ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

これはうまい!大分市吉野に伝わる鶏肉とゴボウを使った炊き込みご飯「吉野鶏めし」

2021年7月13日更新

大分市吉野地区に300年以上前から伝わる郷土料理「吉野鶏めし」。醤油・砂糖・酒で煮込んだ鶏肉とゴボウを使った炊き込みご飯で、もともと来客へのもてなしや、お祭りなどの行事の際に振る舞われる料理でした。



地域の人にとって欠かせない味でしたが、洋食の普及もあり、年々、作る人が減少。そこで立ち上がったのが、6人の主婦でした。1988(昭和63)年、地元の食文化を長く伝えていこうと「吉野鶏めし保存会」を発足させ、まずは月に2日、鶏めしで作ったおにぎりの販売を開始。その後、少しずつ販路を広げ、2002(平成15)年には、吉野食品有限会社を設立するまでに成長させました。今では、地域のデパートやスーパー、駅、飛行場などでも販売されています。



市内または県内産の米・ゴボウと、国産の鶏肉を使用して作られる吉野鶏めし。旅グルメを楽しみたいのであれば、製造している吉野食品有限会社の調理場に行ってみましょう。テイクアウト形式で販売しています。つまり、製造元の調理場から直接購入できるということ。そのため、他よりも値段が抑えられているのもポイントです。



おにぎりとしてパックに入った吉野鶏めしは、2個216円(税込、以下同様)から。売り切れる可能性があるので、早めの来店がおすすめです。自宅で鶏めしが手軽に作れる、『吉野鶏めしの素』は三合用702円。





その他のメニューは、2日前の午前中までに予約が必要な完全予約制商品。鶏めし弁当は「吉野むすめ」(540円)と「吉野むすこ」(864円)の2種類。おかずの内容が少し異なります。高菜めしに玉子焼き・大葉・梅肉・大和芋などを巻き込んで作った太巻き「吉野巻」は、1パック(6切れ、324円)、1本(8切れ、432円)です。

同じ敷地内に、土・日・祝日のみ営業の吉野鶏めし食堂もあります。メインのメニューは、定食1種類のみですが、鶏めし、天ぷら、だんご汁、白和え、漬物がセットになった充実の内容で、しかも600円とリーズナブル。行列ができることも多いようです。



シンプルながら味わい深い吉野鶏めし。おにぎりで食べやすいこと、時間が経って冷めてもおいしいことも魅力です。

詳細情報

名称 吉野鶏めし保存会/吉野食品有限会社
住所 大分県大分市大字吉野原278
電話 097-595-0332
営業日時 【調理場】定休日なし 午前10時~午後3時30分(ただし、売切れの場合あり)、【食堂】土・日・祝日営業 午前10時~午後3時
駐車場 あり
アクセス 【車】大分自動車道大分米良ICから約25分
ホームページ http://www.torimesi.jp/index.html(通販サイト)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 維新体感ホールのドラマ2本は必見!『西郷どん』はじめ明治維新の偉人・英雄たちを輩出した鹿児島市加治屋町にある『鹿児島市維新ふるさと館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    維新体感ホールのドラマ2本は必見!『西郷…

    鹿児島県鹿児島市加治屋町は、明治維新および明治時代の新体制において活躍した薩摩藩関係者の多くを輩出しています。代表的な出身者は、維新の三傑といわれる西郷隆盛・大…

    2018.04.25更新

  • 広い太平洋と大きな空が一望に!目の前には『鬼の洗濯板』も!ドライブに最適な日南フェニックスロードにある南国ムード漂う道の駅。ご当地ソフトクリームもいろいろあります!『道の駅 フェニックス』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    広い太平洋と大きな空が一望に!目の前には…

    『日本の道100選』の一つ、風光明媚な国道220号経由で(日南フェニックスロード)県道377号線海沿いに、『道の駅フェニックス』があります。日南海岸国定公園『…

    2019.03.13更新

  • 奄美の濃い自然をカヌーツアーで体験できる「黒潮の森 マングローブパーク」(道の駅奄美大島住用)

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    奄美の濃い自然をカヌーツアーで体験できる…

    マングローブは、熱帯・亜熱帯の河口の湿地帯や沿岸部の干潟などに生育する樹木群の総称です。マングローブによって形成される森をマングローブ林といいます。そこは、河川…

    2016.06.14更新

  • 手づくり料理を盛る器を探しに、モダンなデザインが注目の長崎県『波佐見焼(はさみやき)』を訪ねてみませんか?

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    手づくり料理を盛る器を探しに、モダンなデ…

    和でありながらどこか北欧食器のセンスを感じさせる、波佐見焼(はさみやき)がひそかなブームになっています。波佐見焼は、長崎県の北東部に位置する波佐見町で作られる陶…

    2016.10.14更新

  • りゅうきゅう/温飯(あつめし)

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    りゅうきゅう/温飯(あつめし)

    大分の名物料理として定着し、地元の海の幸を味わえる料理として親しまれている「りゅうきゅう」。豊後水道や別府湾などで獲れたブリ、サバ、アジなどの切り身を、醤油、砂…

    2015.10.16更新

  • 大分と世界が刺激しあう、五感と出会いのミュージアムに行こう!『大分県立美術館 OPAM』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    大分と世界が刺激しあう、五感と出会いのミ…

    2015年4月、大分市に『大分県立美術館OPAM(オーパム)』(OPAM=OitaPrefecturalArtMuseum)が誕生しました。コンセプトは…

    2016.07.15更新

< 前のページへ戻る