ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

手づくり料理を盛る器を探しに、モダンなデザインが注目の長崎県『波佐見焼(はさみやき)』を訪ねてみませんか?

2016年10月14日更新

和でありながらどこか北欧食器のセンスを感じさせる、波佐見焼(はさみやき)がひそかなブームになっています。波佐見焼は、長崎県の北東部に位置する波佐見町で作られる陶磁器のこと。江戸時代に端を発し、約400年もの歴史を持っていますが、江戸時代は伊万里港から船積みされていたために伊万里焼として、明治以降は有田焼の産地である佐賀県有田町の有田駅から出荷されていたため有田焼として流通していました。近年、産地表示が厳格になったことで、波佐見焼の名前で流通するようになったのです。

波佐見焼写真

そのような背景からブランドとしての認知は高くありませんが、作り出される器の質は高く、また各窯元が個性を競い、いまの暮らしに合ったデザインを追及しており、新しいものを生み出す活気に溢れています。今日では、手づくり料理を楽しむ人が増え、その料理を盛る器にも関心が高まっています。ドライブや旅の目的の一つに器探しを考えている人も多いでしょう。波佐見町には多くの陶器ショップや窯元のお店があり、それらを巡る楽しさは格別です。

世界の窯広場

ここでは、そんな波佐見町の中核的な施設をご紹介します。『やきもの公園』は、小高い山に古代から近代までの世界の窯12基を復元した、野外博物館的な総合公園です。やきもの公園の一角にある『陶芸の館・観光交流センター』では、400年の波佐見焼の歴史と伝統を解説し、新旧の作品を展示紹介しています。

ボトルオーブン

その1階にある『くらわん館』は、家庭用食器を中心に35の窯元、あるいは商社などの焼き物がズラリと並び、波佐見焼の見本市会場のようになっています。産地ならではの割引価格も設定されており、器探しの方は必見です。また、1階では絵付け・ろくろ体験が楽しめます。2階は『くらわんか碗』や『コンプラ瓶』など波佐見焼の歴史的史料や、波佐見焼の工程、伝統工芸士などの作品まで幅広く展示しています。

くらわん館(サブ下)

くらわん館(メイン)

 

IMG_9524

コンプラ瓶



くらわんか碗

くらわんか碗

詳細情報

名称 やきもの公園/陶芸の館・観光交流センター
所在地 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2255-2
電話番号 [陶芸の館]0956-85-2214、[くらわん館]0956-26-7162
営業時間 午前9時~午後5時
休館日 1月1日
駐車場 10台以上
アクセス [クルマ]西九州道波佐見有田ICから県道4号経由2km(5分)
[電車利用]川棚駅からバスで25分
ホームページ [くらわん館]http://kurawankashop.sakura.ne.jp/
陶芸体験について ※一週間前までに要予約・・・[くらわん館]0956-26-7162
◇ろくろ体験 3,800円+消費税
◇手びねり体験 2,500円+消費税
◇絵付け体験 850円~+消費税

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 地球上に生息する18種類のペンギンのうち9種類が住む『長崎ペンギン水族館』。しかも、間近に見たり、ふれあえたりする体験型だから、誰もがペンギン愛に満たされる!

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    地球上に生息する18種類のペンギンのうち…

    『長崎ペンギン水族館』は、その名のとおり、ペンギンを中心とした世界でも珍しい水族館です。種類の多さは世界一を誇り、地球上に生息する18種類のペンギンのうち9種類…

    2019.06.11更新

  • 八千代座(やちよざ)

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    八千代座(やちよざ)

    八千代座は、明治43年に建築された、江戸時代から伝わる芝居小屋の様式を今に伝える貴重な建物・空間です。当時、1株30円の株を募り、「旦那衆」と呼ばれた山鹿地域の…

    2016.03.30更新

  • 軍艦島/軍艦島資料館

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    軍艦島/軍艦島資料館

    明治から昭和にかけて、海底炭坑として栄えた島、軍艦島(正式名称は『端島』)。昭和49年に閉山し、現在は無人島になっていますが、今年、軍艦島を構成遺産に含む「明治…

    2015.10.16更新

  • 新鮮野菜や地元お母さんの手作り産品が人気!大分県の山間部、阿蘇や九重連山へのドライブ拠点となっている『JA九重町飯田高原ドライブイン』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    新鮮野菜や地元お母さんの手作り産品が人気…

    大分県の中西部に位置し、町の多くが阿蘇くじゅう国立公園に指定されている九重町(ここのえまち)。九重飯田高原は、標高900mにあって、九重連山を仰ぎ見る風光明媚な…

    2019.08.06更新

  • 天草大王/鳥料理 鳥蔵

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    天草大王/鳥料理 鳥蔵

    「天草大王」は、明治時代から熊本県で飼育されていた地鶏で、博多水炊きの素材として好まれました。しかし、昭和初期に絶滅。これを平成になってから、熊本県農業研究セン…

    2015.10.16更新

  • 置き薬(配置売薬)にまつわる資料を日本の貴重な産業遺産として保存・公開している『中冨記念くすり博物館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    置き薬(配置売薬)にまつわる資料を日本の…

    『中冨記念くすり博物館』がある鳥栖市田代(たじろ)とは、富山・大和(奈良)・近江(滋賀)と並ぶ「日本の四大売薬」の発祥の地で、その歴史は江戸時代にさかのぼります…

    2016.09.16更新

< 前のページへ戻る