    奄美の濃い自然をカヌーツアーで体験できる…

    マングローブは、熱帯・亜熱帯の河口の湿地帯や沿岸部の干潟などに生育する樹木群の総称です。マングローブによって形成される森をマングローブ林といいます。そこは、河川…

    2016.06.14更新

  • 江戸時代初期から続く有田焼『柿右衛門』の歴史を間近に見ることができる『柿右衛門古陶磁参考館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    江戸時代初期から続く有田焼『柿右衛門』の…

    佐賀県有田町は、『有田焼』の産地として知られています。生産が始まったのは、17世紀初期。朝鮮出身の陶工、李参平(りさんぺい)が有田の泉山(いずみやま、現在は史跡…

    2020.06.23更新

  • 炭鉱マンに愛された幻の味を味わおう!佐賀県大町町(おおまちちょう)の『大町たろめん』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    炭鉱マンに愛された幻の味を味わおう!佐賀…

    佐賀県の中央部に位置する大町町(おおまちちょう)。人口7000人弱という県内で最も小さな町ですが、昭和初期から杵島炭鉱が閉鎖する1969(昭和44)年まで、“炭…

    2021.03.11更新

  • 福岡県北九州市のTOTO株式会社本社敷地内にある企業ミュージアム。私たちが毎日何気なく使っている水まわり製品の文化や歴史がわかる!『TOTOミュージアム』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    福岡県北九州市のTOTO株式会社本社敷地…

    TOTO株式会社(以下、TOTO)が手掛ける、水洗トイレをはじめとする水まわり製品は、多くの人にとってとても身近な存在です。福岡県北九州市にある『TOTOミュー…

    2019.05.15更新

  • 沖縄で一番“イマ”なエリア「港川ステイツサイドタウン」

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    沖縄で一番“イマ”なエリア「港川ステイツ…

    沖縄県浦添市の港川地区にある、「港川ステイツサイドタウン」。元々は、戦後のアメリカ統治時代、ミリタリーハウジングだった外人住宅街です。それぞれの住宅は築40年以…

    2016.05.13更新

< 前のページへ戻る