ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

手づくり料理を盛る器を探しに、モダンなデザインが注目の長崎県『波佐見焼(はさみやき)』を訪ねてみませんか?

2016年10月14日更新

和でありながらどこか北欧食器のセンスを感じさせる、波佐見焼(はさみやき)がひそかなブームになっています。波佐見焼は、長崎県の北東部に位置する波佐見町で作られる陶磁器のこと。江戸時代に端を発し、約400年もの歴史を持っていますが、江戸時代は伊万里港から船積みされていたために伊万里焼として、明治以降は有田焼の産地である佐賀県有田町の有田駅から出荷されていたため有田焼として流通していました。近年、産地表示が厳格になったことで、波佐見焼の名前で流通するようになったのです。

波佐見焼写真

そのような背景からブランドとしての認知は高くありませんが、作り出される器の質は高く、また各窯元が個性を競い、いまの暮らしに合ったデザインを追及しており、新しいものを生み出す活気に溢れています。今日では、手づくり料理を楽しむ人が増え、その料理を盛る器にも関心が高まっています。ドライブや旅の目的の一つに器探しを考えている人も多いでしょう。波佐見町には多くの陶器ショップや窯元のお店があり、それらを巡る楽しさは格別です。

世界の窯広場

ここでは、そんな波佐見町の中核的な施設をご紹介します。『やきもの公園』は、小高い山に古代から近代までの世界の窯12基を復元した、野外博物館的な総合公園です。やきもの公園の一角にある『陶芸の館・観光交流センター』では、400年の波佐見焼の歴史と伝統を解説し、新旧の作品を展示紹介しています。

ボトルオーブン

その1階にある『くらわん館』は、家庭用食器を中心に35の窯元、あるいは商社などの焼き物がズラリと並び、波佐見焼の見本市会場のようになっています。産地ならではの割引価格も設定されており、器探しの方は必見です。また、1階では絵付け・ろくろ体験が楽しめます。2階は『くらわんか碗』や『コンプラ瓶』など波佐見焼の歴史的史料や、波佐見焼の工程、伝統工芸士などの作品まで幅広く展示しています。

くらわん館(サブ下)

くらわん館(メイン)

 

IMG_9524

コンプラ瓶



くらわんか碗

くらわんか碗

詳細情報

名称 やきもの公園/陶芸の館・観光交流センター
所在地 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2255-2
電話番号 [陶芸の館]0956-85-2214、[くらわん館]0956-26-7162
営業時間 午前9時~午後5時
休館日 1月1日
駐車場 10台以上
アクセス [クルマ]西九州道波佐見有田ICから県道4号経由2km(5分)
[電車利用]川棚駅からバスで25分
ホームページ [くらわん館]http://kurawankashop.sakura.ne.jp/
陶芸体験について ※一週間前までに要予約・・・[くらわん館]0956-26-7162
◇ろくろ体験 3,800円+消費税
◇手びねり体験 2,500円+消費税
◇絵付け体験 850円~+消費税

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 大分と世界が刺激しあう、五感と出会いのミュージアムに行こう!『大分県立美術館 OPAM』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    大分と世界が刺激しあう、五感と出会いのミ…

    2015年4月、大分市に『大分県立美術館OPAM(オーパム)』(OPAM=OitaPrefecturalArtMuseum)が誕生しました。コンセプトは…

    2016.07.15更新

  • 佐賀名物!外側はシャリシャリで中はしっとり柔らかい『小城羊羹』の伝統と技術を守り続ける『村岡総本舗』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    佐賀名物!外側はシャリシャリで中はしっと…

    江戸時代の鎖国中、唯一、海外に開かれていた長崎県の出島。そこから国内に入った砂糖は、佐賀県を経由して福岡県小倉市へ続く全長約220kmの『長崎街道』を通って運ば…

    2019.05.15更新

  • 工場見学だけじゃない!アメリカンなコカ・コーラの世界が広がるギャラリーと広大なお花畑がある『グリーンパークえびの』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    工場見学だけじゃない!アメリカンなコカ・…

    宮崎県えびの市にあるコカ・コーラウエスト株式会社の公園工場『グリーンパークえびの』は、コカ・コーラの最新鋭の製造設備、衛生管理などや、製品が出来上がるまでの過程…

    2017.10.24更新

  • 飛龍窯

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    飛龍窯

    飛龍窯(ひりゅうがま)は、武雄の陶磁器発祥の地、黒牟田地区の『竹古場キルンの森公園』内にあります。昭和20年代初めまで使われていた登り窯を参考に建設され、奥行2…

    2015.10.16更新

  • 置き薬(配置売薬)にまつわる資料を日本の貴重な産業遺産として保存・公開している『中冨記念くすり博物館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    置き薬(配置売薬)にまつわる資料を日本の…

    『中冨記念くすり博物館』がある鳥栖市田代(たじろ)とは、富山・大和(奈良)・近江(滋賀)と並ぶ「日本の四大売薬」の発祥の地で、その歴史は江戸時代にさかのぼります…

    2016.09.16更新

  • 奄美の濃い自然をカヌーツアーで体験できる「黒潮の森 マングローブパーク」(道の駅奄美大島住用)

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    奄美の濃い自然をカヌーツアーで体験できる…

    マングローブは、熱帯・亜熱帯の河口の湿地帯や沿岸部の干潟などに生育する樹木群の総称です。マングローブによって形成される森をマングローブ林といいます。そこは、河川…

    2016.06.14更新

< 前のページへ戻る