ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)

地元の野菜と有明海の海産物が購入できるほか、干潟で泥まみれになってガタ体験までできる!『道の駅 鹿島』

2017年4月12日更新

潮の満ち引きの大きな有明海は、大潮の際の干潮時には約8,600ヘクタールにもおよぶ干潟が出現することで知られています。『道の駅 鹿島』は、この日本最大の干潟(地元では「ガタ」と呼びます)を生かして道の駅の特徴とし、地域起こしに結びつけようと様々な活動を行っています。

鹿島_道の駅(全景)3

鹿島_5
『道の駅 鹿島』の主要施設は、農林水産物直売所『千菜市(せんじゃいち)』と『干潟展望館』です。
『千菜』とは、自宅周辺の畑で自家消費用につくっていた多種の野菜のことで、「そうした地元の野菜を直売しよう」という発想から生まれた気どらない売り場ですが、扱う野菜や果実、さらに有明海の海産物の種類はたいへんバラエティーに富んでおり、買い物カゴはどんどん膨らみます。また、『菓子工房』が手作りした、ふわふわのシフォンケーキが大人気です。ぜひ、ご賞味あれ!

鹿島_3

鹿島_4
『千菜市』の中の飲食部門が、『むつごろう工房』です。テイクアウトの軽食・お弁当などの販売を行っています。『むつごろう工房』の人気商品コロッケは1個60円。手作りのお弁当を買って、干潟を見下ろす堤防の階段に腰かけて食べれば気分は最高です。

鹿島_6
干潟の横に設営されたテントでは、佐賀県産牛肉や野菜を豪快に焼いて食べるバーベキューをすることができます(3月中旬~11月初旬)。また、同じ施設で、11月中旬~3月初旬は、冬の有明海のグルメ『カキ焼き』を楽しめます!カキの他にもサザエ、アワビ、竹崎カニなどが食べられるとのこと。

鹿島_1
『干潟展望館』は、有明海を一望できる施設で、有明海を観察できる双眼鏡(無料)も備えられています。館内には水槽を並べたミニ水族館があり、シラタエビ、ハゼ、スズキ、ムツゴロウ、ウナギなど30種類ほどの有明海の生き物を見ることができます。

鹿島_2
さらに、『道の駅 鹿島』ならではの体験メニューをご紹介します!『道の駅 鹿島』の前の干潟は、全国から注目される『鹿島ガタリンピック』の会場なのです。これを活かして、4月中旬~10月までの期間、『干潟体験』ができるようになっているのです。
『ミニガタリンピック』は、本番のガタリンピックで行っている競技3種目(①ガタスキー競争あるいはむつかけ疑似体験、②潟上綱引き、③潟フライ競争)にチャレンジするもの。『干潟体験コース』は、干潟でガタスキーやボード、ガタスビー、ガタフラッグ、ガタスモウなどを体験するものです。
干潟で泥まみれになって目一杯遊ぶ・・・こんな体験、ここ以外ではなかなかできるものではありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鹿島_ガタPむつごろう54

鹿島_ガタPバトル66

詳細情報

名称 道の駅 鹿島
住所 佐賀県鹿島市大字音成甲4427-6
電話番号 0954-63-1768(千菜市0954-63-3391、干潟体験・BBQ・カキ焼き0954-63-1768、鹿島市干潟展望館0954-63-1723)
営業時間 午前9時~午後6時(千菜市:午前9時~午後6時、干潟体験・BBQ・カキ焼き:午前9時~午後5時30分、鹿島市干潟展望館:午前9時~午後5時)※12月31日は午後3時まで、1月2日は午前10~午後3時まで
休館日 1月1日 7月第二水曜日
アクセス 車】長崎自動車道武雄北方I.C.から約40分、長崎自動車道嬉野I.C.から約30分、佐賀市内から国道207号線経由で約60分
【JR】長崎本線肥前七浦駅より徒歩5分。 ※特急の場合は、肥前鹿島駅下車
駐車場 普通車:220台、大型車:10台、身障者用:2台
ホームページ http://michinoekikashima.jp/main/
ミニガタリンピック 動会方式で行うため、基本的に修学旅行や社員旅行など団体での利用。料金は1人1,800円(税込)換算となるが29名以下での参加の場合は1団体54,000円。要予約。期間:4月中旬~10月まで。体験時間:午前9時~午後5時(ただし潮が引いている時間)。所要時間2時間~3時間。
干潟体験コース 料金:小学生以上700円(幼児400円)。期間:4月中旬~10月まで(※ただし、一般のお客様の受付は、土・日・祝日・GW・夏休み期間中のみ)。体験時間:午前9時~午後5時(ただし潮が引いている時間)。15名以上の場合は要予約。
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 「シュワ!シュワ!」っと銀色の泡に包まれる天然炭酸泉が魅力!しかも、建物もかなりユニークな『ラムネ温泉館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    「シュワ!シュワ!」っと銀色の泡に包まれ…

    「おんせん県」として売り出し中の大分県ですが、竹田市はそのほぼ真ん中に位置しています。竹田市には、城下町あり、緑の大自然あり、癒しの温泉あり、名水のふるさとあり…

    2017.08.08更新

  • ありし日の豪壮堅固な城構えとともに、キリシタンの悲劇の歴史を今に伝える『島原城』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    ありし日の豪壮堅固な城構えとともに、キリ…

    1618(元和4)年から7年の年月をかけ、松倉重政によって築城された『島原城』。当時は、ぐるりと配置された石垣に五重天守に、3基の三重櫓、38基の平櫓などが配置…

    2020.12.10更新

  • いちごの王様『あまおう』の完熟大粒をお腹いっぱい味わおう!福岡県筑前町にある九州最大規模のいちご園『らいおん果実園』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    いちごの王様『あまおう』の完熟大粒をお腹…

    赤くてつやのある大粒な実で、糖度が高い『あまおう』は、全国のさまざまないちごブランドの中でも一二をあらそう人気を誇っています。このあまおうは、福岡県農業総合試験…

    2017.12.26更新

  • 長崎が誇る2大料理と言えばちゃんぽんと皿うどん。食べるなら元祖の味がオススメ!『中華料理 四海樓』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    長崎が誇る2大料理と言えばちゃんぽんと皿…

    長崎県の名物料理と言えば、ちゃんぽんと皿うどん。長崎市内には、ちゃんぽんなどを提供する飲食店が1000件以上あると言われています。ちゃんぽんには、小麦粉に『唐…

    2019.12.19更新

  • 小説『沈黙』の舞台の一つである長崎市外海地区に建ち、遠藤周作氏の生涯とその文学作品について世界に発信し続ける『長崎市 遠藤周作文学館』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    小説『沈黙』の舞台の一つである長崎市外海…

    1955年半ばに発表した小説『白い人』で芥川賞を受賞し、文壇で脚光をあびた遠藤周作氏[1923年(大正12)年3月27日~1996年(平成8)年9月29日]。作…

    2018.04.13更新

  • 多くの温泉ファンを集める霧島温泉郷をドライブするなら、物産販売所・食事処・観光案内所と足湯までもがあるここが便利!『霧島温泉市場』

    ロータスな旅 > 九州・沖縄

    多くの温泉ファンを集める霧島温泉郷をドラ…

    鹿児島県霧島連峰に点在する、大小9つの温泉からなる霧島温泉郷。豊富な湯量と多種多様な泉質が、温泉好きの旅行客に人気です。この霧島温泉郷を訪ねるにあたって、旅の…

    2019.10.10更新

< 前のページへ戻る