ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

工場見学だけじゃない!アメリカンなコカ・コーラの世界が広がるギャラリーと広大なお花畑がある『グリーンパークえびの』

2017年10月24日更新

宮崎県えびの市にあるコカ・コーラウエスト株式会社の公園工場『グリーンパークえびの』は、コカ・コーラの最新鋭の製造設備、衛生管理などや、製品が出来上がるまでの過程を学ぶことができる工場見学施設のほか、コカ・コーラの歴史や企業文化を展示するコレクションギャラリー、広大なアウトドアの広場などから成る多目的な施設です。

グリーンパークえびの コーク館外観
コレクションギャラリーを含む工場見学対応施設は『コーク館』と呼ばれています。巨大なコカ・コーラ缶がデザインされた外観は、目に印象的です。
まずは、工場見学。施設2階に設定された見学通路から、小型ペットボトル無菌充填ラインをパネルや映像・展示物などと照らし合わせながら、窓越しに見学することができます。

グリーンパークえびの 工場見学風景2

グリーンパークえびの 製造ライン パッケージエリア

グリーンパークえびの 製造ライン PET充填機

ちなみに、見学終了後には、コカ・コーラ製品1本がプレゼントされ、ラウンジでゆっくり過ごすことができます。

試飲ラウンジ

試飲ラウンジ



『コーク館』内の『コレクションギャラリー』は、たいへん充実した企業ミュージアムになっています。ここには、「胸躍る楽しさ」をテーマに、コカ・コーラ誕生の頃から現在に至るまでの懐かしい自販機や古いポスター、ボトル・缶・おもちゃ・グッズなど700点を超える小物や貴重なコレクションが展示されています。

グリーンパークえびの 大型ショーケースグリーンパークえびの 缶バッジ32mmTHIRST

グリーンパークえびの ギャラリー⑦

ギャラリー入口を入ると、まず企業紹介パネルや、過去の日本におけるキャンペーングッズや懐かしの製品が展示されています。

グリーンパークえびの 企業紹介

その先は『コレクションストリート』で、コカ・コーラが国内外で使用した、鉄製の屋外看板類が、アーチ型の通路にところ狭しと取り付けられており、ワクワク感をふくらませます。

コレクションストリート

コレクションストリート



次の『リフレッシュフロア』では、「もう気分はアメリカン!」です。1900年代初めのレストランのテラスをイメージしたコーナーで、アイスクーラーを改造したソファーやレトロなゲーム機、大型アートポスターなどが展示されています。さらに、『ソーダファウンテン』。ここでは、「シロップをその場で炭酸水で割って販売していた」という、コカ・コーラ誕生当時の販売スタイルが再現されています。

ソーダファウンテン・マガジンケース

ソーダファウンテン・マガジンケース



そのほかのコーナーも充実です。『マガジンケース』は、アメリカの雑誌『LIFE』に掲載された広告(およそ130点)を、引き出し式のガラスケースに収めて展示。『センターサークル』には、これまでコカ・コーラのキャンペーンなどで使用してきた、貴重なグッズが展示されています。

センターサークル

センターサークル



『歴史ショーウィンドウ』は、年表に沿ってポスターやボトル・缶・おもちゃ・グッズなどを展示。コカ・コーラの歴史を知ることができます。

歴史ショーウィンドウ

歴史ショーウィンドウ



さらにマニアックな展示もあります。『セレクトグッズコーナー』に展示されているのは、記念ピンズセットやコレクターカードセット、アメリカのイベント記念ボトルなど、限定品コレクションです。そして、『ベンディングマシンコーナー』には、1900年代前半にアメリカで開発されたものから1970年代の日本のものまで、実際に使用されていた自動販売機が時代順に展示されています。

グリーンパークえびの ギャラリー④

グリーンパークえびの ギャラリー⑨
『コーク館』でコカ・コーラ文化を満喫した後は、屋外でリフレッシュ!『フラワーガーデン』は、東京ドーム約1個分の広さの広大な花畑で、見る人の心を和ませてくれます。肥料には工場で排出される茶粕やコーヒー粕を再利用したものを使用しており、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスの花が楽しめます。

グリーンパークえびの 菜の花12万5千本

グリーンパークえびの ひまわり①

グリーンパークえびの コスモス600万本
そのほか、思いきり走り回れる芝生広場もあるので、スポーツを楽しんだり、ウォーキングすることもできます。

詳細情報

名称 グリーンパークえびの
住所 宮崎県えびの市大字東川北字有留1321-1
電話番号 0984-25-4211
営業時間 午前9時30分~午後5時 ※工場見学は終日自由見学、コーク館1F受付にて申し込み、午前9時30分~午後4時30分(受付終了4時)
定休日 月曜日 ※月曜が祝日の場合は、翌日休み。年末年始休業、他に臨時休業の場合有り。
料金 無料
アクセス 【車】九州自動車道・えびのICより約800m、【電車】JRえびの駅よりタクシーで約7分
駐車場 176台 ※無料
ホームページ http://www.minami-kyushu.ccbc.co.jp/ebino/index.php
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 江戸時代に造られた石造アーチ橋から落ちる滝のような放水シーンは必見!「通潤橋(つうじゅんきょう)」

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    江戸時代に造られた石造アーチ橋から落ちる…

    熊本県山都町にある「通潤橋(つうじゅんきょう)」は、1854(嘉永7)年、谷に囲まれ常に水不足だった白糸台地へ農業用水を送るために造られた橋。全長75.6メート…

    2022.08.09更新

  • 白い餅皮の中に小豆餡プラス「苺・栗・クリームチーズ」が揃い踏み!宮崎銘菓『なんじゃこら大福』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    白い餅皮の中に小豆餡プラス「苺・栗・クリ…

    何とも欲張りな、宮崎県のご当地スイーツ『なんじゃこら大福』。女性のこぶし大もある大福の中には、小豆のつぶ餡のほかに、ごろんとした苺と栗、さらにクリームチーズまで…

    2016.07.15更新

  • 地元のよかもん”が大集合!地産地消の食にこだわった『道の駅 えびの』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    地元のよかもん”が大集合!地産地消の食に…

    南九州有数の観光地であるえびの市。市の南部には霧島山やえびの高原があり、霧島錦江湾国立公園に指定されています。北部は矢岳高原があり、中央には加久藤(かくとう)盆…

    2017.05.15更新

  • 熊本県民が愛するおやつの定番『いきなり団子』。その中から、和菓子店『一休本舗』の『熊本いきなり団子』をご紹介!

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    熊本県民が愛するおやつの定番『いきなり団…

    『いきなり団子』は、熊本県の郷土菓子、いわゆるソウルフードです。小麦粉の生地で、輪切りのサツマイモと粒餡を包んで蒸した素朴なお菓子で、『いきなりだご』とも呼ばれ…

    2019.04.09更新

  • 13種の温泉が楽しめる! 阿蘇の自然に囲まれた『黒川温泉』で、贅沢露天風呂巡り

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    13種の温泉が楽しめる! 阿蘇の自然に囲…

    熊本県阿蘇郡南小国町にある黒川温泉は、2009年版ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで、温泉地としては異例の二つ星で掲載されたこともある全国屈指の人気温泉地。…

    2016.11.14更新

  • 佐賀名物!外側はシャリシャリで中はしっとり柔らかい『小城羊羹』の伝統と技術を守り続ける『村岡総本舗』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    佐賀名物!外側はシャリシャリで中はしっと…

    江戸時代の鎖国中、唯一、海外に開かれていた長崎県の出島。そこから国内に入った砂糖は、佐賀県を経由して福岡県小倉市へ続く全長約220kmの『長崎街道』を通って運ば…

    2019.05.15更新

< 前のページへ戻る