ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

佐賀で宇宙体験!科学館+プラネタリウム+天文台というゴージャスな組み合わせで楽しめる『佐賀県立宇宙科学館 ゆめぎんが』

2017年11月21日更新

佐賀県の西部に位置する武雄市に、1999年(平成11)年、佐賀県が総事業費約80億円をかけて開館した九州最大規模の自然科学系博物館が『佐賀県立宇宙科学館 ゆめぎんが』です。その後、2012年(平成24年)にプラネタリウムをリニューアルし、2015(平成27)年には常設展示の一部を大幅にリニュアルしました。
施設は、大きく『地球発見ゾーン』『宇宙発見ゾーン』『佐賀発見ゾーン』の三つに分かれています。

宇宙科学館 外観写真 (2)
1階エントランスから入館し、すぐにあるのが『地球発見ゾーン』(1階と2階)です。ここでは、地球・生命についてさまざまな展示や装置で体験的に、楽しみながら学ぶことができます。
たとえば、高さ4.5メートルに張られたロープを自転車で綱渡りする『スペースサイクリング』。ハラハラドキドキの体験ですが、これによって重力について考えるヒントがつかめます。そのほか、磁石の力を使って、1cmほど車体を浮き上がらせて走行する1人乗りのリニアモーターカー、竜巻ができるメカニズムを知ることができる竜巻発生装置、人の動きを感知してストーリーが進む『EARTH THEATER(アースシアター)』、科学実験などを楽しく体験できるケミカルラボなどもあります。

佐賀県立宇宙科学館
3階には『宇宙発見ゾーン』があります。宇宙への夢を育み、宇宙のことを研究する天文学をわかりやすく紹介しています。
宇宙のすがた、太陽系のすがたをパネルなどで展示。天文学の歴史も解説されています。実際の隕石に手でふれることのできる展示もあります。また、人類の宇宙へのチャレンジを物語る、ロケットエンジンの模型展示や宇宙服のレプリカ展示などを見ることができます。
そして、宇宙船を操縦することができる『スペースアドベンチャー』や、アメリカ宇宙開発局NASAの指令センターを体験できる。さらには宇宙飛行士たちの訓練に使われた宇宙トレーナーやムーンウォークなどの装置がある『スペース・ジム』など、宇宙へのチャレンジを擬似体験することができます。

宇宙発見ゾーン

宇宙発見ゾーン



『佐賀発見ゾーン』は、地球発見ゾーンから地底トンネルを通って地下に広がっています。佐賀県産出の鉱物や世界の鉱物を展示した鉱物ギャラリー、さまざま化石展示などがある地学博士の部屋や佐賀の化石のコーナーなどがあるほか、佐賀にいる両生類や淡水魚、有明海・玄海の生き物を見ることのできる小さな水族館『ゆめぎんが・アクアリウム』があります。

宇宙体験ゾーンと同じ3階に、プラネタリウムがあります。2台の高解像度4Kプロジェクターを備え、光学式とデジタル式による統合型投映システムで、満天の星空が再現されます。常設展示の見学とは別料金になりますが、「すばらしい星空体験ができる」と大好評です。

プラネタリウム

プラネタリウム



プラネタリウムの奥には天文台があります。日中、晴れているときは太陽や惑星・一等星などの観察を行っており、特殊なフィルターを通して黒点や太陽のプロミネンスなどを見ることができます。毎週土曜日の夜には、夜の天体観望会を行っています(【3~9月】午後8時~午後9時30分 【10~2月】午後7時~午後8時30分、料金は無料、雨天中止 ※受付は終了の30分前まで)。大口径の望遠鏡で、実際の天体を見るまたとないチャンスです。

詳細情報

名称 佐賀県立宇宙科学館 ゆめぎんが
住所 佐賀県武雄市武雄町大字永島16351
電話番号 0954-20-1666
営業時間 午前9時15分~午後5時15分(土・日・祝日は午後6時閉館、GW・夏休みは午後7時閉館、チケット販売は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日) ※春休み・GW・夏休み期間中は無休 ※臨時休館日あり
料金 【常設展示観覧料】大人510円、高校生300円、小・中学生200円、幼児(4歳以上)100円 【常設展示+プラネタリウムの当日セット料金】大人910円、高校生540円、小・中学生360円、幼児(4歳以上)180円
アクセス 【車】長崎自動車道武雄北方ICから車で約15分、【電車】JR佐世保線武雄温泉駅からタクシーで約10分
ホームページ http://yumeginga.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 今や全国標準となった大分の郷土料理『とり天』。その発祥の店で本家とり天を食べよう!『レストラン東洋軒』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    今や全国標準となった大分の郷土料理『とり…

    大分の郷土料理といえば『とり天』。今や、「大分の…」ということを忘れてしまうくらい全国に広まり、すっかり日本の味として食されています。『とり天』は、下味をつけた…

    2018.07.13更新

  • 「シュワ!シュワ!」っと銀色の泡に包まれる天然炭酸泉が魅力!しかも、建物もかなりユニークな『ラムネ温泉館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    「シュワ!シュワ!」っと銀色の泡に包まれ…

    「おんせん県」として売り出し中の大分県ですが、竹田市はそのほぼ真ん中に位置しています。竹田市には、城下町あり、緑の大自然あり、癒しの温泉あり、名水のふるさとあり…

    2017.08.08更新

  • ジャーマンケーキ/『Jimmy’s』(ジミー)の『ジャーマンキング』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    ジャーマンケーキ/『Jimmy̵…

    「ジャーマンケーキ」と言われても、ほとんどの日本人はどのようなものかイメージできないと思います。しかし、沖縄県民にとっては、ショートケーキ以上に定番のケーキなの…

    2015.10.16更新

  • やみつきになる!『門司港焼きカレー』を、レトロモダンな『三井倶楽部』で食す

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    やみつきになる!『門司港焼きカレー』を、…

    ご飯の上にカレーとチーズをのせ、オーブンで焼いた「門司港焼きカレー」は、ドリアの食感とカレーの香ばしさが調和した人気のご当地グルメです。その発祥は、昭和30年代…

    2016.08.19更新

  • 動物たちとのふれあい体験や、『生キャラメル』や『ソーセージ』などの手づくり体験が人気!『三瀬ルベール牧場どんぐり村』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    動物たちとのふれあい体験や、『生キャラメ…

    佐賀県佐賀市の最北端に位置する三瀬村(みつせむら、旧三瀬村は佐賀市と合併したが「三瀬村」の地名は残っている)は福岡県と隣接し、標高約400mに集落が散在する人口…

    2017.07.11更新

  • 置き薬(配置売薬)にまつわる資料を日本の貴重な産業遺産として保存・公開している『中冨記念くすり博物館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    置き薬(配置売薬)にまつわる資料を日本の…

    『中冨記念くすり博物館』がある鳥栖市田代(たじろ)とは、富山・大和(奈良)・近江(滋賀)と並ぶ「日本の四大売薬」の発祥の地で、その歴史は江戸時代にさかのぼります…

    2016.09.16更新

< 前のページへ戻る