ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

天草大王/鳥料理 鳥蔵

2016年1月29日更新

「天草大王」は、明治時代から熊本県で飼育されていた地鶏で、博多水炊きの素材として好まれました。しかし、昭和初期に絶滅。これを平成になってから、熊本県農業研究センター(旧熊本県畜産試験場)が、残された1枚の油絵と僅かな文献を基に復元に成功しました。
成長した最大の雄は、背丈が90センチ、体重約7.5kgにもなる非常に大型の地鶏です。地鶏ならではの弾力のある歯ごたえ、コクのある味で、不飽和脂肪酸やコラーゲンなどを多く含みます。

天草大王

天草大王



熊本県内では天草大王料理をあつかうお店が拡大していますが、ここではその中から、本場・天草地方のお店を1軒ご紹介します。天草市港町にある「鳥料理 鳥蔵(とりぞう)」です。倉庫を改造した店内は、ゆったりとした空間。食材にこだわり、野菜は自家栽培したものを使っています。
天草大王の料理もいろいろ用意されています。「天草大王刺し身盛り合わせ」など鶏刺しは、新鮮な朝引きの鶏肉を使用しています。肉の旨味をガッツリと味わいたいなら「天草大王の炭火焼き」。そのほか、天草大王の鶏がらスープを使用した「鳥鍋」は、あっさりとポン酢でいただく水炊きと、醤油味の醤油鍋がおすすめです。
魚介類の美味しさが有名な天草地方ですが、これからは「鳥」も欠かせません。

鳥蔵(店内風景)

鳥蔵(店内風景)



天草大王の炭火焼き

天草大王の炭火焼き



天草大王刺身盛り合わせ

天草大王刺身盛り合わせ



天草大王の鳥鍋

天草大王の鳥鍋


詳細情報

名称 鳥料理 鳥蔵
住所 熊本県天草市港町5-15
電話番号 0969-22-7088
営業時間 17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 不定休
メニュー例 天草大王刺身盛り合わせ 1250円
天草大王の炭火焼き 1100円
天草大王の骨付きモモ焼き 2800円
天草大王の大手羽先塩焼き 300円
天草大王の鳥鍋 2人前2800円~

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 『沖縄そばランキング』2016年度1位を獲得!洗練の時代を迎えた沖縄そばのトップランナー『三丁目の島そば屋』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    『沖縄そばランキング』2016年度1位を…

    沖縄を観光する人の楽しみの一つは、沖縄ならではの食を楽しむことです。その代表格が『沖縄そば』です。沖縄そばは、県内では単に「そば」、あるいは方言で「すば」「う…

    2018.04.25更新

  • いちごの王様『あまおう』の完熟大粒をお腹いっぱい味わおう!福岡県筑前町にある九州最大規模のいちご園『らいおん果実園』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    いちごの王様『あまおう』の完熟大粒をお腹…

    赤くてつやのある大粒な実で、糖度が高い『あまおう』は、全国のさまざまないちごブランドの中でも一二をあらそう人気を誇っています。このあまおうは、福岡県農業総合試験…

    2017.12.26更新

  • りゅうきゅう/温飯(あつめし)

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    りゅうきゅう/温飯(あつめし)

    大分の名物料理として定着し、地元の海の幸を味わえる料理として親しまれている「りゅうきゅう」。豊後水道や別府湾などで獲れたブリ、サバ、アジなどの切り身を、醤油、砂…

    2015.10.16更新

  • 美しいビーチに亜熱帯植物、不思議な岩に囲まれた南国・宮崎の『青島』をトゥクトゥクトローリーで巡る

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    美しいビーチに亜熱帯植物、不思議な岩に囲…

    かつて新婚旅行のメッカとして栄えた宮崎。昭和48(1973)年には、この年に結婚した夫婦のうち約35%もの夫婦が宮崎市内に宿泊したほど人気を博していました。そん…

    2016.10.14更新

  • 小説『沈黙』の舞台の一つである長崎市外海地区に建ち、遠藤周作氏の生涯とその文学作品について世界に発信し続ける『長崎市 遠藤周作文学館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    小説『沈黙』の舞台の一つである長崎市外海…

    1955年半ばに発表した小説『白い人』で芥川賞を受賞し、文壇で脚光をあびた遠藤周作氏[1923年(大正12)年3月27日~1996年(平成8)年9月29日]。作…

    2018.04.13更新

  • 飛龍窯

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    飛龍窯

    飛龍窯(ひりゅうがま)は、武雄の陶磁器発祥の地、黒牟田地区の『竹古場キルンの森公園』内にあります。昭和20年代初めまで使われていた登り窯を参考に建設され、奥行2…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る