ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

天草大王/鳥料理 鳥蔵

2016年1月29日更新

「天草大王」は、明治時代から熊本県で飼育されていた地鶏で、博多水炊きの素材として好まれました。しかし、昭和初期に絶滅。これを平成になってから、熊本県農業研究センター(旧熊本県畜産試験場)が、残された1枚の油絵と僅かな文献を基に復元に成功しました。
成長した最大の雄は、背丈が90センチ、体重約7.5kgにもなる非常に大型の地鶏です。地鶏ならではの弾力のある歯ごたえ、コクのある味で、不飽和脂肪酸やコラーゲンなどを多く含みます。

天草大王

天草大王



熊本県内では天草大王料理をあつかうお店が拡大していますが、ここではその中から、本場・天草地方のお店を1軒ご紹介します。天草市港町にある「鳥料理 鳥蔵(とりぞう)」です。倉庫を改造した店内は、ゆったりとした空間。食材にこだわり、野菜は自家栽培したものを使っています。
天草大王の料理もいろいろ用意されています。「天草大王刺し身盛り合わせ」など鶏刺しは、新鮮な朝引きの鶏肉を使用しています。肉の旨味をガッツリと味わいたいなら「天草大王の炭火焼き」。そのほか、天草大王の鶏がらスープを使用した「鳥鍋」は、あっさりとポン酢でいただく水炊きと、醤油味の醤油鍋がおすすめです。
魚介類の美味しさが有名な天草地方ですが、これからは「鳥」も欠かせません。

鳥蔵(店内風景)

鳥蔵(店内風景)



天草大王の炭火焼き

天草大王の炭火焼き



天草大王刺身盛り合わせ

天草大王刺身盛り合わせ



天草大王の鳥鍋

天草大王の鳥鍋


詳細情報

名称 鳥料理 鳥蔵
住所 熊本県天草市港町5-15
電話番号 0969-22-7088
営業時間 17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 不定休
メニュー例 天草大王刺身盛り合わせ 1250円
天草大王の炭火焼き 1100円
天草大王の骨付きモモ焼き 2800円
天草大王の大手羽先塩焼き 300円
天草大王の鳥鍋 2人前2800円~

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 地元のよかもん”が大集合!地産地消の食にこだわった『道の駅 えびの』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    地元のよかもん”が大集合!地産地消の食に…

    南九州有数の観光地であるえびの市。市の南部には霧島山やえびの高原があり、霧島錦江湾国立公園に指定されています。北部は矢岳高原があり、中央には加久藤(かくとう)盆…

    2017.05.15更新

  • 雄大な桜島を眺めつつゆったり気分で温泉三昧!さらにはブリに舌鼓!『道の駅 たるみず湯っ足り館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    雄大な桜島を眺めつつゆったり気分で温泉三…

    鹿児島県大隅半島の玄関口垂水。九州自動車道国分インターから国道220号を海岸線に沿って30分ほど南下すると、錦江湾に浮かぶ雄大な桜島が現れます。その国道220号…

    2017.03.27更新

  • 八千代座(やちよざ)

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    八千代座(やちよざ)

    八千代座は、明治43年に建築された、江戸時代から伝わる芝居小屋の様式を今に伝える貴重な建物・空間です。当時、1株30円の株を募り、「旦那衆」と呼ばれた山鹿地域の…

    2016.03.30更新

  • とにかく新鮮!絶品!「呼子(よぶこ)のイカ」

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    とにかく新鮮!絶品!「呼子(よぶこ)のイ…

    九州の北西部、東松浦半島の先に位置する港町が呼子(よぶこ)です。沖に位置する加部島(かべしま)が玄界灘の荒波から港を守り、以前から天然の良港として栄えてきました…

    2016.06.14更新

  • 動物たちとのふれあい体験や、『生キャラメル』や『ソーセージ』などの手づくり体験が人気!『三瀬ルベール牧場どんぐり村』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    動物たちとのふれあい体験や、『生キャラメ…

    佐賀県佐賀市の最北端に位置する三瀬村(みつせむら、旧三瀬村は佐賀市と合併したが「三瀬村」の地名は残っている)は福岡県と隣接し、標高約400mに集落が散在する人口…

    2017.07.11更新

  • “やんばる”を中心に沖縄の野菜と果物が大集合!沖縄の農業をおもしろく、おいしくする『なごアグリパーク』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    “やんばる”を中心に沖縄の野菜と果物が大…

    なごアグリパークは、6次産業化(1次産業の多角経営化)による農業の活性化を目的に2014(平成26)年4月にオープンしました。 そのために、加工支援施設として、…

    2017.10.24更新

< 前のページへ戻る