ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

“日本で最も星が輝いて見える場所”に選出されているスターウォッチングのメッカ『輝北うわば公園』

2021年3月11日更新



鹿児島県鹿屋市輝北町にある『輝北うわば公園』は、桜島や霧島連山等を望む、標高550mの高台に位置する公園。広場や森、キャンプ場など自然を楽しめる環境が整っていて、特に星空の美しさには定評があります。実際、環境庁主催の全国星空継続観測(スターウォッチングネットワーク)で、これまで7回、“日本で最も星が輝いて見える場所”に選出されました。その美しい星空を見上げながら、アウトドアレジャーを満喫したいというキャンパーも数多く訪れるスターウォッチングのメッカです。





キャンプ場には、持ち込みのテントで宿泊できるエリア(1張1620円~)が用意されているほか、さまざまなタイプのバンガローが建ち並んでいます。星の家1/星の家2と名付けられた2棟のバンガロー(基本料金:6600円、人員割@660円)は、その名のとおり、上から見ると星の形をしています。定員は各6名です。また、定員8名の星の家3(基本料金:6600円、人員割@660円)もあります。つつじ1~4(基本料金:4400円、人員割@440円)の4棟はシンプルな造りで、バストイレは共同です。







『ふれあいの森』は、公園の管理塔から2kmほど先にある天然針葉樹の森。全長2.3㎞の散策路を歩いていると、さまざまな鳥や昆虫、植物に出合えます。小川での水遊びも人気です。『ふれあいの森』の中にも、バンガローが1棟あります。こちらは2階建ての大型施設で、1階には大ホールがあります。部屋の構成は、定員4名×4室、8名×1室、20名×1室となっていて、定員は44名。宿泊利用の基本料金は10300円で、人員割は@620円です。



星空は肉眼でも楽しめますが、天体望遠鏡で見れば、さらに星や宇宙への興味が深まります。ユニークな外観の『天文台 輝北天球館』には、口径65㎝のカセグレン式反射望遠鏡が設置されており、晴れた夜にはいろいろな天体を観望できます(昼間でも一等星以上の星なら観察できるとのこと)。また、館内には天文展示室もあります。『天文台 輝北天球館』の入館料は、高校生以上が520円、小・中学生は310円。開館時間は、水・木曜日が午前10時~午後6時、金・土・日曜日は午後10時までです。ただし、悪天候の場合は予告なく閉館することがあるので、ご注意ください。









詳細情報

名称 輝北うわば公園
住所 鹿児島県鹿屋市輝北町市成1660-3
電話 099-485-1900
休園日 月・火曜日(祝祭日を除く)
駐車場 200台
アクセス 東九州自動車道国分ICから約30分
ホームページ http://www.kihokuuwaba.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 古くて新しい!長崎の夏の風物。バラの花びらのような『ちりんちりんあいす』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    古くて新しい!長崎の夏の風物。バラの花び…

    長崎の観光スポットである「眼鏡橋」や「グラバー邸」などの近くで、移動販売車(屋台)を停めて販売している『ちりんちりんあいす』。口コミで伝わり、修学旅行生や観光客…

    2016.07.15更新

  • 世界にひとつ! オリジナルの琉球ガラスアイテムが作れる体験工房もある『琉球ガラス村』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    世界にひとつ! オリジナルの琉球ガラスア…

    無数の気泡が入った肉厚なフォルムと、色とりどりのカラーリングが魅力の琉球ガラス。工業製品のガラス器とはまた違った不思議な存在感があります。沖縄での吹きガラス製…

    2016.11.14更新

  • 炭鉱マンに愛された幻の味を味わおう!佐賀県大町町(おおまちちょう)の『大町たろめん』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    炭鉱マンに愛された幻の味を味わおう!佐賀…

    佐賀県の中央部に位置する大町町(おおまちちょう)。人口7000人弱という県内で最も小さな町ですが、昭和初期から杵島炭鉱が閉鎖する1969(昭和44)年まで、“炭…

    2021.03.11更新

  • とにかく新鮮!絶品!「呼子(よぶこ)のイカ」

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    とにかく新鮮!絶品!「呼子(よぶこ)のイ…

    九州の北西部、東松浦半島の先に位置する港町が呼子(よぶこ)です。沖に位置する加部島(かべしま)が玄界灘の荒波から港を守り、以前から天然の良港として栄えてきました…

    2016.06.14更新

  • りゅうきゅう/温飯(あつめし)

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    りゅうきゅう/温飯(あつめし)

    大分の名物料理として定着し、地元の海の幸を味わえる料理として親しまれている「りゅうきゅう」。豊後水道や別府湾などで獲れたブリ、サバ、アジなどの切り身を、醤油、砂…

    2015.10.16更新

  • 今や全国標準となった大分の郷土料理『とり天』。その発祥の店で本家とり天を食べよう!『レストラン東洋軒』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    今や全国標準となった大分の郷土料理『とり…

    大分の郷土料理といえば『とり天』。今や、「大分の…」ということを忘れてしまうくらい全国に広まり、すっかり日本の味として食されています。『とり天』は、下味をつけた…

    2018.07.13更新

< 前のページへ戻る