ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

小説『沈黙』の舞台の一つである長崎市外海地区に建ち、遠藤周作氏の生涯とその文学作品について世界に発信し続ける『長崎市 遠藤周作文学館』

2018年4月13日更新

1955年半ばに発表した小説『白い人』で芥川賞を受賞し、文壇で脚光をあびた遠藤周作氏[1923年(大正12)年3月27日~1996年(平成8)年9月29日]。作品の中にはキリスト教を主題にしたものが多く、『海と毒薬』『沈黙』『侍』『深い河』などがあります。また、ユーモア作品や『狐狸庵もの』と言われるエッセイなども残しました。
この遠藤周作氏の作品の中で、原点ともいえる作品が『沈黙』です。江戸時代初期、キリシタン禁制下の長崎周辺を舞台としたこの小説は、潜入したポルトガル人の司祭ロドリゴを通じて、潜伏キリシタンや殉教者、弾圧者、棄教者、そして神の存在を描き、人と信仰について深い問いを投げかける名作です。

遠藤周作文学館 おすすめ画像 秋・遠藤先生がお好きだったコスモス

遠藤周作文学館 遠藤周作ポートレート写真(エントランスホール)
『遠藤周作文学館』は、『沈黙』の舞台となった場所の一つ、キリシタンの里でもあった長崎市外海地区に、2000(平成12)年5月に開設されました。ロケーションは、東シナ海に臨む高台にあり、遠くは五島列島を見ることができます。

遠藤周作文学館 おすすめ画像 夏・空と海が広がる場所

遠藤周作文学館 おすすめ画像 冬・天使の梯子
遠藤周作氏の没後、遺族の手元には約3万点にもおよぶ遺品・生原稿・蔵書などが残されました。これを外海町(当時)が寄託されて、『外海町立遠藤周作文学館』として開館しました。その後、2005(平成17)年1月にあった市町合併により『長崎市遠藤周作文学館』と名称を変更しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遠藤周作文学館 展示室Ⅰ ここは7月から常設展示としてリニューアルします

展示室Ⅰ・Ⅱでは、常設展示・企画展示を行っており、生前の遠藤周作氏の書斎を再現したコーナーのほか、遠藤周作の生涯について肖像写真とエッセイ(抜粋)で構成したパネルで紹介しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして、『聴濤』と名付けられた部屋は、遠藤周作氏を愛する人が在りし日の氏の姿を偲ぶほか、氏が好んだ囲碁を楽しめる一間となっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ミュージアムショップ『外海』では、遠藤周作作品の書籍のほか、企画展の図録、絵ハガキなどのグッズも販売しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
遠藤周作氏の生涯とその文学作品について世界に発信し続ける記念館として、ファンならずとも訪れてみたいミュージアムです。

詳細情報

名称 長崎市 遠藤周作文学館
住所 長崎県長崎市東出津町77番地
電話番号 0959-37-6011
開館時間 午前9時~午後5時 ※入館受付は午後4時30分まで
休館日 12月29日から1月3日まで
観覧料 一般360円、小・中・高校生200円 ※団体料金あり ※観覧料の減免あり(詳細はホームページ確認のこと)
アクセス 【車】[長崎駅方面から]JR長崎駅前から滑石、畝刈経由、国道202号で約40分。[長崎空港・大村方面から]西九州自動車道 多良見ICから長崎バイパス・川平バイパスを経由し、長崎臨港道路から畝刈を通って、国道202号で約80分。【バス】[長崎駅方面から]さいかい交通「長崎新地ターミナル」発「大瀬戸・板の浦」行きに乗車。バス停「道の駅(文学館入口)」下車。約60分。※直通便は、1日におおむね7~8本の運行。
駐車場 普通車20台(無料)
ホームページ http://www.city.nagasaki.lg.jp/endou/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 飛龍窯

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    飛龍窯

    飛龍窯(ひりゅうがま)は、武雄の陶磁器発祥の地、黒牟田地区の『竹古場キルンの森公園』内にあります。昭和20年代初めまで使われていた登り窯を参考に建設され、奥行2…

    2015.10.16更新

  • 古くて新しい!長崎の夏の風物。バラの花びらのような『ちりんちりんあいす』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    古くて新しい!長崎の夏の風物。バラの花び…

    長崎の観光スポットである「眼鏡橋」や「グラバー邸」などの近くで、移動販売車(屋台)を停めて販売している『ちりんちりんあいす』。口コミで伝わり、修学旅行生や観光客…

    2016.07.15更新

  • 新鮮野菜や地元お母さんの手作り産品が人気!大分県の山間部、阿蘇や九重連山へのドライブ拠点となっている『JA九重町飯田高原ドライブイン』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    新鮮野菜や地元お母さんの手作り産品が人気…

    大分県の中西部に位置し、町の多くが阿蘇くじゅう国立公園に指定されている九重町(ここのえまち)。九重飯田高原は、標高900mにあって、九重連山を仰ぎ見る風光明媚な…

    2019.08.06更新

  • 雄大な桜島と錦江湾を望む約15,000坪の園内に薩摩藩の歴史が息づく『仙巌園(せんがんえん)』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    雄大な桜島と錦江湾を望む約15,000坪…

    鹿児島でも一、二を争う観光スポットとして知られる『仙巌園(せんがんえん)』。鹿児島市吉野町にある、薩摩藩主島津家の別邸とその庭園です。1658年(万治元年)に第…

    2017.06.27更新

  • 大分と世界が刺激しあう、五感と出会いのミュージアムに行こう!『大分県立美術館 OPAM』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    大分と世界が刺激しあう、五感と出会いのミ…

    2015年4月、大分市に『大分県立美術館OPAM(オーパム)』(OPAM=OitaPrefecturalArtMuseum)が誕生しました。コンセプトは…

    2016.07.15更新

  • やみつきになる!『門司港焼きカレー』を、レトロモダンな『三井倶楽部』で食す

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    やみつきになる!『門司港焼きカレー』を、…

    ご飯の上にカレーとチーズをのせ、オーブンで焼いた「門司港焼きカレー」は、ドリアの食感とカレーの香ばしさが調和した人気のご当地グルメです。その発祥は、昭和30年代…

    2016.08.19更新

< 前のページへ戻る